ミリア・ファリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミリア・ファリーナ(Milia Fallyna、結婚後はミリア・ファリーナ・ジーナス 〈Milia Fallyna jenius〉)は、テレビアニメ超時空要塞マクロス』『マクロス7』、ドリームキャスト用ゲーム『マクロスM3』および関連作品に登場する架空の人物。声の出演竹田えり

設定・経歴[編集]

『超時空要塞マクロス』時代[編集]

テレビ版[編集]

ゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊ラプラミズ艦隊所属の一級空士長。バトルスーツクァドラン・ローを駆り、高機動空間戦闘を得意とする。親衛隊の切り札的存在であり、その勇名は男性兵士の間にも「エースのミリア」として知れ渡っていた。基本的に好戦的で激しい気性の持ち主で、過去に負け知らずというプライドから、戦場において戦い甲斐のある刺激的な対戦者を求めていた。

マクロス追跡作戦中、カムジン・クラヴシェラから敵軍の凄腕パイロット[1]の存在を知らされ、無断出撃に近い形でマクロスを襲撃するが、バルキリーバーミリオン小隊のマクシミリアン・ジーナス(マックス)との一騎打ちで初めての敗北を喫する。

その屈辱から、復讐のためマイクローンスパイとなりマクロス艦内市街地に潜入。仇敵マックスとの接触に成功し、ゲームセンタービデオゲームでの勝負を申し込まれ、再び敗北。その悔しさからナイフで決闘を挑むが、三たび敗北する。しかし愛情が芽生え、陣営や人種の壁を超え史上初の星間結婚を果たす。この出来事はMBS(マクロス艦内のTV局)により人類、ゼントラーディの双方に大きく報道される。エースパイロットの結婚は男女の恋愛という概念を知らないゼントラーディ人に大きな衝撃を与え、共存への大いなる架け橋となる(当時の年齢は地球人に換算して15歳)。なお家事の経験が皆無だったため、新婚当初に食用油を瓶ごと火にかけてぼや騒ぎを起こす。

戦後の2011年3月、初の星間混血児となる長女コミリア・マリア・ファリーナ・ジーナスを出産する。第一次星間大戦終戦直後の混乱期も、マクロスの和平勧告に応じず、戦闘を繰り返す残存ゼントラーディの説得のために、マックスと共に真紅のVF-1Jバルキリーを駆り「子連れ出撃」するケースもあり、彼女と愛娘であるコミリアの、人類とゼントラーディ共存実現への貢献度は極めて高い。7人の娘たちの名前や出生順等、および養女「モアラミア・ジフォン」の詳細は、「マクシミリアン・ジーナスの家族構成」、「マクロスM3の登場人物」を参照。

CDドラマ『マクロス・クラシック』では、終戦直後の地球で市役所がないため婚姻届を出せないと嘆くマックスに対し、自分がいずれ「市長というもの」になると誓うくだりがある。

劇場版[編集]

劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』での名前(製造番号)は、ミリア639メルトランディ軍モルク・ラプラミズ機動艦隊の中型高速砲艦(ミリア艦)艦長であり、別働隊として陽動・索敵・奇襲などの単独作戦を行う。TVシリーズとは異なる真紅のクァドラン・ローで出撃し、闘争本能をより残忍な形で表現している。

地球上でマクロスを強襲し、戦闘開始直後に柿崎速雄搭乗のバルキリーを長距離狙撃で撃墜するが、その後の乱戦の最中マックス機と一騎打ちとなり、自艦に誘い込むも格闘戦で敗北する。その過程で「私と戦える男(ゼントラーディ)はいない」と自負するほどの腕前を持っていた自分を敗北させたマックスとの間に愛が芽生え、その後のボドル基幹艦隊との最終決戦では共にクァドラン・ローを駆り出撃する。

なお、作中ではカットされたが、絵コンテ段階ではマイクローン装置で巨大化したマックスとの結婚式がマクロスやゼントラーディ軍に中継されるシーンが予定されていた。

中間時代[編集]

ドリームキャスト用ゲーム『マクロスM3』では、2010年代から2030年代にかけてのジーナス夫妻の活躍が描かれている。ミリアはマックスとふたりで特殊任務部隊ダンシング・スカル隊を結成し、統合軍の極秘作戦で活躍。VF-9 カットラスVF-11 サンダーボルトなど新型機の開発においても功績を残す。前線から退いた後はイーグルネスト空戦戦技センターの教官としてガムリン木崎らエリートパイロットを養成し、「イーグルマザー」の異名を取る。私生活(夫婦生活)上でも、長女「コミリア・マリア・ジーナス」に続き6女を出産し、『マクロスM3』では戦場で出会ったゼントラーディの少女兵モアラミア・ジフォンを養女にして育てる。地球文化に馴染み母親らしく変化していくが、女性に等しく優しいマックスにやきもちを焼くうちに浮気の疑念を持ち始め、徐々に夫婦仲に微妙なもつれが生じてくる。この状態のまま、下記のマクロス7船団搭乗へと進んでいく。

