マーガレット・サンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1922年

マーガレット・ヒギンズ・サンガー(Margaret Higgins Sanger, 1879年9月14日 - 1966年9月6日)は、アメリカ合衆国産児制限(受胎調節)活動家であり、優生学のある側面における唱道者であり、American Birth Control League(後のPlanned Parenthood)の創設者である。子供をいかにして、何時産むかを女性自身が決定する権利についてのサンガーの思想は、初めの内熾烈な反対を受けたが、やがて人々と法廷の支持を勝ち取っていった。優生学の唱道者としてはそれほどの支持を受けてはいないが、産児制限が広く行われるようになる道を切り開いた功労者である。

以降、本項目において「性」は特記しない限り英語 sexuality の訳である。

生涯[編集]

サンガーはニューヨーク州のコーニング(Corning)で生まれた。サンガーの母、アン・パーセル・ヒギンズ(Anne Purcell Higgins) はカトリックの敬虔な信者であった。結核と頸部の癌のために死去するまでに、18回妊娠し、その内11回が生児出生だった[1]。サンガーは姉に授業料を払ってもらいながらハドソン(Hudson)にあった寄宿制の学校、Claverack Collegeに二年間通学したが、経済的にやっていけなくなった。サンガーが帰宅し、ニューヨークの裕福な郊外であるホワイト・プレインズにあった病院付属の看護学校に通い始めた1899年に母親は死去した。1902年、サンガーはウィリアム・サンガー (William Sanger) と結婚した。結核に脅かされながら、結婚翌年に男子を一人産み、さらに翌年に弟と妹を生んだが、この女の子は小さいうちに死んだ。サンガーは病気がちで、結婚してすぐ子供が生まれたので、看護学校の第三学年を終えることができず、資格をとることもできなかった。だが、新しい夫はサンガーがキャリアを追求するよりも子供を育て上げることを望み、サンガーを気遣った[2]

だが、その夫が考えた家庭は、1912年の大火で崩れ去った。サンガー一家はニューヨークシティに移り、サンガーはマンハッタン東部の貧民街で働くようになった。その年からサンガーは「全ての娘が知るべきこと」 "What Every Girl Should Know" と題するコラムを New York Call に発表するようになった。貧しい女性に「家族を制限すること」 Family Limitation というパンフレットを配りつづけ、コムストック法違反の廉で何度もスキャンダルを巻き起こし投獄された。避妊法と避妊具を広めることが猥褻行為にあたるというのである。

サンガーは1913年、夫と別れた。1914年、産児制限の普及を目的とした新聞 The Woman Rebel を始めた。1916年10月16日、ブルックリンのそばにある ブラウンズヴィル(Brownsville) に家族計画と産児制限のための診療所を開設した。この種の施設としてはアメリカ合衆国で最初のものである。これは官憲の不興を買うことになり、サンガーは猥褻郵便物(産児制限に関する情報)を送付した廉で逮捕された。起訴を逃れるためサンガーは欧州に渡り、そこで著名なSF作家H・G・ウェルズと恋仲になった。翌年、合衆国に帰ると活動を再開し、不定期刊行物の「産児制限レビュー&ニュース (The Birth Control Review and Birth Control News)」 を立ち上げた。アメリカ社会党の機関紙「呼び声」 The Call に健康に関する寄稿を行うこともあった。

1916年、サンガーは「全ての娘が知るべきこと ("What Every Girl Should Know")」を出版し、この本は後に E. Haldeman-Julius の "Little Blue Books" の一冊として広まった。月経などに関する基礎的な知識だけではなく、思春期の性 (sexuality) についても理解を広めようとするものであった。1917年には「全ての母が知るべきこと (What Every Mother Should Know)」 を出版した。この年、サンガーは「社会の邪魔者」として感化院に押し込まれた。

訪日時のサンガーと加藤シヅエ(右端はサンガーの息子)。

Lothrop StoddardC. C. Little と共にサンガーが American Birth Control League (ABCL) を設立したのは1921年のことである。翌1922年、サンガーは日本に渡り、日本人フェミニストである加藤シヅエと共同して産児制限運動を推進しようとした。訪日はこの他にもその後数年の間に6回に及んだ。また1922年には、サンガーは石油王 James Noah H. Slee と結婚した。1923年、ABCLの後援のもと、サンガーは臨床研究局を設立、これが合衆国で最初の合法的な産児制限診療所となった(1940年に、サンガーの功績をたたえて「マーガレット・サンガー研究局 (Margaret Sanger Research Bureau)」と改名した)。またこの年には National Committee on Federal Legislation for Birth Control を作り、会長となった。多くの州で医学的な管理下における産児制限が合法化された後の1937年に解散するまで、会長でありつづけた。1927年にはジュネーブで開かれた最初の世界人口会議の組織に当たって助力を行った。

