マクロス ザ・ミュージカルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マクロス ザ・ミュージカルチャー (MACROSS THE MUSICALTURE) は、アニメマクロスシリーズ』を題材とした日本ミュージカル作品。2012年10月3日より10月8日まで、東京ドームシティーホールにて全8回公演。

概要[編集]

「マクロスシリーズ」30周年を迎えた2012年に企画された「マクロス30周年プロジェクト」のひとつ。テレビアニメ『超時空要塞マクロス』の第1話放送(1982年10月3日)から30年目となる2012年10月3日に初日公演が行われた。「歌」が重要な意味を持つ本シリーズにおいては、劇中歌を担当する歌手により各種のコンサートが催されてきたが、ミュージカルの上演は初の試みとなる。

内容は既存のアニメ作品の舞台化ではなく、新たに書き下ろされたオリジナルストーリーとなる。時間設定は『マクロスF』から3年後の2062年。『マクロス7』や『マクロスF』と同じく、市民生活を営みながら宇宙を航行する新マクロス級超長距離移民船団のひとつ「マクロス29(ツーナイン)」が舞台となる。シリーズの伝統である「三角関係」のドラマを織り込み、5人の歌姫が歴代マクロスソングをカヴァーする[1]。舞台表現のライブ感を重視するため、映像配信やソフト化は行わない予定[1]

ヒロインのさくら・クロフォード役はガールズユニット9nine吉井香奈恵が演じる[2]。また、30周年プロジェクトの別企画「ミス・マクロス30コンテスト」の「アクトレス・ウイング」部門で審査員特別賞を受賞した片木ゆきがキャストの一員として初舞台を踏む[3][4]

なお、製作発表から上演までに主要キャスト2名が変更された。ヴィーゴ役の菊池卓也広瀬友祐へ交代。シャルロット・マリオン=グラス役の神田沙也加急性胃腸炎のため初日公演2日前に降板が発表され、富田麻帆が代役となった[5]

ストーリー[編集]

西暦1999年、地球に落下した異星人の宇宙船は「マクロス」と名づけられ、文化を忘れた巨人族「ゼントラーディ」との戦争を開始した。強大な軍事力を持ったゼントラーディに地球人類は絶滅寸前にまで追い詰められるが、マクロス艦内のアイドル歌手リン・ミンメイの歌声によってゼントラーディは忘れ去られた文化の記憶を呼び覚まされ、戦争は終結する。こうして共存の道を歩み始めた地球人類とゼントラーディは2012年より宇宙移民事業を開始し、新天地を求めて銀河の彼方へと旅立っていった。

それから50年が経過した西暦2062年。第59次超長距離移民船団で第29次新マクロス級超長距離移民船団である「マクロス・ツーナイン船団」は、かつては戦闘に疲れた他の新マクロス級超長距離移民船団に住む人々が集うオアシスとして存在していた。一方で非戦主義を標榜しており、バルキリーや護衛軍といった武力を放棄し非武装中立を貫いていた。そのために、他船団のような武力を背景にした発言力が無く、不利な外交交渉を押しつけられ続けたので、経済は破綻寸前だった。街には失業者があふれ、政府の支持率は低下する一方、ツーナインも武力を取り戻すべきだとする急進派の「ネオ・ゼントラン」が急速に支持を拡大していた。次期市長戦が危ぶまれる現市長は支持率回復のため、「ミス・マクロス・コンテスト」の開催を提案する。

登場人物・キャスト[編集]

