太田光代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太田 光代
生誕 1964年7月6日(50歳)
日本の旗 日本東京都府中市
職業 芸能プロモーター(1990年‐)、雑誌モデル、キャンペーンガール(1982年‐1989年)
身長 159cm
体重 37kg
配偶者 太田光(1990年結婚)

太田 光代(おおた みつよ、旧姓・松永、1964年7月6日 - )は、芸能事務所株式会社タイタン」の代表取締役社長・芸能プロモーター、タレント。夫は太田光爆笑問題)。かつては本名(松永 光代)で活動していた。血液型はB型。

経歴

東京都府中市出身。高校卒業後、モデル事務所に所属し、グラビアやキャンペーンガールなどのモデル活動をする[1]。その後、バラエティ番組『鶴ちゃんのプッツン5』(日本テレビ)のコンテスト企画に出演したのがきっかけで、太田プロダクションにスカウトされる[1]楠田枝里子などのものまねでお笑い芸人として活動するものの、本来は女優が志望であり悩んでいたという。太田プロの同期には爆笑問題、松村邦洋春一番らがいた。当時のスリーサイズ86cm(アンダーバスト・65cm)/57cm/86cm。

1989年、合同コントの打ち合わせをきっかけに、爆笑問題の太田光と同居を開始し、付き合うことになる。1990年9月26日、結婚。

この年、爆笑問題は太田プロから独立。しかし、この独立は円満なものでなかったために仕事が全くない状況が続き、田中裕二と共にアルバイトパチンコパチスロで生活費を稼ぐ苦しい日々となる。

1993年、「タイタン」を設立。光代自身の営業努力や爆笑問題の実力が実を結び、事務所の経営が軌道に乗る。その後、長井秀和などのお笑いタレントを輩出。2004年1月から弁護士で元大阪府知事・現大阪市長の橋下徹を所属させる離れ業を成し遂げ、大手に引けを取らない芸能事務所に成長させた。

2003年阿佐ヶ谷にハーブ専門店「ウィッチムーン」を開店。2007年フラワーショップ「a Flower of Grassアリエル」開店。新たな事業にも挑戦している。

2007年に女性スキャンダルが相次いだ長井秀和に厳重注意を与えた。2009年、バラエティ番組『魔女たちの22時』(日本テレビ系)に「女性企業家のスペシャリスト」として初期にレギュラー出演していた。

人物

仕事

吉本興業などの大手事務所の芸人が主要な昨今に無名時代の太田光を支え、個人事務所社長として手腕を振るう。爆笑問題が干されていた時期に、どちらも下戸である爆笑問題に代わって、お笑い番組のディレクターやプロデューサーを積極的に接待し、「爆笑問題の漫才を見てやってください!」と土下座するなど、熱心に営業活動をしていた。

太田や田中からは「社長」「みっちゃん」と呼ばれている。太田からは「好きなアイドル」として「妻のみっちゃん」と挙げられるほどベタ惚れされており、「将来夫婦漫才をやるために『タイタン』を設立した」とも公言されている。

関連会社

  • タイタン(芸能プロダクション)代表取締役
  • トリトン(店舗経営)代表取締役
  • アバンテーベ(通信・配信事業)代表取締役
  • コンテンツリーグ(レーベル)取締役
  • Lewis 代表取締役
  • ファニーパンドラ(映画制作)代表取締役

経営店舗

  • ウィッチムーン(ハーブ・アロマ専門店)
  • アリエル(生花店)
  • キューピット・ハート(トータルリラクゼーションスペース)

オールスター100人ビンゴクイズ』に出場(1992年3月25日)。同番組にはキリングセンスも出場している。しかしながら初戦で敗退。好きな俳優は加藤剛

大のギャンブル好きで、特にパチンコ好き。フジテレビ721の『天才のパチンコ』に番組中期からほぼ毎回出場し、コメンテーターもした。かつて、爆笑問題が干されていた時期、太田・田中、そして光代の生活資金は、田中のコンビニ店員としてのバイトの稼ぎと、光代のパチンコとパチスロの稼ぎだった。パチスロの機械を買って練習していたほどで、月に何十万も稼いでいた。一方、太田はアルバイトを全くせず(太田本人が計算が出来ないためにコンビニ等の店員は出来ず、愛想も悪く接客業もできず、体力にも自信がないため肉体労働のアルバイトもダメだったため)、ゲームばかりして遊ぶ日々が続いていたという。

嫌いな食べ物はイクラ・いかの塩辛・白子・アンコウの肝である。

出演

テレビ番組

ドキュメンタリー・教養番組

映画

著書

  • 爆笑!夫婦問題
  • 奥さまは社長 爆笑問題・太田光と私
  • 爆笑夫婦問題
  • 爆笑太田さんちのごはん問題
  • これでスッキリ!ハーブの心療内科(疲れてうんざりしたときは、ハーブで元気になってみない?)
  • 私が「にんぎょひめ」だったころ

この他、朝日新聞家庭面で連載エッセイ『オトナになった女子たちへ』を担当(益田ミリ湊かなえとの三交代)。

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2010年7月5日放送回『しゃべくり007』(日本テレビ)の企画「爆弾プロフィール」より[出典無効]

外部リンク