賀川豊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
賀川 豊彦
若き日の賀川豊彦
生誕 1888年7月10日
死没 1960年4月23日(71歳)
職業 社会運動家、牧師議員
配偶者 賀川 ハル
テンプレートを表示

賀川 豊彦(かがわ とよひこ、旧字体:豐彥1888年明治21年)7月10日 - 1960年昭和35年)4月23日)は、大正昭和期のキリスト教社会運動家社会改良家。戦前日本の労働運動農民運動無産政党運動、生活協同組合運動において、重要な役割を担った人物。日本農民組合創設者。「イエス団」創始者。キリスト教における博愛の精神を実践した「貧民街の聖者」として日本以上に世界的な知名度が高い。茅ヶ崎の平和学園の創始者である。

妻の賀川ハルも社会運動家。息子の賀川純基は教会音楽家。孫の賀川督明グラフィック・デザイナーであるとともに神戸の賀川記念館館長。

略歴・人物[編集]

兵庫県神戸市に、回漕業者・賀川純一と徳島の芸妓・菅生かめの子として生まれる。幼少期に相次いで父母と死別して、5歳の時姉と共に徳島の本家に引き取られるも、兄の放蕩により15歳の時に賀川家は破産してしまい、叔父の森六兵衛の家に移る。旧制徳島中学校(現在の徳島県立城南高等学校)に通っていた1904年(明治37年)、日本基督教会徳島教会にて南長老ミッション宣教師H・W・マヤスより受洗。この頃安部磯雄木下尚江の著作を読み、キリスト教社会主義に共感を覚える。またトルストイの反戦思想にも影響を受け、軍事教練サボタージュ事件を起こす。伝道者を志し、1905年(明治38年)に明治学院高等部神学予科に入学、卒業後の1907年(明治40年)、新設の神戸神学校(後の中央神学校)に入学する。

彼は夜の仕事に就く女性、就かざるを得ない女性に対し、差別的な言論も披露している。占領下の日本において米兵による婦女子の強姦事件が多発していた頃、『婦人公論』1947年8月号で「闇の女に堕ちる女性は、多くの欠陥を持っている」とし、パンパンについては「わざと悪に接近」するような悪魔的なところがあり、「一種の変成社会における精神分裂病患者である」と指摘した[1]

社会事業家として[編集]

賀川豊彦と妻ハル
プリンストン神学校

結核に苦しみ、また信仰への懐疑に煩悶(はんもん)しながら、やがて「貧民問題を通じて、イエスの精神を発揮してみたい」と一念発起し、1909年神戸市新川のスラムに住み込み、路傍伝道を開始する。1911年(明治44年)に神戸神学校を卒業、1912年大正元年)には一膳飯屋「天国屋」を開業した。

女工のハルと貧民窟で出会い、1913年(大正2年)に神戸の教会で簡素な結婚式を挙げた。ハルは15歳で下女となるために上京した女性だった。賀川は貧民窟で下層の貧民らを招いて豪華な披露宴を行って、下層民たちにご馳走をふるまい、妻ハルを紹介して言った。「私はみなさんの女中をお嫁にもらいました。あなた方の家がお産や病気で手が足らなくて困った時には、いつでも頼みに来てください。喜んで参ります。」[2]

1914年(大正3年)に渡米し、アメリカの社会事業、労働運動を垣間見[3]プリンストン大学プリンストン神学校に学び、1915年(大正4年)にスラムでの経験を踏まえて『貧民心理之研究』を出版する。賀川はこの「穢多村の研究」で、犯罪の多い部落民が異人の子孫であるという人種起源説を主張した。後に、文中に差別思想があるとして部落解放運動関係者から批判されている。

1917年(大正6年)に帰国すると、神戸のスラムに戻り無料巡回診療を始めた。また、米国留学中の体験から貧困問題を解決する手段として労働組合運動を重要視した賀川は、鈴木文治率いる友愛会に接触し、1919年(大正8年)に友愛会関西労働同盟会を結成、理事長となった。同年日本基督教会牧師の資格を得、麹町教会の牧師になる。

1920年(大正9年)に自伝的小説『死線を越えて』を出版、一大ベストセラーとなり、賀川の名を世間に広めた。印税はほとんど関与した社会運動のために投じられた。また同年、労働者の生活安定を目的として神戸購買組合(灘神戸生協を経て現・コープこうべ=日本最大の生協)を設立、生活協同組合運動にも取り組んだ。また、武藤富男らと共に、キリスト教系業界紙、キリスト新聞(発行元:キリスト新聞社)を立ち上げた。

1921年(大正10年)、神戸の三菱造船所(現・三菱重工業神戸造船所)・川崎造船所(現・川崎造船神戸工場)における大争議を指導するも、会社側の強硬な対応により敗北を喫し、これを契機に関西の労働運動において急進的なサンディカリストの勢力が増していった。暴力を否定し、時には無抵抗主義を唱える賀川の人格主義的な主張は、次第に敬して遠ざけられるようになっていった[独自研究?]。賀川はやがて農民運動に活躍の場を移すことになる。また、関東大震災の被災者救済をきっかけに本所基督教産業青年会を発足[4]、貧民診療所などを経営した[5]

