AFC-01 レギオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機甲創世記モスピーダ > AFC-01 レギオス

AFC-01 レギオスとは、テレビアニメ機甲創世記モスピーダ』に登場する架空の単座可変戦闘機/戦闘ロボットである。

『モスピーダ』の海外版である 「ロボテック」 ("Robotech") の第3世代目を描く「ニュー・ジェネレーション ("The New Generation")」の劇中では VF/A-6 「アルファ」可変戦闘攻撃機「レギオス」(VFA-6 Alpha Fighter-Attacker "Legioss") と呼ばれている。

機体解説[編集]

謎の異星人インビット(「ロボテック」 "Robotech" 世界ではInvid)により占拠された地球を取り戻すべく、火星基地である、マルスベース ("Mars Base") からの第二次地球奪還軍の主力として開発・配備された。彼我の戦力差から一対多数との会敵を強要される戦況を想定して、このサイズ(全長10m弱)の戦闘機にしては、極めて重武装なのが特徴である。

レギオスは宇宙空間・大気圏内を問わず飛行可能であり、またアーモファイター(戦闘機形態)・アーモダイバー(中間形態、いわゆるガウォーク)・アーモソルジャー(人型ロボット形態)の三形態に変形できる。また単独での大気圏突入や、アーモボンバーと呼ばれる「トレッド」を接続しての大気圏離脱も可能で、空戦に加え対地攻撃もこなすマルチロール機である。なお、トレッドを連結したままの変形も可能で、トレッド自体も単体でアーモソルジャーへの変形が可能。

第一次地球奪還軍においても可変戦闘機「コンドル」("VFB-5 Condor") が投入されていたが、様々な不備によって作戦が失敗に終わったことから大幅に改良・強化され、大抵のインビットバトル・ウォーマーに対し有利に戦える機体となった。

胸部中央には可変バイク兼強化装甲であるライドアーマー「モスピーダ」が標準で内蔵され、レギオスが不時着などで行動不能になった場合でも、脱出とサバイバルの為の個人用戦闘パワードスーツ、及び長距離巡航兼用の戦闘装備として使用できる。また、旧型のライドアーマーである「ブロウスーペリア」、「バートレイ」も同様に搭載可能である。なお、正確にはライドアーマーは飛行ブースター及びエネルギー装置であり、本当の意味でのパワードスーツはパイロットスーツとして着ている装甲服である(ただしライドアーマーと合体しない限りパワードスーツとしては機能しない)。

戦闘攻撃機(ファイター)形態で全長10.25m、翼幅6.4m、全備重量16.7t。これはジェット戦闘機としてはかなり小型の部類である。HBTで駆動するJG-97Mエンジン(最大出力1840 shp×2)と、補助としてATF-401 ターボファンエンジン(最大推力4800kg×4)を搭載。

派生型[編集]

第二次地球奪還軍のレギオスは3種類。手持火器は、ミサイルガンポッドであるが(設定書では35mm三砲身型ガトリング砲とされている)、本編では80mm ビームキャノンとされている。ファイター形態では主翼下に懸架され、左右に一門ずつ装備された時もある。OPや劇中でもミサイル、ビームどちらともとれる描写となっているので、外見が同じで二種類の武装があるのか、実体弾/ビーム兼用型なのかも知れない(第20話では花火を発射した事もある)。

この他、(アーモソルジャー形態でいうと)手脚や肩に備えたミサイルポッドに、最大96発[1]の短射程小型ミサイルを内蔵可能。更に機首にも2門のビーム砲が装備されている。

