ボレイ型原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Project955 Борей K-535 Yuri Dolgorukiy at sea trials.jpg
経歴 Russian naval ensign
形式 原子力弾道ミサイル潜水艦
計画番号 Project955
ロシア名 Борей
NATO名 Borey
米国名 Borey
諸元[1]
全長 170m
全幅 13.5m
全高
吃水 9.0m
推進機関 OK-650V加圧水型原子炉(PWR)200MW ×2基
蒸気タービン ×1基
ディーゼル発電機×2基2.5MW
モーター4.1MW
乗員 107名 (うち士官55名)
速力 水上:15ノット
水中:25ノット
最大潜航深度 380-450m
作戦可能日数 40日
武装: 3M14ブラヴァー(SS-NX-32)SLBM発射筒×16基
SS-N-16 ヴォドパート対潜ミサイル
533mm魚雷発射管×6門

ボレイ型原子力潜水艦(-がたげんしりょくせんすいかん)はロシア海軍の第955号計画(プロジェクト955)弾道ミサイル原子力潜水艦である。

名称[編集]

「ボレイ(Борей)」は、この第955号計画に付けられたニックネームであるが、従来のNATOコードネームに代わって、西側諸国でも本型を指す名称として用いられている。1番艦の名を採って「ユーリイ・ドルゴルーキイ級」と呼ばれるケースは極めて少ない。一方、同じ第4世代原潜である第885号計画ヤーセン型潜水艦は、1番艦の名を採って「セヴェロドヴィンスク級」と呼ばれることがある。

設計[編集]

ボレイ型はロシアの第4世代の新型戦略原潜で、従来の戦略原潜の2~3倍の能力を持つと言われている。設計はタイフーン型ではなくデルタIV型のものを受け継いでいるが、弾道ミサイルの小型化により[2] 、デルタ型の特徴であった一段高くなったミサイル搭載区画はかなり低くなっており、攻撃原潜とさほど変わらなくなっている。セイルは、ヤーセン型などにみられる流線型のものではなく従来どおりの長方形だが、逆台形の傾斜がかけられておりステルス性が考慮されている。1番艦の進水式では、艦尾は白い布で覆われていたが、その形状からシュラウドリング付きポンプジェット推進方式を採用していると見られる。搭載弾道ミサイルは、667BDRM(デルタIV)の16基から、12基に減少も検討されたが、結局16基に落ち着いた。なお、建造中の2番艦と3番艦は955A型として艦体を延長し、3M14ブラヴァーを20基搭載する計画もあったが[3]、後に3番艦と4番艦を艦体延長型として建造する計画とも[2]、艦体延長は4番艦以降の09552型に施すとも言われていた[4]。最終的に4番艦以降が955A型となり、SLBMの搭載数は16発のままの予定である[5]

進水後の1番艦は、アーチ状屋根付きの浮きドックで最終艤装が行われており、衛星でも詳しく見る事が出来ないようになっているため、詳細な仕様は不明な点が多い。ボレイ型とヤーセン型は部品を共有しているとの説もあり、1番艦には建造中だったアクラ型原子力潜水艦K-133・K-137や、オスカー型原子力潜水艦K-135・K-160の艦体が流用されている[3]

水中音響システム[編集]

ソナーは、ヤーセン型と同じ最新鋭の複合水中音響システムであるMGK-600"イルティシュ・アンフォラ"を搭載する。MGK-600は、艦首ソナー"アンフォラ"と情報処理装置"イルティシュ"を中心に敵味方識別装置・アクティブ/パッシブソナーなどの各種探知機を組み合わせた複合体で、デジタル情報処理技術を大幅に取り入れている。MGK-600は、アメリカ海軍のバージニア級原子力潜水艦のソナー・システムよりも高性能だと期待されている。一方で、製作するオケアンプリボル社は2006年ウラジミール・プーチン指示の元に設立された新興企業だが、首脳部にソ連時代からの水中音響の権威がいるため、冷戦時代以来の「アクティブ重視・パッシブ軽視」の風潮が未だに濃く、しかもロシア国防省2006年2007年に、国産ソナーと欧米製ソナーの比較試験を指示してもロシア海軍総司令部が2度とも断るなど、政治的問題が大きく関わっている[3]2009年7月2日に、ドミートリー・メドヴェージェフ大統領がユーリイ・ドルゴルーキイを視察した際には、同行したヴィソツキィ海軍総司令官が「音響測深機(Эхолот)」の問題を進言し、メドヴェージェフ大統領が「改善しなければ外国製を買うとオケアンプリボルに伝える。」と発言する[3]など、その問題は深刻となりつつある。

搭載ミサイル[編集]

