J-PARC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J-PARC(ジェイパーク、Japan Proton Accelerator Research Complex)は、高エネルギー加速器研究機構日本原子力研究開発機構が共同で建設を進めている大強度陽子加速器施設である。

2007年度にファーストビームを発生、2008年12月より供用を開始した。

施設概要[編集]

J-PARC中性子施設
  • 建設地 茨城県那珂郡東海村白方白根2番地の4 日本原子力研究開発機構 東海研究開発センター 原子力科学研究所
  • 常伝導・超伝導線型加速器(Linac)(全長450m)
  • 3GeV 陽子シンクロトロン(RCS)(周長300m)
  • 50GeV 陽子シンクロトロン(Main Ring: MR)(周長1,567.5m)
  • 付帯実験設備として、MLF(物質生命科学実験施設)、原子核素粒子実験施設(ハドロン実験施設)、ニュートリノ実験施設が建設され、2009年4月までに全施設でのビーム発生を確認。大学共同利用実験等に供されている。
  • MLFは特定先端大型研究施設の共用の促進に関する法律に云う特定中性子線施設であり、 総合科学研究機構が5つのビームラインの利用審査等を行っている。[1]
  • ADS核変換実験施設)についても計画中であり、放射性廃棄物消滅処理に向けた基礎研究を目指している。
  • 物質生命科学実験施設では強力な中性子源、およびミュオン源が稼働しており、前者には中性子を利用したタンパク質などの構造・機能解析用のビームラインを備えている。またミュオンスピン回転を用いた超伝導磁性材料の研究、電池材料や水素貯蔵材料の基礎研究等が行われている。
  • 同種の中性子実験施設として、米国SNS(Spallation Neutron Source)が構築中であり、J-PARCと競っている。
  • ハドロン実験施設では、高エネルギー陽子から生成されたπ中間子K中間子を用いた原子核・素粒子物理実験が行われており、ニュートリノ実験施設ではスーパーカミオカンデと連携した素粒子(ニュートリノ)物理実験T2Kなどが進行中である。
  • 建設費に約1,500億円投じられた。現在、施設全体の運転・維持管理に年間およそ130億円が支出されている。

進展状況[編集]

事故[編集]

2013年5月23日11時55分、ハドロン実験施設において、装置の誤作動により放射性物質が漏れる事故が発生、作業していた研究者6人の被曝が確認され、施設外にも漏洩した。24日22時40分になって関係機関への通報がなされた[1][2]。25日に茨城県と東海村、水戸市日立市など7市町村が立ち入り調査を実施、構造上の不備を指摘し対応の遅さを批判した[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度27分34秒 東経140度35分51秒 / 北緯36.459527度 東経140.597491度 / 36.459527; 140.597491