川内原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Crystal energy.svg 川内原子力発電所
川内原子力発電所
種類 原子力発電所
電気事業者 九州電力
所在地 日本の旗 日本
鹿児島県薩摩川内市久見崎町字片平山1765番地3号
北緯31度50分01秒 東経130度11分22秒 / 北緯31.83361度 東経130.18944度 / 31.83361; 130.18944座標: 北緯31度50分01秒 東経130度11分22秒 / 北緯31.83361度 東経130.18944度 / 31.83361; 130.18944
1号機
出力 89.0万 kW
燃料 低濃縮二酸化ウラン
約 72 t / 年
営業運転開始日 1984年(昭和59年)7月4日
2号機
出力 89.0万 kW
燃料 低濃縮二酸化ウラン
約 72 t / 年
営業運転開始日 1985年(昭和60年)11月28日
テンプレートを表示

川内原子力発電所(せんだいげんしりょくはつでんしょ)は、鹿児島県薩摩川内市久見崎町にある九州電力原子力発電所。なお、 川内川を挟んだ向かい側には火力発電所である川内発電所がある。

九州電力としては玄海原子力発電所に次ぐ2か所目の原子力発電所である。九州電力は現在、3号機の増設に向けた手続きを行っている。

所在地[編集]

1、2号機:鹿児島県薩摩川内市久見崎町字片平山1765番地3

3号機計画地:鹿児島県薩摩川内市久見崎町及び寄田町

発電設備[編集]

番号 原子炉形式 定格電気出力 燃料・装荷量 運転開始日 現況
1号機 加圧水型軽水炉(PWR) 89万kW 低濃縮二酸化ウラン・約72トン 1984年(昭和59年)7月4日 定期点検中
2号機 加圧水型軽水炉(PWR) 89万kW 低濃縮二酸化ウラン・約72トン 1985年(昭和60年)11月28日 定期点検中
3号機 改良型加圧水型軽水炉(APWR) 159万kW 低濃縮二酸化ウラン 2019年度(平成31年度)予定 計画中

故障・トラブル・事故[編集]

  • これまでに、1号機では試運転中の自動停止(1983年)、燃料集合体のピンホール(1986年)、一次冷却材ポンプ変流翼取付ボルトのひび割れ(1988年)、化学体積制御系抽出ライン元弁棒損傷(1989年)、温度測定用配管弁棒損傷(1989年)、蒸気発生器細管の摩耗減肉(1991年)、調整運転中の手動停止(1991年)、制御棒駆動装置ハウジングキャノピーシール部損傷(1996年)、格納容器サンプ水位上昇に伴う原子炉手動停止(1998年)、タービンソレノイド動作に伴う原子炉自動停止(1999年)、蒸気発生器の細管損傷(2000年)、2号機では一次冷却材ポンプ変流翼取付ボルトのひび割れ(1989年)、蒸気発生器細管の摩耗減肉(1991年)などの故障・トラブルの報告がある。
  • 1997年3月26日薩摩川内市(当時川内市)などで起きたマグニチュード6.5及び6.3の鹿児島県北西部地震、及び1997年5月13日、同じく薩摩川内市などで起きたマグニチュード6.1の第2鹿児島県北西部地震の際、川内原子力発電所では通常運転を継続した。
  • 2010年1月29日、1号機のタービン建屋内で、同社社員と協力会社社員の7人がアース取り付け作業において火傷を負う事故があり、そのうち協力会社社員の1人が全身やけどで同日夜、死亡した。九電社員と協力会社社員の2人が重傷、ほかの4人は顔や手に軽いやけどと発表された。事故は午前7時5分頃に起こり、上側の端子(2次側)にアースを取り付ける際、440ボルトの電圧がかかっている下側の端子(1次側)に誤接触したのが原因とみられ、ショートして火花と高温のガスが発生し、作業員が火傷を負った、と九電は経済産業省に報告している。九電は、下側の電源を切らず、点検したことについては「ほかの点検作業の都合上、通電していた」と説明、下側の端子に通電していることが作業員に伝わっていたかは「調査中」としている。放射能漏れや被曝はなかったという[1][2][3][4][5]。その後、この事故で死亡した協力会社社員の遺族が、なぜ危険な場所で作業させていたのかの説明が九電側からなされておらず、未必の故意による殺人罪に当たるとして、当時の所長や次長(その後所長になる)を2013年1月23日付で鹿児島地方検察庁告訴している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]