ウィーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィーダ

ウィーダOuida, 1839年1月1日 - 1908年1月25日)は、イギリスサフォーク州ベリー・セント・エドマンズ英語版出身の女性作家。ウィーダはペンネームで、彼女が幼児の頃、本名「ルィーズ」(Louise)をそう発音していたことに由来する。本名は、マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー(Marie Louise de la Ramée)という。日本では1872年発表の『フランダースの犬』で知られる。

来歴[編集]

父はフランス人ルイス・ラメー、母はイギリス人スーザン・サットンの次女。姉については一切が不詳。20歳頃より小説を書き始め、1863年にデビュー作となる『囚れの身となって』(Held in Bondage )を発表して作家活動に入る。代表作に1867年『二つの旗の下に』(Under Two Flags )等。これは出世作になっており、後に映画化されている。その他、生涯に『ストラスモー』(Strathmore 1865年)、『ニュールンベルクのストーブ』(The Nürnbergstove 1882年、"Stories for Children"に収録)、『銀色のキリスト』(The Silver Christ 1894年)をはじめ40冊以上の物語を執筆している。1870年頃、父が没したためイタリア王国フィレンツェに移住した。犬好きで動物愛護協会設立に尽力し、晩年は多数の犬と暮らした。1908年、肺炎でヴィアレッジョに没し、バーニ・ディ・ルッカに葬られる。一度は結婚していたが離婚しており、その後は独身だった。墓標は本人の遺した文学を愛する読者により寄贈されたもので、生家の残る現在の英国のベリー・セント・エドマンズでは記念碑が建っている。

日本語訳作品[編集]

  • 村岡花子 訳 『フランダースの犬 改版』新潮文庫 新潮社 ISBN 4-10-205401-4
    『ニュールンベルクのストーブ』、『二つの旗の下に』、『銀色のキリスト』併録

外部リンク[編集]