村岡花子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村岡花子
誕生 安中はな
1893年6月21日
山梨県甲府市
死没 1968年10月25日(満75歳没)
東京都大田区
職業 児童文学者翻訳家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東洋英和女学校
代表作 『赤毛のアン』翻訳
主な受賞歴 藍綬褒章(児童文学への貢献)
配偶者 村岡儆三
子供 道雄(長男・早世)、村岡みどり(養女:姪、妹・梅子の長女)
親族 村岡美枝村岡恵理(大姪、義理の孫)
公式サイト 赤毛のアン記念館・村岡花子文庫
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

村岡 花子(むらおか はなこ、1893年明治26年)6月21日 - 1968年昭和43年)10月25日)は日本の翻訳家児童文学者児童文学の翻訳で知られ、モンゴメリの著作の多くと、エレナ・ポーターオルコットなどの翻訳を手がけた。基督教文筆家協会(現日本クリスチャン・ペンクラブ)初代会長(在任、1952年〈昭和27年〉6月 - 1958年〈昭和33年〉10月)。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

山梨県甲府市の安中逸平・てつ夫妻の長女として生まれる。本名は村岡 はな(むらおか はな)、旧姓:安中(あんなか[1][2])。クリスチャンである父の希望により、2歳でカナダ・メソジスト派の甲府教会において小林光泰牧師より幼児洗礼を受ける。父の逸平は駿府(現静岡市)の小さな茶商の家に生まれ、茶の行商中にカナダ・メソジスト派教会に出入りするようになり、熱心なクリスチャンとなる。布教の流れで甲府に移り住み、そこで出会ったてつと結婚してその実家に住むようになる。教会での交流で新しい文化の影響を受けた逸平は、利発な長女のはなに過剰なほどの期待をかけた。

常識にとらわれず商売そっちのけで理想を追い求める逸平は、妻の実家や親戚と揉め事が絶えず、はなが5歳の時にしがらみを断って一家で上京し、南品川で葉茶屋を営むようになる。城南尋常小学校に通うはなは、心象風景を短歌で表現し句作をして詠んでは楽しむ幼少期を過ごした。その頃、社会主義活動に加わった逸平は特に教育の機会均等を訴え、娘の才能を伸ばすべく奔走し、1903年(明治36年)、学校創設者との信仰上の繋がりから、10歳のはなを東洋英和女学校に給費生としての編入学を実現させる。一方、家族の生活は困窮しており、8人きょうだいのうち高い教育を受けたのは長女のはなのみで、他の弟妹は次女と三女を残して皆養子や奉公などで家を出されている。はなの入学は、弟妹たちの犠牲の上に成されたものであった。

女学校入学[編集]

東洋英和女学校でカナダ人のI・S・ブラックモーア宣教師から英語を学び、寄宿舎監の加茂令子から薫陶を受ける傍ら、大正三美人の1人で後に白蓮事件を起した同級生柳原白蓮[3]の紹介で佐佐木信綱から万葉集など日本の古典文学を学ぶ。この頃からペンネームとして安中 花子を名乗るようになる。同校高等科在学中からアイルランド文学の翻訳家松村みね子(歌人としての筆名に片山廣子芥川龍之介の晩年の恋人)の勧めで童話を執筆。森鴎外翻訳のアンデルセン即興詩人』に感動し、翻訳家への夢を抱く。1910年婦人矯風会を通じて婦人問題に触れ、『婦人新報』などに掲載、編集も担う。

1914年[4]に東洋英和女学校高等科を卒業すると、ブラックモーア校長の配慮で寄宿舎に残り、婦人宣教師に日本語を教えながら、日本基督教婦人矯風会の書記の仕事と英文学の研究を続けた。[5]

翌年、実家の家計を助けるために、英語教師として山梨英和女学校に赴任する。同年、友人と共に歌集『さくら貝』を刊行。この時期、キリスト教の夏季講座市川房枝と出会う。

1916年頃から、童話や少女小説を『少女画報』に執筆。1917年日本基督教興文協会から初めての本『爐邉』を出版する。

これをきっかけに教師を退職し、東京銀座のキリスト教図書出版社である日本基督教興文教会(後に、教文館に合併)に女性向け・子供向け雑誌の編集者として勤務。福音印刷合資会社の経営者で既婚者でもあった村岡儆三[6]と出会い、不倫の末[7]1919年に結婚し、村岡姓となる。1920年に誕生した長男を、1926年に病で失う。このことを機に、英語児童文学の翻訳紹介の道に入る。1927年、片山廣子の勧めにより、マーク・トウェインの"The Prince and the Pauper"を『王子と乞食』の邦題で翻訳し、平凡社から公刊。1928年には女性文学者による同人文芸誌『火の鳥』の創刊メンバーになる。1930年に『パレアナの成長』(後に『パレアナの青春』と改題)を翻訳出版。