1928年、サンガーはABCLの会長を辞した。二年後、Birth Control International Information Center の会長となった。1932年1月、en:Mirza Ahmad SohrabJulie Chanler が創立した New History Societyで演説を行い、これは後の「平和のための計画 (A Plan for Peace) 」の元となった[3]。1937年、サンガーは Birth Control Council of America の議長となり、二つの出版物を興した。The Birth Control Review 及び The Birth Control News である。1939年から1942年まで Birth Control Federation of America の名誉代表をつとめた。1952年から1959年まで、私設のものとしては当時最大の国際家族計画機関であった International Planned Parenthood Federation の会長をつとめた。

1960年のアメリカ合衆国大統領選挙において、サンガーはジョン・F・ケネディ候補が産児制限に関してとっている態度にうろたえることになった(ケネディは産児制限を国政の問題とするべきではないと信じていた)。ケネディが当選したらアメリカ合衆国を去ると言っていたサンガーであったが、後に態度を改めた。

1960年代の初め、開発されたばかりの経口避妊薬の利用を推進した。欧州、アフリカ、アジアを回り、講演を行い診療所の設置を援助した。

87歳でサンガーが死去したのは1966年、アリゾナのツーソンでのことである。数か月前にグリスヴォルド事件(避妊法の指導者が州法違反として訴えられた事件。避妊具利用法の指導を禁止したコネチカット州法が違憲とされた。プライバシー権を認めた判決としても重要。Griswold v. Connecticut 381 US 479)の記念碑的な判決が出た直後であった。この判決で、合衆国においては夫婦の間の産児制限が合法化されることとなり、まさに50年にわたるサンガーの闘いの頂点となったのである。

サンガーの著作は他に Woman and the New Race (1920)、Happiness in Marriage (1926)、自伝 (1938)がある。

思想[編集]

サンガーは自由な思想を持っていた父親の影響を強く受けているが、女性の健康や出産への自分自身を含めた社会の無理解に深く失望したのは母親の死がきっかけであった。サンガーはまた、一般社会及び宗教上の権威者が女性を男性の下におき続けようとして、自らの発した性及び避妊に関するメッセージを検閲することも批判した。無神論者として、それらのメッセージに反対するキリスト教信仰を、反啓蒙主義的であり、女性問題について理解がなさすぎるとして攻撃した。女性の間で性病の危険性への認識が低く、治療機会も少ないことについて特に厳しく批判した。サンガーによると、これらの社会悪は体制側の男性の中に本能的に存在する女性を無視し続ける態度に因って来るものである。サンガーはまた現代社会が性病患者の登録管理を行っていないことにも痛罵を浴びせた(麻疹のような強制的に届け出を行っている感染症と対比させた。なお、2006年現在日本では麻疹は感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の定点把握の対象であり、全数届出が求められる伝染病ではない)。

サンガーは自ら社会主義者と名乗っており、若い労働者階級の女性が置かれた満足すべきでない状況について、現代資本主義の悪であると非難している。この点は「全ての娘が知るべきこと」の最後のページから明白に見て取れる。

性の心理学[編集]

サンガーの人体生理学についての理解及び実践的アプローチは当時としては進歩的ではあったものの、人間の性についての心理学に関する考え方は19世紀のフロイト以前の段階にとどまっており、ここにサンガーの限界があった。サンガーにとっての産児制限は、性交の望まざる副作用を抑制することに大きな意味があり、男女のセックスの楽しみを解放する手段としてではなかったように見える。「全ての娘が知るべきこと」には次のくだりがある:(引用部分につき訳出せず。大略、まともな男女がまともに頭を使っていれば男の性衝動なんて楽勝で抑えられる、という程度の意味)。性はサンガーにとってはある種の弱さであり、それを埋没させてしまうことが強さの現れであった。サンガーは、「セックス細胞」は生殖のために発射されるが、その液にはいろんなエッセンスがある。そういったエッセンスをもっと建設的な用途に向けるとすごいことができる。娘が恋愛などで体を使うのは自慰と変わらない、と述べている。

人類の発達に関するサンガーの思想には、人種差別の色が濃い。魚や両生類にはちっぽけな脳しかなく、性衝動をコントロールできない。似たように、アボリジニの脳はチンパンジーに毛を生やした程度なので、あふれる性衝動を抑えるには警察が必要だ、と語っている。

サンガーはまた、自慰を危険なものと見なしていた。サンガーによれば、慢性自慰患者程手に負えないものはなく、自慰ばかりやっていると大きくなっても自然なセックスができなくなってしまうという。また、サンガーにとって自慰は単なる肉体運動ではなく、精神状態の一つでもあった。思春期を過ぎた頃の男女が行う最悪の自慰は、猥褻な画像を思い浮かべたりする精神的なものであり、それによって脳が猥褻画像漬けになってしまう、との警告も発している。

優生学と安楽死[編集]

サンガーは社会哲学の一つである(現在では疑似科学として批判されている)優生学の唱道者であった。優生学によると、人類の遺伝的資質は社会的介入によって向上させることができる。「遺伝的に不適当な」人物をターゲットとして優生学者がすすめた社会的介入法としては、選択的な生殖、断種安楽死が含まれた。例えば1932年にサンガーは、「悪い家系」を断つための断種と隔離を行う「強固なポリシー」について触れている。