AFC-01Η レギオス・エータ
指揮官用で機体色は青、側面の二つ目(ツインアイ)のカメラを持つ頭部が特徴。劇中では主にスティックが搭乗し、第1話で愛機を失っているが、第3話でジムの隠匿していた同種機体を入手、TVシリーズ全般を通して使われた。第25話ではバットラーのゴースに撃墜されたが、後に修復(もしくは同型機を入手)したのか、トレッドを接続して火星への帰還に使われていた。なお、ゴースはトレッドにより倒されている。
AFC-01"Ι" レギオス・イオタ
一般兵士用で機体色は緑色、単眼(モノアイ)の四角いゴーグル状カメラ付き頭部。第10話で合流地点で壊滅した部隊装備の中から、状態の良い機体を回収、修理して追加装備された。劇中ではレイやイエローが搭乗。
主役陣が使うことはないが、第一話の第二次地球奪還軍は同色のトレッドを装備している。
AFC-01Ζ レギオス・ゼータ
最新の強化型で機体色は赤。やはり第10話で入手し、主にフーケが搭乗。
  • 海外ロボテック版正式名称は VFA-6Z 「ベリテック・戦闘指揮官用・アルファ可変戦闘攻撃機」"Veritech Combat Alpha"。大気圏内での戦闘に最適化されている。模型等ではジュピター・ベース(木星衛星基地)"Jupiter - Base/J.P"の所属とされている。
    派生型全般を通してもかなり後期型に当たる為、発展型も開発され、HBTではなくプロトカルチャー(資源) " protoculture " の放出を抑える後述の「シャドウ・デバイス(装置)」型が開発され、第三部であるThe New Generation(モスピーダ)の最終回のリメイクと、その後を描くDVDオリジナル版の北米発のOVAロボテック:シャドウ・クロニクル』("Robotech: The Shadow Chronicles") にも VFA-6ZX 指揮官用・シャドウファイター "Commander's Shadow Fighter" の名で登場し、スカル大隊の四代目隊長でマクシミリアン・ジーナスミリア・ファリーナの娘の1人である「マイア・スターリング」("Maia Sterling") 中佐が搭乗する。
無人レギオス
南米の街で顔役を務めるドガーボが所有するコレクション。無線による遠隔操縦機に改造された三機のレギオスで、エータ、イエタ、ゼータ各型を原型としている。無人機ゆえ、コクピットは外板で覆われている。
  • 海外ロボテック版正式名称は "VQ-6 VANDAL Veritech Alpha Drone"

以下の二種類は第三次地球奪還軍の新型である。

AFC-01X ダーク・レギオス
その名の通り暗いグレーで塗装された第三次地球奪還軍の主力。HBT反応の機外への放出が抑えられ、インビットに探知されにくくなったステルス機である。マニピュレータは三本爪型に簡略化され、レフレックスポイントのシールドを破れるシンクロトロン砲を搭載する。本編では「ダーク・レギオス」と呼ばれるが、設定書の段階では「ブラック・レギオス」だった。
  • 海外ロボテック版の正式名称は"VFA-6X Shadow Fighter"。こちらでは武装が"Disruptor cannon"(破壊砲)で、HBTではなく、プロトカルチャー(資源) " protoculture "(プロトカルチャー)の放出を抑えるという設定になっている。
    これはこの世界が"Macross Saga"の世界とつながっており、日本の「超時空要塞マクロス」における監察宇宙軍」のオーバーテクノロジーに相当するものがRobotechであり、"protoculture"のエネルギーを動力源にしているためである。
    ロボテック:シャドウ・クロニクル』("Robotech: The Shadow Chronicles") 本編でも大量に登場し、"Invid"相手に奮戦するが、その後新たな敵ハイドニット ("Haydonites") らが、彼らに技術供与を受けた"Shadow"技術を使用したシンクロ・キャノン("Synchro cannon"、訳は「同期拡散砲」。名前が変更され、日本版に近くなっている)に対して特定の周波数同期送信波を送信されることで、友軍艦隊及び本機の反射炉が暴走・自滅すると共に、キャノンは射撃不能となり、本編でマリアナ沖海戦での日本海軍戦闘機の惨敗になぞられて「七面鳥撃ち」と揶揄されるほどの多くの犠牲者を出す。
無人ダーク・レギオス
首のないダークレギオスで、全自動的で「動目標」を探知して攻撃する無人兵器。シンクロトロン砲の他、左右の胸部上面に24発ずつミサイルが搭載されている。劇中の台詞によると、敵味方の識別も出来ないとされており、こうした完成度の低い無人兵器に頼らざる得ない所に、コロニー連合軍の人的資源の欠乏事情が垣間みえる。
  • 海外ロボテック版正式名称は "VQ-6X ASAVAN Veritech Shadow Drone"。

商品化[編集]

第51回 全日本模型ホビーショー2011 会場にて株式会社ウェーブ(WAVE CORPORATION)より、レギオス の 1/72 アーモソルジャー形態(ロボテック版でいうバトロイド形態)のエータ型(指揮官用)の発売が発表(2012年2月)され、ゼータ型(大気圏内能力強化・指揮官型、2012年4月)、イオタ(量産型、2012年5月)の発売も予定されている。 [2] [3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小型ミサイルが肩部4×2(両肩で16発)。腕部に5×4(両腕で40発)。脚部に5×4(両脚で40発)。計96発。「別冊アニメディア機甲創世記モスピーダ」レギオス内部変形図解より。
  2. ^ 機甲創世記モスピーダ シリーズ レギオス エータ アーモソルジャー
  3. ^ ウェーブ開発部ブログ【第51回 全日本模型ホビーショー2011/その4】ロボット&メカニック編