紀伊有田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀伊有田駅
駅舎(2005年8月)
駅舎(2005年8月)
きいありた - Kii-Arita
串本 (5.8km)
(1.8km) 田並
所在地 和歌山県東牟婁郡串本町有田469
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 紀勢本線(きのくに線)
キロ程 227.6km(亀山起点)
新宮から47.4km
電報略号 キア
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
12人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1940年昭和15年)8月8日
備考 無人駅

紀伊有田駅(きいありたえき)は、和歌山県東牟婁郡串本町有田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)のである。

有田と名乗るが同県の有田市とは関係ない。有田市は「あり」であり、同市の中心駅は箕島駅である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線で交換可能の地上駅新宮駅管理の無人駅であるが、古くからの駅舎が残っている。駅舎は線路南側にあり、ホームへは串本寄りの構内踏切で連絡している。なお、構内踏切には遮断機がついている。

紀伊有田駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 きのくに線 紀伊田辺和歌山方面
2 きのくに線 串本新宮方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1998 56
1999 55
2000 34
2001 25
2002 18
2003 22
2004 21
2005 18
2006 15
2007 15
2008 14
2009 14
2010 14
2011 10
2012 12

歴史[編集]

この駅は1940年8月、国鉄紀勢西線の江住駅から串本駅までの開通と共に開業した。その後当駅は1959年、今の紀勢本線が全通し亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)の間が紀勢本線となったのを受け国鉄紀勢本線の駅となり、さらに国鉄分割民営化を経て現在に至っている。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
きのくに線(紀勢本線)
串本駅 - 紀伊有田駅 - 田並駅

脚注[編集]

  1. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』
  2. ^ 日本国有鉄道公示S60.3.12公181

関連項目[編集]

外部リンク[編集]