大飯発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯35度32分32秒 東経135度39分18秒 / 北緯35.54222度 東経135.65500度 / 35.54222; 135.65500

Crystal energy.svg 大飯発電所
種類 原子力発電所
電気事業者 関西電力
所在地 日本の旗 日本
919-2101 福井県大飯郡おおい町大島1字吉見1番地1
1号機
出力 117.5万 kW
燃料 低濃縮二酸化ウラン
冷却水 深層取水
約 m³ / 秒
営業運転開始日 1979年3月27日
2号機
出力 117.5万 kW
燃料 低濃縮二酸化ウラン
冷却水 深層取水
約 38 m³ / 秒
営業運転開始日 1979年12月5日
3号機
出力 117.5万 kW
燃料 低濃縮二酸化ウラン
冷却水 深層取水
約 m³ / 秒
営業運転開始日 1991年12月18日
4号機
出力 117.5万 kW
燃料 低濃縮二酸化ウラン
冷却水 深層取水
約 m³ / 秒
営業運転開始日 1993年2月2日
公式サイト:大飯発電所
テンプレートを表示
関西電力大飯発電所(3、4号機)
建設中の大飯発電所(1、2号機)[1]

大飯発電所(おおいはつでんしょ)は、福井県大飯郡おおい町(合併前の旧町名は大飯町、読みは同じ)にある関西電力原子力発電所

関西電力が保有する原子力発電所としては最大規模で、日本の原子力発電所では柏崎刈羽原子力発電所に次ぎ、日本で第2位の発電量がある[補足 1]。施設周辺は若狭湾に面し、半径20km圏内に高浜発電所(大飯郡高浜町)もある。 同発電所の3・4号機は、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに日本国内の全原発が停止して以降、再稼働した最初の原発となった[補足 2]

概要[編集]

若狭湾に突き出した半島の先端部分に位置する。発電所から3㎞ほどの若狭湾内には、北西から南東方向に伸びる断層が存在する。施設内にも活断層が存在する、という見方も存在する(「活断層の疑い」を参照)。また、山がちの半島の先端に位置するため、大地震、津波などが起きた際には、発電所と外部を結ぶ道路が寸断され、発電所が孤立する危険があるとの指摘もある[2]

建設費抑制のため原子炉を一度に2機分を建設する方式が採用されており、タービン建屋1棟で2機分収める構造となっている。

原子力事故への対応として、1号機と2号機には、アイスコンデンサ方式という他の原子炉にはない方式を採用している。これは、格納容器の周りに設けられた1,944本のバスケットに、ブロック状の氷を入れ、事故時に発生する蒸気を急速に冷却し圧力をさげる方式である。アイスコンデンサーには常時1,250トンの氷が格納してある。この方式により、格納容器の体積は同クラスのものより小さい。

その後、3号機と4号機には格納容器のコンクリート壁内部にPC鋼より線(テンドン)を入れて、あらかじめ格納容器全体を締め付けておき、事故時に発生する大きな圧力に耐えるプレストレストコンクリート製方式が採用されるようになり、この方式の採用はこの2基に留まった。

2005年12月22日午前8時50分頃、大雪と強風のために送電線にトラブルが発生し、自動停止した。2011年7月16日、調整運転中の1号機で、C-蓄圧タンク圧力の低下により同機の運転を手動で停止した。

シースルーで公開されていたコントロールルームの様子(1993年5月撮影)

大飯発電所のPR施設として、おおい町大島に「エル・パーク・おおい」がある。おおいり館は発電所を1/3で再現する。

発電所の内部をガラス越しに軽装で見学できる「シースルー見学施設」が4号機に設けられていたが、現在はテロ対策のために見学できない。代替措置として、おおいり館の中でシースルー見学施設の内容を上映している。

発電設備[編集]

番号 原子炉形式 主契約者 定格電気出力 定格熱出力 運転開始日 設備利用率
(2009年度)
現況
1号機 加圧水型軽水炉(PWR) WH三菱商事 117.5万kW 342.3万kW 1979年3月27日 85.6% 定期点検中
2号機 加圧水型軽水炉(PWR) WH、三菱商事 117.5万kW 342.3万kW 1979年12月5日 93.2% 定期点検中
3号機 加圧水型軽水炉(PWR) 三菱重工業 118万kW 342.3万kW 1991年12月18日 78.5% 定期点検中
4号機 加圧水型軽水炉(PWR) 三菱重工業 118万kW 342.3万kW 1993年2月2日 87.6% 定期点検中