ヴィーゴ・ウォルグリア
出演 - 広瀬友祐
ゼントラーディの血を引く長身の若者で、理想に燃えるネオ・ゼントランのリーダー。武力と文化のハイブリッドとしてネオ・ゼントランを率いている。アッシュ、さくらとは幼馴染。
アッシュ・アンダーソン
出演 - 土屋シオン
娘娘飯店でアルバイトをする若者。いつも首にヘッドホンをかけている。かつてはダンサーを目指していたが、5年前の事件で左足を失いダイナム超合金の義足をつけている。機械いじりが得意。
さくら・クロフォード
出演 - 吉井香奈恵
リン・ミンメイに憧れる少女。ピンク色の髪をしている。歌声で銀河を奮わせたいと思っている。娘娘飯店の常連客。
ダリル・ウォルグリア
出演 - 上杉梨紗
ヴィーゴの妹。髪はプラチナのショート。ネオ・ゼントランの男社会で育った男勝りの性格をしている。文化を習得するため、幼いころから歌とダンスの英才教育を受けてきた。兄の理想を実現するためにミス・マクロスに出場する。
エル
出演 - 陽向あゆみ
アッシュがスクラップ置き場で拾い、修理したサイバロイドの少女。口が悪く、さくらを「ブス」と呼ぶ。
ソニア・ドセル
出演 - 長谷川愛
娘娘飯店の店長をやっている女性。青いウェーブがかった髪をしている。『超時空要塞マクロス』に登場したゼントラーディ兵ロリー・ドセルの孫娘。文化に感化された祖父の影響で歌うのが好き。店で揉め事があれば、自ら鉄拳制裁を加える。
シャルロット・マリオン=グラス
出演 - 富田麻帆
ツーナインの市長セルジュの娘。髪は栗色のロール。フロンティアのキャサリン・グラスは、シャルロットの従姉にあたる。高飛車かつ自己中心的で雰囲気を察することができないところがあるが、曲った事が嫌いで、正々堂々と戦うことを好む。ミス・マクロスの発案者。
ゼガンド
出演 - 林野健志
ネオ・ゼントランのサブリーダーでヴィーゴよりも武力主義への思いは強い。ダリルに恋心を抱いている。
アフロ
出演 - 加古臨王
娘娘で働いている男性。女言葉で話す。ヴィーゴのファン。
セルジュ・コーバン=グラス
出演 - 小林健一
ツーナインの市長。市長としては頼りなく、市民の支持率は低い。シャルロットの父だが、娘には頭が上がらない。元マクロス・フロンティア大統領の故ハワード・グラスとは兄弟だが、自分は市長止まりなことに引け目を感じている。マクロスグッズをコレクションしている。
ボドム
出演 - 高橋光
ホームレスのゼントラーディ人。ツーナインの社会に不満を抱いている。

用語[編集]

マクロス29(マクロス・ツーナイン)
地球を出発した29番目の新マクロス級超長距離移民船団。居住可能な惑星を探す長旅の途上にあり、都市型宇宙船(シティ29)に一般市民が暮らしている。かつては戦闘に疲れた他船団に住む人々が集うオアシスとして存在していた。その一方で「武力を持つから争いに巻き込まれる」という極端な思想下で非戦・非武装中立主義を貫き、バルキリーや護衛軍といった武力を放棄していた。しかし、その代償として他船団との交易・交渉で一方的で不利な状況を強いられ、船団経済が末期的に悪化している。市民の高まる不満が、ネオ・ゼントランの躍進につながる。
ネオ・ゼントラン
シティ29で台頭するゼントラーディ青年の一派。かつては暴動を起こす不満分子として差別されていたが、ヴィーゴの元で統制の取れた政治組織に変貌した。生来の闘争本能だけでなく、地球人の文化を身につけた新世代のゼントラーディであると主張しており、他船団と対等に交渉するためには再武装化が必要であると唱え、市民の支持を得つつある。選挙による合法的な改革を目指しているが、強硬派のゼガンドの存在もあり、内部は必ずしも一枚岩ではない。
ミス・マクロスコンテスト
2009年、マクロス艦内市街地で開催されたミス・コンテストで、リン・ミンメイが歌手デビューするきっかけとなった。以後、伝説のコンテストとして各船団で同様のイベントが催されている。シャルロットの従姉にあたるキャサリン・グラスも、準ミス・マクロスフロンティアになった経験を持つ。
娘々飯店
ミンメイの叔父がマクロス艦内で開業し、2062年に創業53年を迎える老舗中華料理店。近所の少年「よっちゃん」がのちにオーナーとなり、フランチャイズ化して各船団に支店を広げている。名物メニューは「銀河ラーメン」。シティ29支店ではソニアが雇われ店長、アッシュとアフロがアルバイトとして働いており、ゼントラーディ労働者達の憩いの場となっている。