1932年から1941年11月まで、JOAKのラジオ番組『子供の時間』の一コーナー『コドモの新聞』に出演、「ラジオのおばさん」として人気を博し、寄席芸人や漫談家に物真似されるほどだった[8]。この頃、翻訳作品を自ら朗読したSPレコードをいくつか発売した[8]

第二次世界大戦中は大政翼賛会後援の大東亜文学者大会に参加するなど、戦争遂行に協力的な姿勢を取った。また、市川房枝の勧めで婦選獲得同盟に加わり、婦人参政権獲得運動に協力(その一方、婚外子への法的差別撤廃には反対した[9])。その他、文部省嘱託や行政監察委員会委員、女流文学者協会理事、公明選挙連盟理事、家庭文庫研究会会長、キリスト教文化協会婦人部委員などを歴任。1960年、児童文学に対する貢献によって藍綬褒章を受ける。1968年脳血栓で死去。

長男・道雄の病死後、子供に恵まれなかった事から、花子の直系子孫は存在しない。後に、妹・梅子の長女・みどり1932年生)を養女とする。そのみどりの娘で花子の義理の孫にあたる村岡美枝村岡恵理は共に赤毛のアン記念館を主宰している。

クリスチャンとしては日本組合基督教会大森めぐみ教会(現、日本基督教団)の会員として、教会に通った[10]。さらに、英語の讃美歌の翻訳を行った。 日本基督教団の1954年版讃美歌にも2曲(7番『主のみいつとみさかえとを』,277番『わがたまをいつくしみて』)収録されている。[11]

モンゴメリと村岡[編集]

村岡とモンゴメリとの出会いは、日本を去る宣教師のミス・ショーに手渡された『赤毛のアン』の原書、1908年の冬版であった[12]。この出会いは1939年のことで、村岡は灯火管制のもと翻訳を続けて終戦の頃に訳し終え[13]、1952年に三笠書房から出版された『赤毛のアン』は日本の読者にも広く受け入れられた。村岡はその後、アンシリーズ、エミリーシリーズ、丘の家のジェーン、果樹園のセレナーデ、パットお嬢さんなど、モンゴメリの作品翻訳を次々と手がける。村岡の最後の翻訳作品となった『エミリーの求めるもの』は、彼女の没後、1969年に出版された[14]

略年表[編集]

著訳書[編集]

訳書[編集]

創作[編集]

近代デジタルライブラリーで読めるものがある。(http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169934?tocOpened=1)

  • 『紅い薔薇』青蘭社 1926年 「黄金の網」など『(村岡花子と赤毛のアンの世界』河出書房新社所収)
  • お山の雪 青蘭社書房 1928
  • 強い美しい女王の話・優しい孝行なお嫁の話 昭陽堂書店 1928
  • 子供のための善きひつじかひの歌 教文館出版部 1931
  • 村岡花子童話集 金の星社 1938
  • 青イクツ 新潮社 1940 (学年別新選童話集 1年生)
  • 『たんぽぽの目』鶴書房 1941  「たんぽぽの目」など『(村岡花子と赤毛のアンの世界』河出書房新社所収)
  • 『桃色の玉子』弘文社 1948  「みみずの女王」など『(村岡花子と赤毛のアンの世界』河出書房新社所収)
  • 花になった子供星 美和書房 1948
  • 美しき出発 新浪漫社浅田書店 1949 「美しき出発」など『(村岡花子と赤毛のアンの世界』河出書房新社所収)
  • りすのゆめ 二葉書店 1949
  • きんぎょのおともだち 小峰書店 1952
  • おばさんのおはなし 金子書房 1952
  • マリヤさま 聖母ものがたり 日本書房 1958

随筆・評論[編集]

  • 母心随想 時代社 1940
  • 静に想ふ 母親教育シリーズ 新生堂 1941
  • 心の饗宴 随筆集 時代社 1941
  • わが少女の日(編)甲鳥書林 1942
  • 母心抄 西村書店 1942
  • 母の愛行 今井福治郎共著 有精堂 1943
  • 新日本の女性に贈る(編)羽田書店 1946
  • 見知らぬ国へ 労働文化社 1947
  • 『雨の中の微笑』新美社 1947
  • 光に向ふ 隆文堂 1947
  • 友情論 湘南書房 1947
  • やさしいおかあさん 寿書房 1948
  • 女学生の生活と友情論 小峰書店 1951
  • 小学生のエチケット あかね書房 1951
  • 生活の流れに棹さして 東洋経済新報社 1953 (家庭文庫)
  • 親と子 要書房 1953
  • 女性の生き甲斐 牧書房新書 1953
  • めざめたる純潔(編)三笠新書 1954
  • ナイチンゲール 赤十字のおかあさん 日本書房 1955
  • ストー夫人 講談社 1955 (世界伝記全集
  • 世界名作とその作家たち 名作を味わうために さ・え・ら書房 1957
  • ヘレン・ケラー 金子書房 1957
  • 若き母に語る 池田書店 1960
  • ママと子ども ママへの注文12章 牧書店 1961
  • 努力の偉人 苦しみをのりこえた人びと あかね書房 1962
  • 『生きるということ-村岡花子遺稿集』あすなろ書房 1969年