『マクロス7』時代[編集]

2038年、第37次超長距離移民船団長となったマックスと共に新マクロス級7番艦マクロス7副艦長に就任する。その後退役し、民間人居住区「シティ7」の市長選挙に立候補し、90%以上の支持を得て初代市長に当選。作中の2045年時点で49歳(地球人に換算)。市民からの大量の苦情メールを寄せられる場面はあるが、支持率は常に90%以上と市民から絶大な信頼を得ている。依然若々しいが市長として厳格であり、共に暮らす末娘(七女)のミレーヌ・ジーナスに何かと干渉する「教育ママ」となっており、娘と教え子ガムリン木崎の見合いを画策するなど、時に度が過ぎるほどの干渉を行う。マックスとの夫婦関係はさらに冷え込み、別居状態(市民には極秘)が続いている上、ことあるごとに意見の衝突を繰り返している。

生来の勝気で激しい気性は変わらず、時には市民を守るという使命感や思い込みから突飛な行動に出ることもあり、公の要職でありながら自ら出撃したり、ジャミングバーズの選考オーディションに応募するといった行動をとる。メルトランディ時代に「エースのミリア」として鳴らした腕は健在で、シティ7漂流時には前線復帰し、保存していたかつての愛機VF-1J(パーソナルカラーである赤色)で居住区を守る。ガムリンがVF-1Jを無断使用し撃墜された後は、ダイアモンドフォース専用のVF-17S(金龍機。コールサインはD1を継承)を無断でパーソナルカラーの赤に塗装して出撃する場面もある[2]。マックスがスターゲイザー作戦で出撃中には一時的にマクロス7艦長代理を務めるなど、難局を乗り切る中でわだかまりが解消され、かつての夫婦愛が再燃。最新鋭のVF-22Sを駆り、往年の絶妙なコンビネーションを見せる。

テレビ未放映エピソード「どっちが好きなの?」では風邪を不治の病と勘違いして周囲を振り回す。同じく未放映エピソード「最強女の艦隊」では、マクロス7船団が宇宙で出会ったメルトラン艦隊に和平交渉を申し込むが決裂。カルチャーショックを与えるために、マックスと共にその艦隊に赴き、マックスを自分の夫と紹介。驚くメルトランたちの目前で、キスを敢行する。

劇中では歌う場面が複数あり、ドラマCD『マクロス7 ドッキングフェスティバル 歌は銀河を救う』では演じている竹田の希望で『与作』を歌う。

『マクロスF』時代[編集]

テレビアニメおよび劇場版『マクロスF』ではミリア本人は登場しないが、非公式設定や小説版では2059年におけるミリアが語られている。

マクロスエース』掲載の「MACROSS非公式×機メカトロニクス」では『マクロスF』に登場するクラン・クランが解説を行っているが、この中で現シティ7の市長としてミリアを紹介している[3]。また、クランの真紅のクァドラン・レアは元はミリアのクァドラン・ローをレストア・改修したものであるとされている[4]

劇場版マクロスF』のノベライズ『劇場版マクロスF(下)サヨナラノツバサ』では、赤いVF-25を駆り、マックスとコンビを組んでフロンティア船団の救援に駆けつける。ただし、ミリア本人の登場シーンはなく、他の登場人物から間接的に語られているのみである。

搭乗機[編集]

『ロボテック』版[編集]

ハーモニーゴールド USA社(Harmony Gold USA)がライセンス取得、同一世界の異なる時代と世代を描いた、連続する1つの大河ストーリーとして翻案、再編集された作品である『ロボテック』版では"Miriya Parina Sterling"の名で登場、Dana Sterling(『超時空騎団サザンクロス』のヒロイン「ジャンヌ・フランセーズ」で、コミリア・マリア・ジーナスに相当する)長女を始めとして、次女「オーロラ・スターリング(Aurola Sterling)」、三女で栄誉あるスカル大隊の四代目中隊長を襲名した「マイア・スターリング(Maia Sterling)」中佐など、子宝に恵まれる。

詳細は、ロボテック漫画

の各記載を参照のこと。 声の出演は「エディ・マーマン」こと「エディス・S・マーマン」(Edie / Edith S. Mirman)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 劇中ではカムジンは一条輝と一騎打ちで引き分けるが、マックスとは直接対峙していない。小説版ではロイ・フォッカーのことを指していると書かれている。
  2. ^ 『マクロス7』第21話「あぶないKISS」
  3. ^ 『マクロスエース Vol.004』114頁。
  4. ^ 『娘くれっと File1』32頁。

関連項目[編集]