関東大震災、1923年
1935年渡米

1922年(大正11年)、協力者・杉山元治郎とともに日本農民組合を設立し、本格的に農民運動に取り組んだ。組合は急速に発展し、3年後の1925年(大正14年)末には組合員数は7万人を超えた。 この間、1923年(大正12年)に関東大震災罹災者救済活動を行う。また無産政党運動にも積極的に関与し、1926年(大正15年)の労働農民党結成に当たっては執行委員に就任するが、同年末の左右分裂に際して党を脱退した。

1920年代後半以降は、社会運動から宗教活動へと比重を移していった。1929年(昭和4年)、日本基督教連盟の特別協議会は賀川の主導により「神の国運動」を議決、賀川は「百万人の救霊」を目標として、1932年(昭和7年)まで全国を伝道のため巡回した。また米国・中国・欧州等世界各国で講演活動を行う。1941年(昭和16年)4月、リバーサイド日米キリスト者会議アメリカ合衆国のキリスト教会に「アメリカ教会への感謝状」をおくった。 第二次世界大戦に関しては国際戦争反対者同盟に属したが、1943年(昭和18年)11月の憲兵隊による取調べを境に同同盟を脱退、国際友和会日本支部を自ら解散している。太平洋戦争後期において(一説には太平洋戦争当初から)、多くの宗教家と同じく戦争に協力的な姿勢であった。終戦により中止となったが、1945年(昭和20年)8月16日には賀川も奨励者として名を連ねる、戦意昂揚音楽礼拝が日本基督教団戦時活動委員会の主催により予定されていた。

政治家として[編集]

戦後は東久邇宮内閣参与や勅選貴族院議員を務め、日本社会党の結成にも参画した。民間人として初めてマッカーサーに会った人物であるとされている。終戦直後の目立った活動としては「一億総懺悔運動」への協力が挙げられる。マーク・ゲイン著『ニッポン日記』によると、東久邇宮稔彦王の後任首相として有力であったらしいが、戦時中の翼賛的な活動が原因で実現しなかったとの事である。同書には、一般に知られる賀川の人物像とかなり食い違う姿が記されており、またそこで書かれている賀川への批判が連合国軍総司令部 (GHQ) により封じられていたともある。幣原内閣解散後の吉田内閣組閣の難航に伴い、総理大臣候補として名が挙がった事もあるという。晩年は世界連邦運動に取り組み、1947年(昭和22年)と翌1948年(昭和23年)にはノーベル文学賞の候補となり(1947年は候補48人中、1948年は候補45人中)[6]1954年(昭和29年)から1956年(同31年)の3年連続でノーベル平和賞候補者として推薦された[7]

大宅壮一によると、賀川は労働運動・社会運動の指導者的立場ながら、昭和天皇皇室の熱烈な支持者でもあり、社会における天皇制の存在意義を積極的に認めていたという。日本社会党結党の際には、中間派の浅沼稲次郎らと共に中心メンバーとなり、結党大会で「天皇陛下万歳」三唱の音頭を取った事で、社会党左派との内部対立を引き起こした。

エピソード[編集]

  • 自身が結成した日本MTLを率いてハンセン病患者への宣教と慰問を中心に活動していたが、やがて、優生学に傾倒しハンセン病患者の淘汰を目的とした無癩県運動へと活動の重点を移していった[8]
  • 墓は東京都の多磨霊園にある。
  • ワシントン大聖堂には日本人としてただ一人、彫像が掲げられている。

著書[編集]

記念事業[編集]

2009年、関連団体が実行委員会を組織し、「賀川豊彦献身100年記念事業」が行われている。

参考文献[編集]

  • 『著名人クリスチャンの結婚生活』中村敏著 ファミリー・フォーラム・ジャパン

脚注[編集]

  1. ^ 恵泉女学園大学平和文化研究所 『占領と性』 p.161-162
  2. ^ 『著名人クリスチャンの結婚生活』
  3. ^ 木原活信「賀川豊彦とジェーン・アダムズセツルメントをめぐって-」賀川豊彦記念松沢資料館『雲の柱』第15号,pp.8-12.1998参照
  4. ^ 法人の概要 本所賀川記念館の沿革本所賀川記念館
  5. ^ 大野博士事件『明治・大正・昭和歴史資料全集. 犯罪篇 下卷』有恒社、1932-1934
  6. ^ The Nomination Database for the Nobel Prize in Literature, 1901-1950 1948年の推薦者は探検家として有名なスヴェン・ヘディンである。
  7. ^ The Nomination Database for the Nobel Peace Prize, 1901-1950
  8. ^ 藤野豊『近代日本のキリスト教と優生思想』

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]