南部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南部駅
駅舎(2009年2月14日)
駅舎(2009年2月14日)
みなべ - Minabe
芳養 (5.0km)
(5.1km) 岩代
所在地 和歌山県日高郡みなべ町芝371-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 紀勢本線(きのくに線)
キロ程 294.5km(亀山起点)
新宮から114.3km
電報略号 ミヘ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
780人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1931年昭和6年)9月21日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
プラットホーム、改札口

南部駅(みなべえき)は、和歌山県日高郡みなべ町芝にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)のである。

みなべ町の中心駅で、特急「くろしお」の一部が停車する。また、観梅期には臨時停車する特急もある。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。単式ホームの1番のりば側に駅舎があり、島式ホームの2・3番のりばへは跨線橋で連絡している。古くからの木造瓦葺の駅舎がある。

紀伊田辺駅が管理し、ジェイアール西日本メンテックが駅業務を受託する業務委託駅で、みどりの窓口あり。駅舎には新型の自動券売機が1台設置されている。

南部駅プラットホーム
ホーム 路線 行先 備考
1 きのくに線 和歌山天王寺新大阪京都方面
2 きのくに線 和歌山・天王寺方面 一部の普通列車
紀伊田辺白浜新宮方面
3 きのくに線 紀伊田辺・白浜・新宮方面

上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

下り本線は1番のりば、上り本線は3番のりば。2番のりばは上下共用の待避線(中線)であり、基本的には後続の特急の待避を行う普通列車が入線する。ただし、2010年度のダイヤでは和歌山方面の定期列車の待避は設定されていない。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1998 866
1999 834
2000 836
2001 826
2002 806
2003 803
2004 792
2005 781
2006 797
2007 842
2008 818
2009 767
2010 771
2011 758
2012 780

駅周辺[編集]

歴史[編集]

開業当時の南部駅(1931年)

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
きのくに線(紀勢本線)
快速・普通
芳養駅 - 南部駅 - 岩代駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]