生物学と遺伝学の進歩によって、サンガー流の方法、障害者が子供を産めないようにして人類の資質を向上させるような方法は実際には無効だろうと考えられるようになった。しかし20世紀初めのアメリカ合衆国では、サンガーも強力に押し進めていたこの優生学運動は強い影響力を得た。アメリカの優生学者の努力の結果、何万人単位で断種が行われたり、コロニーに強制隔離される人が出たりしたほどの力があった」[4]

アメリカ合衆国における優生学運動はナチの優生学運動(T4作戦ホロコースト等)の勃興に直接的な責任があるといわれている。[5]。エドウィン・ブラック Edwin Black は、「優生学の応用はヒトラーを魅了し、アメリカの優生学者自身がナチスドイツはアメリカに『追いつけ追い越せ』状態だと認めていた[5]

ヒトラーの優生学的政策によって「支配者民族」をつくろうとする熱意は、もとをただせば白人優位主義によるものである。優生学は白人優位主義そのものではないが、総じて関連したコンセプトである。サンガーは消極的優生学による「人種衛生」の考えを推進した。もっとも、サンガーの著作には特定の人種が総体として他の人種に比べ優生学的に優位であるないし劣位であると示した部分はないし、ナチの反ユダヤプログラムを「悲しく、恐るべきこと」[3]とした。ブラックは、ヒトラーの人種差別、反ユダヤ主義には英語圏の影響はなく、合理化のためだけに優生学を持ち出したのであり、これは疑似科学によくあることである、と続けている[6]

サンガーは産児制限を「優生学的に劣る」 (dysgenic) 子供が生まれないようにするための手段と見ていた。そうすれば、生まれてさえこなければその子が不利を被ることもなくなるからである。また、「積極的優生学」(「適応者」の出産を増やす)を実際的でないとして退けた。多くの優生学運動の指導者たちが「不適応者を積極的に安楽死させよ」と叫んでいたが、サンガーは反対の立場をとった。ブラックは、「Robinson は駄目人間に青酸カリを注射しろというが、サンガーは反対した。産児制限運動仲間とは違い、自分自身は不適応者もその子も電気椅子 —原文では lethal chamber —送りにするなど信じられない」と語っている[7]

後世への影響[編集]

現在でもサンガーについての論議はつきない。現代に続く産児制限運動の指導者として広く認識され、またアメリカ合衆国における産む権利 (reproductive rights) 運動の象徴である一方、「堕胎推進者」として非難を浴びせる人もいる(もっとも、これはアンフェアというものだろう。サンガーの生涯を通じ妊娠中絶は非合法であって、— 訳注: これはアメリカ合衆国の事情である。日本では第二次世界大戦後優生保護法が制定され、ザル法的に事実上妊娠中絶は合法化された。妊娠中絶産児制限参照 — 従って Planned Parenthood が妊娠中絶を支持したことも合法化のためのロビー活動をしたこともない)。家族計画運動 (Planned Parenthood) や妊娠中絶合法化に反対するグループはサンガーの考え方を攻撃し、その際サンガーの努力に対し、産児制限は優生学による人種の「浄化」を願ったものだ、それどころか、マイノリティの近所に産児制限診療所を置き、彼らの絶滅を期しているのだと当てこすった[8]。このため、サンガーの主張はたびたび文脈を無視して部分的に引用され、逆に社会主義や優生学への関与はしばしば合理化されたり、支持層や伝記作家から無視されたりする。

サンガーを人種差別主義者とするいわれのない非難にもかかわらず、マイノリティに対するサンガーの業績は市民運動の指導者、例えばキング牧師からの敬意を受けている[9]。同書(Planned Parenthood)によれば、サンガーは1930年にハーレムで家族計画診療所を開いた際に黒人スタッフを採用し、地域の大いなる支持を得たという[10]

(訳注: 次のパラグラフは引用を多く含むので訳出しない。人工妊娠中絶に対するサンガーの態度について述べたパラグラフである。大略以下の通り。サンガーが人工妊娠中絶に反対したのは闇堕胎で母体が損なわれることを若いうちから知っていたためである。人工妊娠中絶はいずれ合法化されようが、避妊が行き渡れば必要性を失うであろう、と考えていた)[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Steinem.
  2. ^ Chesler.
  3. ^ a b Pouzzner.
  4. ^ Black (Eugenics and the Nazis)
  5. ^ a b Black (The War Against the Weak), (Introduction)
  6. ^ Black (The War Against the Weak), 269
  7. ^ Black (The War Against the Weak), 251
  8. ^ Marshall
  9. ^ Planned Parenthood Federation of America.
  10. ^ Knowles.
  11. ^ Gray.

出典[編集]

関連文献[編集]

サンガー自身によるもの[編集]

他の著者によるもの[編集]