大飯発電所で想定される地震の強さは700ガル津波の高さは1.66mから1.86m[3]

2011年地震による運転停止[編集]

2011年3月11日の時点では、大飯発電所の1 - 4号機はそれぞれ以下の状態であった[4]

番号 状態
1号機 2010年12月10日から定期検査中(2011年3月10日から調整運転中)
2号機 2010年11月17日から通常運転中
3号機 2010年6月6日から通常運転中
4号機 2010年6月23日から通常運転中

3月11日に福島第一原子力発電所事故が発生し、原発の安全性の問題が全国で注目を集めるようになった。

国の原子力安全・保安院は約3週間後の3月末に、緊急安全対策を各電力会社に指示した[5]経済産業省はこの対策が講じられたことが確認できれば再稼働は可能との見解で、経済産業大臣(当時)の海江田万里は6月に原発の安全宣言を出し、定期検査の予定の作業が終了した玄海原発の再稼働を進めようとしていた[5]。しかし、全国の市民からの反対の他、事故の検証が未実施で安全基準が示されていないとして、13基の商用原発を抱える福井県などからも時期尚早との声が上がった[5]。そこで、政府(菅政権)は、ストレステストを導入し、1次評価で安全性を確認してから再稼働の是非を判断することとなった[5]

これを受け、関西電力は10月28日に3号機の[6]11月17日に4号機のストレステスト1次評価を原子力安全・保安院に提出した[7]

国の原子力安全・保安院は、2012年2月13日に関西電力が提出した3号機および4号機のストレステストについて、「妥当」とする審査書を発表した[8][9]。また、3月23日原子力安全委員会はこの保安院の審査書を「妥当」と確認した[10][11]。この日の安全委員会では、保安院の審査書を「妥当」とする確認文書(案)が用意されており、同委員長の班目春樹が淡々と議事を進め、5分後には「これを本委員会の見解とします」と述べて会議を打ち切った[12]。傍聴した再稼働に反対する市民は「結論ありきの茶番」だと批判した[12]

2012年7月1日の3号機運転再開の時点では、空冷式で1825kVAの容量を持つ非常用発電装置を高台に設置する、非常用電源を発電設備につなぐための恒設ケーブルを設置する、といった対策はとられていたものの、免震事務棟の建設、フィルター付きベント装置の設置、防潮堤のかさ上げのような大規模工事を要する対策はとられていなかった[13] [14]

政府3閣僚協議[編集]

原子力安全・保安院と原子力安全委員会が関西電力が提出したストレステストの結果、安全性は確保されていると認定したため、その後の再稼働は政治判断となった[15]4月3日から[16]内閣総理大臣野田佳彦と経済産業大臣の枝野幸男原発事故担当大臣細野豪志内閣官房長官藤村修(関係3閣僚)の協議が6回行われた[17]

この過程で4月6日に国は「原子力発電所の再起動にあたっての安全性に関する判断基準」(暫定基準)を示し、関西電力は4月9日に、当時得られた福島原発事故の技術的知見から必要とされる安全対策の現状と今後の計画を提出した[18]。同日にも3閣僚協議が開かれ、枝野経産相は「工程表は再稼働の安全基準におおむね適合している」と表明し、事実上の安全宣言をした[19]4月13日に開かれた6回目の協議で、3,4号機が新たな安全基準を満たしていると最終確認し、関西電力の供給力を上積みしても管内は厳しい電力不足に直面しているとして、再稼働が必要だと結論づけた[17]

この工程表で、放射性物質を除去するフィルター付きベント装置を2015年度に設置する方針が初めて示されたり、免震事務棟の設置が1年前倒しの2015年度とされたりと安全対策の計画に進展はあった[20]。しかし、国は組織の立て直しと原子力規制庁の発足をしておらず、関西電力は暫定基準に沿う対策の計画を示しただけであり、国が基準を示してから3日で関西電力が工程表を提出するというのは、あまりに拙速であり、政府が世論や必要性、安全性によらず「再稼働ありき」で周到なスケジュールを練り上げていると批判する意見もある[21]

また、枝野は再稼働を巡って『福井県とおおい町の「同意」と滋賀県京都府など近隣自治体の「理解」を得る必要がある』としたが[22]、藤村がこれには法律上の同意義務規定は存在しないと述べている[23]

