浅草橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浅草橋(あさくさばし)は、神田川にかかるで、国道6号江戸通り)を通す国管理の橋である。南岸は中央区東日本橋2丁目及び日本橋馬喰町2丁目、北岸は台東区柳橋1丁目及び浅草橋1丁目。橋北詰の台東区の町名でもある。

概要[編集]

その名の通り旧江戸郭内の日本橋浅草を結ぶ橋であり、かつては浅草寺の門前橋(浅草橋御門)であった。

五街道日光奥州街道の橋として非常に往来の多い橋梁であった。現在も浅草橋を通る道路は国道6号に指定されており、古今を通じて交通の要所を担っている。

歴史[編集]

江戸時代には明暦の大火の際、牢獄での非常時の罪人解き放ちを「集団脱獄」と取り違えた役人が門を閉めたため、神田日本橋側から浅草の方へ避難しようとしていた一般民衆までもが行き場を失い、2万人以上もの犠牲者を出すという過去もあった。

1873年に技術の高さで有名な肥後石工である、橋本勘五郎に架けられ、1930年に当時の最新技術を駆使して現在の浅草橋が建設された。

画像[編集]

隣の橋[編集]

(上流) - 美倉橋 - 左衛門橋 - 浅草橋 - 柳橋 - (下流)

関連項目[編集]