ジャックと豆の木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャックと豆の木』(: Jack and the Beanstalk)は、イギリス童話

有名なバージョン[編集]

もっとも有名なのは、ジョゼフ・ジェイコブス英語: Joseph Jacobs)(1854年-1916年オーストラリアのシドニー出身のユダヤ人の民話研究者)が1890年に編んだ43編の民話集、English Fairy Tales[1](『イングランド民話集』)に記述された一篇Jack and the Beanstalk[2]である。この民話集は大英博物館にあったアングロサクソンの民話を再話したものである[3]

あらすじ[編集]

イングランドアルフレッド大王時代のある日、ジャックは母親に言われて牝牛を市場へと売りに行く。しかし、途中で会った男の豆と牛を交換してしまう。家に帰ると怒った母親により豆を庭に捨てられるが、次の朝にその豆は巨木へと成長していた。ジャックは豆の木を登り雲の上にある巨人の城にたどりつく。ジャックを見た巨人の妻は夫はogreオーガ)なので早く逃げるように言うが、ちょうど巨人が帰ってきてしまう。巨人の妻はジャックを隠すが、巨人はEnglish manイングランド人)の匂いがすると言う。巨人が寝た後、ジャックは金の卵を産む鶏を奪って家に戻る。その後、ジャックはまた豆の木を登り金と銀の入った袋を奪う。しかし、ハープを持っていこうとした時にハープが喋り出し巨人は起きてしまう。急いで地上に戻ったジャックは豆の木を斧で切り、追って来ていた巨人は落ちて死んでしまう。裕福になったジャックと母親は幸せに暮らす。

版によっては、巨人の宝はかつてジャックの亡父が持っていた物としているものもある。

後日談[編集]

本来は巨人から金の卵を産む鶏、金と銀の入った袋、歌うハープを奪ったジャックがそれらの宝物を手に母親と幸せに暮らしました、というハッピーエンドで終わるが、その後を描いた後日談的エピソードが描かれたバージョンもある。巨人から奪った宝物で鶏は卵を産まなくなり、袋は金と銀を出し尽くし、ハープも歌わなくなってしまう。そこで母親が「他人から奪った宝物で幸せを掴もうとしても長続きしない。本当の幸せとは額に汗して努力で掴むものである」と言い、ジャックに麦のタネを手渡し、「この種を立派に育てて御覧。そうすればお前も本当の幸せとはどんな物か分かるよ」とさとす、というストーリーである。

その他[編集]

この話になぞらえて、SFなどで軌道エレベータの事をBeanstalk(豆の木)と呼ぶ事がある。

漫画家『藤子・F・不二雄』が『世界名作童話』の中で「ジャックと豆の木」のパロディを描いている。また『ドラえもん』では「ジャック豆」という、童話と同じスタイル(ただしこちらは地面に埋めて水をかければすぐ生える)のひみつ道具が存在するが、『世界名作童話』の中では何故かその存在がドラえもん本人によって「ない」とされている。

ファミコンゲーム『スーパーマリオブラザーズ』シリーズでは豆の木を昇ることで雲の上まで行くことができる。

2001年にジャックと豆の木を元にしたアメリカのテレビドラマビーンストーク ジャックと豆の木」が放送

2013年にジャックと豆の木を元にしたアメリカのファンタジー映画ジャックと天空の巨人」が公開されたが、2010年のJack and the Beanstalk(クロエ・グレース・モレッツ)の邦題もジャックと天空の巨人であり、こちらとは別の作品である。

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ Wikisource reference English_Fairy_Tales. English Fairy Tales. - ウィキソース. 
  2. ^ Wikisource reference English_Fairy_Tales. English Fairy Tales/Jack and the Beanstalk. - ウィキソース. 
  3. ^ 長島伸一『大英帝国』講談社〈講談社現代新書934〉1989年、pp. 88-102。ISBN 4-06-148934-8