立地自治体[編集]

政府は4月13日までに安全性確認と再稼働必要性の検討を終え、4月14日には枝野が福井入りし、地元自治体である福井県知事の西川一誠やおおい町町長の時岡忍に再稼働を要請した[24]。西川と時岡は判断を保留した上で、電力消費地が再稼働に理解することに政府が責任を持つよう要求した[24]

政府は再稼働への同意をおおい町議会に要請し、5月14日に全員協議会が開かれ、議員のほとんどが賛成して再稼働容認を決めた[25]。しかし、時岡町長は県原子力安全専門委員会(県専門家委)の意向も踏まえて判断するとしている[25]ため、県専門家委の結論が大幅にずれ込んでいることから、町としての同意には至っていない[26]。時岡の息子が大飯発電所の下請け会社の社長であることからこの会社の経営のために大飯原発を動かしたいのではないか、という説がテレビ朝日の討論番組で放送されている。

また、県専門家委の結論が出ていないことや、国が原発の中長期的な方向性を示さず姿勢が明確でないことに西川が反発していることから、福井県の意見集約はあまり進んでいない状況である[26]

再稼働[編集]

2012年7月5日に3号機が発送電を開始[27]、21日には4号機が発送電を開始し[28]、これにより節電数値目標は中部・北陸・中国エリアでは撤廃、四国では7%から5%に緩和された[28]。再稼働による融通電力量の増加がなければ、九州電力計画停電に踏み切らざるを得なかった公算が大きいとされる[29]。その後、2013年9月2日には3号機が定期検査のため停止[30]、15日には4号機も定期検査に入り[31]、再び日本国内において原発の稼働は停止されている。

各種課題[編集]

過去の津波による被害記録の発見[編集]

大飯発電所の他にも関西電力、日本原子力発電の商用原発、日本原子力研究開発機構もんじゅが位置する若狭湾は、天正地震の津波で大きな被害が出たことが明らかになった(なお関西電力はこの地震を受けて実施された調査以前から文献の内容を把握していた)[32]。関西電力は、日本原電、日本原子力研究開発機構と共同で調査を行い、天正地震の津波については5月中旬、ボーリング調査の調査でわかる範囲の他の時代の津波を含め、最終的な報告を10月末頃に行うとしている[33]

発電所工事にまつわるスキャンダル[編集]

電気工事会社・太平電業福井県大飯事業所長らが、大飯発電所に、請負契約を装う形で、請負会社の社員を設備改修工事に派遣していたことが明らかとなり、請負会社の役員らとともに、職業安定法違反の容疑で逮捕された。請負会社の役員の1人が、指定暴力団工藤会系組長の妻であることも判明しており、これら一連の原発への派遣事業が、工藤会への資金源となっていた可能性が指摘されている[34]

活断層の疑い[編集]

大飯1、2号機と3、4号機の間をほぼ南北方向に走る破砕帯活断層である可能性があり、原子力安全・保安院の指示により[35]、2012年11月2日に専門家による現地調査が開始された[36]

補足[編集]

  1. ^ 柏崎刈羽原子力発電所に次いで発電量の多かった福島第一原子力発電所は、2012年4月20日付で1-4号機が法的に廃止となった。
  2. ^ 震災時点で調整運転中で、2011年8月に営業運転を開始した泊発電所3号機の例外を除く

