加茂郷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加茂郷駅
駅舎(2007年3月)
駅舎(2007年3月)
かもごう - Kamogō
下津 (2.7km)
(3.9km) 冷水浦
所在地 和歌山県海南市下津町黒田45-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 紀勢本線(きのくに線)
キロ程 363.8km(亀山起点)
新宮から183.6km
電報略号 カウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
924人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1924年大正13年)2月28日
備考 業務委託駅
POS端末設置

加茂郷駅(かもごうえき)は、和歌山県海南市下津町黒田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)の

旧・下津町の中心部が近く、利用者も多い。

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを有する、中間待避線構造の地上駅。単式の1番ホーム側に駅舎があり、島式の2・3番ホームへは跨線橋で連絡している。古くからの駅舎が使われている。

和歌山駅が管理し、JR西日本の子会社であるジェイアール西日本メンテックが駅業務を受託する業務委託駅として、同社の契約社員が7:00 - 19:20まで一人常駐している。POS端末の他、新型タッチパネル式自動券売機が1台設置されているが、高額紙幣(5千円札・1万円札)は使えない。

加茂郷駅プラットホーム
ホーム 路線 行先 備考
1 きのくに線 和歌山天王寺方面
2 きのくに線 和歌山・天王寺方面 ごく一部のみ
御坊新宮方面
3 きのくに線 御坊・新宮方面

上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

下り本線は1番のりば、上り本線は3番のりば。2番のりばは上下線共通の待避線であるが、2010年度のダイヤでは当駅での待避は設定されておらず、線路保守目的を兼ねた発着があるのみ。

駅周辺[編集]

駅前に乗り入れる、ワゴン車を使用した路線バス。2007年3月撮影。

路線バス[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1998 1,368
1999 1,305
2000 1,197
2001 1,136
2002 1,072
2003 1,058
2004 1,044
2005 987
2006 1,007
2007 1,003
2008 1,010
2009 966
2010 1,008
2011 960
2012 924

歴史[編集]

この駅は1924年(大正13年)2月、国鉄紀勢西線の最初の開通区間として和歌山駅(現在の紀和駅)から東和歌山駅(現在の和歌山駅)を経て箕島駅までが開通したのと同時に国鉄紀勢西線の加茂郷駅(かもごうえき)として開業した。当駅はその後昭和34年、三木里駅 - 新鹿駅間の開通をもって今の紀勢本線が全通、亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)の間が紀勢本線となったのを受け国鉄紀勢本線の駅となり、さらに国鉄の分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線の駅となり現在に至っている。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
きのくに線(紀勢本線)
快速
箕島駅 - 加茂郷駅 - 海南駅
普通(阪和線内で快速または直通快速となる列車を含む)
下津駅 - 加茂郷駅 - 冷水浦駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]