マーガレット・ミード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・ミード

マーガレット・ミード(Margaret Mead, 1901年12月16日 - 1978年11月15日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれの文化人類学者。コロンビア大学で彼女を指導したルース・ベネディクトとともに20世紀米国を代表する文化人類学者と評価されている。

経歴[編集]

バーナード・カレッジフランツ・ボアズ人類学講義を聞き、コロンビア大学で博士号を取得。ポリネシアサモア諸島で、1925年から1926年にかけフィールドワークを行なう。1926年よりニューヨークアメリカ自然史博物館で研究員補を振り出しに研究職を務め、また1954年からコロンビア大学で教鞭をとった。

文化人類学の発展期にあって数多くのフィールドワークをこなし、精力的に研究を行った。また文化人類学を利用した社会評論や一般向け著作にも熱心に取組み、文化人類学の普及には多大な貢献があった。

"gender"という用語はもともと身体的性を示す言葉として存在していたが、ミードは「社会的・文化的性」という意味でのジェンダー研究を行った先駆者でもある。著書の一部はジェンダーが社会的に構築されたものであることを立証するとしてフェミニストたちから注目され、現在でも日本の社会学によって流用され続けているが、調査内容が間違いであったと指摘されている。また、ミード自身も「男女の役割が逆転した社会を発見した覚えはない」と語っている。

ニューギニアの3つの部族に関する記述[編集]

以下に『3つの原始的社会における性と気質』(1935年)に於ける記述の一部を記載しておく。なおこの研究成果については「観測方法が主観的である」等の理由から批判的な意見も多く真偽のほどは不明である。

  • アラベッシュ族は、男性も女性もたいてい非攻撃的で、子どもに対して暖かく愛情を持って接する。
  • ムンドグモール族は、男性も女性も攻撃的で、子どもに対しても冷たく放任的である。
  • チャンブリ族の文化は最も珍しく、男性は服従的で消極的である。

デレク・フリーマンによる批判[編集]

サモアの文化に興味を抱いて40年間に渡り研究を続けたニュージーランドの文化人類学者であるデレク・フリーマンは、その著書『マーガレット・ミードとサモア』の中で、ミードの著書『サモアの思春期』を、「根本的に間違っている」と切り捨てた。フリーマンによれば、このミードの調査は、サモアの言葉が分からないミードの数ヶ月でしかない滞在の間の「事実誤認」によるものだという。

このフリーマンの手によるミードの批判書『マーガレット・ミードとサモア』は、ミードを好意的に評価する欧米のフェミニストからすらも「綿密に細部を検討・調査して作られた学術書」だと評価されている[要出典]。とはいえシャンクマンによる2009年の詳細な著書ではフリーマンの主張の多くがでっちあげだとしている[1]

フリーマンによるこの批判書により、当時の米国の学会に激震が起きた。すでに「性役割は社会的につくられたもの」だとするフェミニズムの主張の多くが、このミードの調査に基づいたものだったからである。しかしながら、このフリーマンによる批判があるにもかかわらず「ある部族でのミードの発見」は日本のジェンダー論者によっていつまでも使い回しにされており、「性役割は生得的なものとは限らない」という話の枕に、この事実誤認によるミードの調査結果が必ずと言ってもよいほど登場させられている。

私生活[編集]

師であったベネディクトとは同性愛との関係にあったとの推測(下記のヒラリー・ラプスリーの著書)が存在するが、事実として確定されているわけではない。またグレゴリー・ベイトソンとは公私にわたるパートナーであった。ベイトソンとの娘のメアリー・キャサリン・ベイトソンも文化人類学者。

著書[編集]

  • 『サモアの思春期』
  • 『マヌアの社会組織』
  • 『3つの未開社会における性と気質』
  • 『男性と女性』
  • 『人類学者の研究生活』
  • 『女として人類学者として マーガレット・ミード自伝』(平凡社, 1975年)
  • 『フィールドからの手紙』

関連文献[編集]

  1. ^ Shankman, Paul (2009). The Trashing of Margaret Mead: Anatomy of an Anthropological Controversy. University of Wisconsin Press. ISBN 9780299234546.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]