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年度撮影)
  2. ^ 非常時の危険性は福島第一原発より高いのは明白。私が大飯原発再稼働に反対するこれだけの理由 馬淵澄夫、現代ビジネス 2012年6月15日。
  3. ^ 『新潮45別冊 日本の原発』 - 新潮社(2011年) 50ページ記載。
  4. ^ 平成22年度 原子力発電所の運転状況 関西電力 2011年4月7日
  5. ^ a b c d 原発再稼働、迷走の1年 国の場当たり対策に批判 朝日新聞 2012年5月4日
  6. ^ 大飯発電所3号機の安全性に関する総合評価に係る報告書の提出について 関西電力 2011年10月28日
  7. ^ 大飯発電所4号機の安全性に関する総合評価に係る報告書の提出について 関西電力 2011年11月17日
  8. ^ 保安院、大飯原発ストレステスト評価を「妥当」[リンク切れ] 読売新聞 2012年1月19日
  9. ^ 関西電力株式会社大飯発電所3号機及び4号機の安全性に関する総合的評価(いわゆるストレステスト)一次評価に係る審査結果について 経済産業省 2012年2月13日
  10. ^ 関西電力株式会社大飯発電所3号機及び4号機の安全性に関する総合的評価(一次評価)に関する原子力安全・保安院による確認結果について[リンク切れ] 原子力安全委員会 2012年3月23日
  11. ^ 大飯原発の耐性評価、安全委も「妥当」 確認文書公表 朝日新聞 2012年3月23日
  12. ^ a b 「こんなのは茶番だ」 原子力安全委員会、5分で打ち切り大荒れ 大飯原発安全評価[リンク切れ] 産経新聞 2012年3月23日
  13. ^ 大飯原発工事未完了でも十分安全? 政府お墨付きも尽きぬ課題[リンク切れ] 福井新聞 2012年4月15日
  14. ^ 東京電力福島第一原子力発電所における事故を踏まえた大飯発電所4号機の安全性に関する総合評価(一次評価)の結果について(報告) 関西電力株式会社 平成23年11月
  15. ^ 大飯原発「妥当」判断 「地元」の範囲めぐり見解にずれ[リンク切れ] 産経新聞 2012年3月23日
  16. ^ 再稼働「3日は決まらず」 大飯原発で細野氏[リンク切れ] 産経新聞 2012年4月3日
  17. ^ a b 大飯原発再稼働へ協力要請決定 関係3閣僚協議 佐賀新聞 2012年4月13日
  18. ^ 大飯発電所3、4号機における更なる安全性・信頼性向上のための対策の実施計画等の報告について 関西電力 2012年4月9日
  19. ^ 大飯原発「安全基準に適合」 政府、再稼働を地元要請へ 関電工程表を評価[リンク切れ] 日本経済新聞 2012年4月10日
  20. ^ 関西電力が大飯原発の工程表提出 おおい町にも内容説明[リンク切れ] 福井新聞 2012年4月9日
  21. ^ [大飯原発再稼働]不安つきない拙速対応[リンク切れ] 沖縄タイムス 2012年4月10日
  22. ^ “再稼働に必要な地元了解、範囲は? 敦賀市長、経産相と異なる認識”. 福井新聞. (2012年4月2日). http://www.47news.jp/localnews/hukui/2012/04/post_20120402224718.html 
  23. ^ 官房長官、原発再稼働「地元同意、義務ではない」 日本経済新聞 2012年4月5日
  24. ^ a b 大飯再稼働:関西圏の理解が必要…経産相要請に福井知事ら[リンク切れ] 毎日新聞 2012年4月14日
  25. ^ a b 福井県おおい町議会 原発再稼動容認を決定[リンク切れ] 読売新聞 2012年5月14日
  26. ^ a b 大飯再稼働、ずれ込む地元・福井の意見集約 知事の不信感も影響[リンク切れ] 産経新聞 2012年5月27日
  27. ^ “関電大飯3号機が送電開始 9日にもフル出力へ”. (2012年7月5日). http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012070501000667.html 
  28. ^ a b “大飯原発4号機も発送電開始 25日にもフル稼働”. (2012年7月21日). http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012070501000667.html 
  29. ^ “第1部(2) 全基停止の夏 「超」綱渡りの電力供給 天候と他社頼み”. 産経. (2012年9月25日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120925/trd12092507420000-n1.htm 
  30. ^ “大飯3号機、定期検査入り 国内稼働原発ゼロへ”. 西日本. (2013年9月2日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/37109 
  31. ^ “大飯4号機停止…「原発ゼロ」1年2か月ぶり”. 読売. (2013年9月15日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130915-OYT1T00512.htm 
  32. ^ 若狭湾の津波、調査検討=古文書に被害の記述―関電[リンク切れ] 朝日新聞 2011年5月26日(2011年5月27日閲覧)
  33. ^ 若狭湾沿岸における津波堆積物に関する追加調査の実施について 関西電力 2012年2月16日
  34. ^ 偽装請負:関電原発工事、暴力団が関与 3容疑者を逮捕[リンク切れ] 毎日新聞 2012年1月13日
  35. ^ 志賀・大飯原発の敷地内断層、再調査を指示 原子力安全・保安院[リンク切れ] SankeiBiz 2012年07月18日 19時33分
  36. ^ 大飯で断層調査始まる 規制委、原発敷地内で初”. 日本経済新聞. 2012/11/08(UTC)閲覧。

外部リンク[編集]