スタッフ[編集]

シーン[編集]

第1幕
  1. 街頭(公園)
  2. 娘々
  3. スクラップ置き場
  4. 市長室
  5. 娘々
  6. ニンジン娘
  7. アジト
  8. 市長室
  9. スクラップ置き場
  10. アジト
  11. 土木娘
  12. 娘々前
  13. 回想
  14. スクラップ置き場
  15. アジト
  16. スクラップ置き場
  17. バルキリー娘
  18. 娘々前
  19. 市長室
  20. アジト
  21. 夜空の見える
  22. スクラップ置き場
第2幕
  1. コンテスト会場
  2. 楽屋
  3. コンテスト会場
  4. カーテンコール

使用楽曲[編集]

マクロス30周年ということで、「マクロスシリーズ」30年の歴史の中から多数の楽曲が使われている。また、オリジナルソングとしてネオ・ゼントランのテーマソング「ザンツ・ゼントラン」とエルのソロ曲(タイトル不明)が書き下ろされている。

第1幕[編集]

Welcome To My FanClub's Night!
作詞 - hal / 作曲・編曲 - 菅野よう子
マクロスF』より
ザンツ・ゼントラン(栄光のゼントラン)
作詞 - 三井秀樹 / 作曲 - 坂部剛
ミュージカルチャーオリジナル
Get it on〜光速クライmax
作詞 - Tim Jensen、Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子
劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』より
タイトル不明(エルのテーマソング)
作詞・作曲不明
ミュージカルチャーオリジナル
私の彼はパイロット
作詞 - 阿佐茜 / 作曲 - 羽田健太郎
超時空要塞マクロス』より
超時空飯店 娘々
作詞 - 吉野弘幸 / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『マクロスF』より
ニンジーン Loves you yeah!
作詞 - 一倉宏 / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『マクロスF』より
HOLY LONELY LIGHT
作詞 - K.INOJO / 作曲 - 須藤英樹 / 編曲 - 湯川とうべん
マクロス7』より
トライアングラー
作詞 - Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『マクロスF』前期オープニングテーマ
開拓重機
作詞 - 一倉宏 / 作曲・編曲 - 菅野よう子
劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜』より
愛・おぼえていますか
作詞 - 安井かずみ / 作曲 - 加藤和彦
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』主題歌
SEVENTH MOON
作詞 - K.INOJO / 作曲 - 河内淳貴 / 編曲 - 河内淳貴
『マクロス7』オープニングテーマ
ダイナム超合金
作詞 - 黒河影次 / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜』より
マクロス
作詞 - 阿佐茜 / 作曲・編曲 - 羽田健太郎
『超時空要塞マクロス』オープニングテーマ
ダイアモンド クレバス
作詞 - hal / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『マクロスF』前期エンディングテーマ

第2幕[編集]

スターライト納豆
作詞 - 一倉宏 / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜』より
星間飛行
作詞 - 松本隆 / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『マクロスF』より
ユニバーサル・バニー
作詞 - しほり、PA-NON、Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜』より
VOICES
作詞 - 覚和歌子 / 作曲・編曲 - 菅野よう子
マクロスプラス』主題歌
射手座☆午後九時 Don't be late
作詞 - 佐藤大、hal、マイクスギヤマ / 作曲・編曲 - 菅野よう子
オベリスク
作詞 - Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜』より
娘々Final Attack フロンティア グレイテスト☆ヒッツ!
作詞 - Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子(「ノーザンクロス」「虹色・クマクマ」「ライオン」「オベリスク」)
作詞 - しほり、PA-NON、Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子 (「ユニバーサル・バニー」)
作詞 - 安井かずみ / 作曲 - 加藤和彦 (「愛・おぼえていますか」)
『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』より
dシュディスタb
作詞 - hal / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』エンディングテーマ

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]