岩代駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩代駅
駅舎の一部
駅舎の一部
いわしろ - Iwashiro
南部 (5.1km)
(5.9km) 切目
所在地 和歌山県日高郡みなべ町西岩代199-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 紀勢本線(きのくに線)
キロ程 299.6km(亀山起点)
新宮から119.4km
電報略号 イロ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
80人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1931年昭和6年)9月21日
備考 無人駅

岩代駅(いわしろえき)は、和歌山県日高郡みなべ町西岩代にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)の

谷山浩子の「テングサの歌」に登場する駅である。現在は無人駅であるが発表当時は有人駅であったため、歌詞中に「駅長さんの帽子が転がる…」というくだりがある。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。紀伊田辺方面行きホーム側に駅舎があり、反対側の御坊方面行きホームへは跨線橋で連絡している。古くからの駅舎が残る。トイレは、設置されている。

紀伊田辺駅管理の無人駅で、自動券売機等は設置されていない(かつては駅舎には乗車駅証明書発行機の設置があったが、2008年1月時点では既に撤去された模様)。

岩代駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 きのくに線 紀伊田辺新宮方面
2 きのくに線 和歌山天王寺方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

駅周辺[編集]

乗車駅証明書とテングサ(1986年)

駅附近の梅林では、春先、おおむね3月上旬頃には、満開のの花を眺めることができる。

  • みなべ町立岩代小学校
  • 岩代郵便局
  • 徳本上人名号碑
  • 有間皇子結松記念碑
  • 岩代王子社
  • 東岩代川
  • 西岩代川
  • 千里王子神社
  • 千里浜
  • 国道42号
  • 熊野古道

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1998 134
1999 130
2000 118
2001 128
2002 114
2003 110
2004 113
2005 101
2006 102
2007 96
2008 90
2009 83
2010 82
2011 78
2012 80

歴史[編集]

この駅は1931年9月、国鉄紀勢西線の印南駅から南部駅までの開通と共に国鉄紀勢西線の駅として開業した。当駅はその後1959年、今の紀勢本線が全通し亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)の間が紀勢本線となったのを受け国鉄紀勢本線の駅となり、さらに国鉄分割民営化を経て現在に至っている。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
きのくに線(紀勢本線)
快速・普通
南部駅 - 岩代駅 - 切目駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]