関連作品[編集]

  • 花子からおはなしのおくりもの 朗読:村岡花子(2014年4月16日発売、ユニバーサルミュージック)UICZ-4301 - SPレコードで発売されていた村岡の朗読を集めて21世紀に発売されたCD[17]

関連ドラマ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第182回 小机が生んだ印刷王-バイブルの村岡さん-”. 公益財団法人 大倉精神文化研究所. 2014年5月19日閲覧。
  2. ^ 学院史料展示-村岡花子と東洋英和-”. 学校法人 東洋英和女学院. 2014年5月19日閲覧。
  3. ^ 「腹心の友」となる二人の友情については白蓮の自伝にもあり、また、村岡の「静かなる青春」「此頃の白蓮夫人に」などがある(ともに『村岡花子と赤毛のアンの世界』河出書房新社所収)
  4. ^ 『村岡花子と赤毛のアン』(河出書房新社)の年表には1913年(二十歳)となっている。
  5. ^ 宮葉子『アンが愛した聖書のことば』、p.103
  6. ^ 賀川豊彦の妻賀川ハルのいとこで、村岡平吉の子
  7. ^ 略奪愛も…朝ドラ『花子とアン』モデル孫が語る魔性ぶり”. 女性自身 (2014年4月6日). 2014年6月21日閲覧。
  8. ^ a b NHK連続テレビ小説「花子とアン」公認、モデルとなった村岡花子の朗読CD発売”. musicman-net. エフ・ビー・コミュニケーションズ&マグネット (2014年4月17日). 2014年4月21日閲覧。
  9. ^ 1946年8月22日の臨時法制調査会第2回総会における発言
  10. ^ 『日本キリスト教歴史大事典』1385頁
  11. ^ 『讃美歌略解-全編-歌詞の部』p.32,p.164-p.165
  12. ^ 村岡みどり 「初めての『赤毛のアン』」 東洋英和女学院機関紙『敬和会』52号、p. 27、1990年3月
  13. ^ アボンリーへの道(4)』 村岡美枝訳 金の星社 ISBN 9784323019734 p. 182
  14. ^ 『エミリーの求めるもの』1969年 新潮社 滑川道夫によるあとがき
  15. ^ 2014年に「花子からおはなしのおくりもの」(朗読:村岡花子)という戦前に残された村岡花子による朗読集がレコードからCDに復刻。『家なき子』や『フランダースの犬』、『小公子』等を、翻訳した村岡花子自身が朗読したものだが、『家なき子』では悲しい場面が省略され、『フランダースの犬』はハッピーエンドに終っている。
  16. ^ 養女みどりの夫・物理学者の村岡光男がカリフォルニア大学デービス校の客員教授となったため、一家が暮らすデービス市を訪問。これが花子にとって初の海外旅行となった。このときみどりは、『赤毛のアン』の舞台となったプリンスエドワード島への渡航を企画したが、花子が想像のままにしておきたいと、渡航を断念している。村岡恵理『アンのゆりかご-村岡花子の生涯-』新潮文庫、2011年ISBN 4101357218
  17. ^ a b NHK連続テレビ小説のモデル 村岡花子の朗読録音復刻!”. ユニバーサルミュージックジャパン (2014年4月14日). 2014年6月21日閲覧。
  18. ^ a b 西村明爾 (2014年). “村岡花子 近現代・系図ワールド NHK朝ドラ「花子とアン」”. 系図で見る近現代 夢・感動・人間!. 2014年6月23日閲覧。
  19. ^ 私の大叔母にあたる村岡花子が朝ドラに!”. 村岡希美@jojomizumi (2013年6月26日). 2014年6月21日閲覧。
  20. ^ 『連続テレビ小説 花子とアン Part1(NHKドラマ・ガイド)』NHK出版2014年ISBN 9784149235677
  21. ^ 熊井明子『私のポプリ手帖』千早書房、2006年ISBN 4884924215

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』マガジンハウス、2008年
  • 村岡恵理編『村岡花子と赤毛のアンの世界』河出書房新社、2013年
  • 宮葉子『アンが愛した聖書のことば』いのちのことば社、2014年

外部リンク[編集]