建造当初は、R-39(SS-N-20)の後継としてマケエフ記念設計局が1986年に開発を開始したD-19UTTH/ R-39UTTH 「バルク(Bark)」(SS-NX-28)潜水艦発射弾道ミサイルを12基搭載する予定だった。バルクは、R-39と同様に固体燃料ロケットエンジンを使用し、北極海の氷を突き破って水中発射することが可能で、高軌道と低軌道を選択することができた[3]。しかしバルクは3回連続で試射に失敗し、予算不足も相まって開発は中止。急遽、1998年に就任したクロドエフ海軍総司令官の指示で、SS-27 トーポリMの艦載型3M14「ブラヴァー」(SS-NX-30)を開発して搭載する事となった。そのためバルクの搭載を前提に設計され、既に建造に着手されていたボレイ級は再設計する必要が生じた上、試験のためにタイフーン型原潜「ドミトリー・ドンスコイ」を試験艦に改装するなど、ただでさえ予算不足のロシア海軍の財政をさらに圧迫した。しかも、開発を担当したモスクワ熱光学研究所は潜水艦搭載弾道ミサイルの開発経験が無く、その前途は多難なものが予想できた[3]

新たに搭載される3M14ブラヴァーは、2004年5月24日に固体燃料エンジンが試験中に爆発する事故に見舞われながらも、ドミトリー・ドンスコイを改造した941UM型潜水艦で試験が行われ、2005年9月17日、ようやく発射実験に成功、バレンツ海から発射されたミサイルは、カムチャツカ半島沖に着弾した。これによって、ブラヴァーの実用化にも目処が付き、本型の最大の懸案事項であった搭載ミサイルの実用化の問題は解決され、一時は西側観測筋から建造中止の可能性が囁かれていた本型の就役も現実味を帯びてきた。ところが、その後行なわれた9回の発射試験は、9回中4回のみ成功し、しかも成功した4回も2回はMIRVの分離機構が故障したままであった[3]。ドミトリー・ドンスコイに詳しい海軍将校によると、出航後の座礁や発射機の突然の故障、整備不良、人的ミスによって発射未遂に至ったケースがさらに10数回あるという[4]2007年11月の7回目の実験の際に、モスクワ熱光学研究所は「少なくとも10~14回の発射試験が必要。」と報告している。2008年12月23日の試験で5回目の失敗を喫した3M14ブラヴァーは開発中断に追い込まれたが、2011年夏に2回目の実験成功を収めた[3]。その後ユーリイ・ドルゴルーキイで行なわれた試射も2回連続で成功し、ようやく実用化の目処がついた。

建造[編集]

2009年7月2日、セヴェロドヴィンスクで公試中の「ユーリイ・ドルゴルーキイ」を視察するドミートリー・メドヴェージェフ大統領。

建造計画は、ソ連時代の1982年に始まり[2]1985年11月にはルビン中央設計局で、3M91「バルク(Bark)」ミサイルとD-31発射機を12基装備する955型と、新型ミサイルとD-35発射機を12基装備する935型の設計が始まった。1990年にはマケエフ記念設計局が設計したD-35発射機が不採用になり、955型に設計が絞られ、14隻の建造計画が立てられたが、ソ連崩壊により計画は一旦中断した[4]。国防省は、同型艦を2020年までに8隻調達する事を計画しており、北方艦隊と太平洋艦隊に各4隻が配備される予定である[6]

1番艦は1995年8月19日に艦艇リストに入籍し、「サンクト・ペテルブルク」と命名されたが、1996年5月1日に「ユーリイ・ドルゴルーキイ[註 1]」に改名された。その後、予算不足による建造中断などの紆余曲折を経て、2007年4月15日、ロシア北部にあるセヴマシュ(セヴェロドヴィンスク造船所)で進水した。進水の予定は3月18日、インテルファクス通信にセヴマシュ関係者から伝えられており、進水記念式典の模様はメディアでも報道された。進水記念式典でユーリイ・ドルゴルーキイが初公開されたが、その姿はそれまでの予想とは全く違う形であった。ソ連崩壊に伴い、造船所の技師や熟練工が流出した上、ウクライナから供給されていた特殊鋼や設備が独立ウクライナから供給を断られ、さらに予算不足、しかも1番艦は設計変更まであったため起工から進水に10年もかかっており、設計変更後の2番艦でさえ、起工から進水に6年を費やしている[4]2009年6月から公試が始まり、消磁関係で重大なトラブルがあるなど幾つかの問題点が指摘されたが、10月上旬にはトラブルが解決されて終了した[7]。当初、2009年末から2010年初頭に引き渡される予定だったが、3M14ブラヴァーの開発が不調であるため、2010年内に延期された[8]。2012年になって3M14ブラヴァーの配備に目処がつき、年内に艦隊とともに海軍へ引き渡される予定であったが、急激なインフレで1番艦の建造費だけで230億ルーブルに達し、政府が海軍に融資した200億ルーブルを超過しており、さらに造船所が自己資金で建造した費用1,800億ルーブルの追加融資も要求してきたため、引渡しがいつになるかは不透明なままであった[4]。1番艦と2番艦は北方艦隊白海海軍基地第339特別建造・修理原潜旅団で完熟訓練と試航を行なっていたが、前者は北洋艦隊所属の乗員で後者は太平洋艦隊所属の乗員で運用していた[3]。2012年4月19日、アレキサンドル・スホルコフ第1国防次官は、1番艦が6月半ばに、2番艦が8月に就役する見通しであると発表した[9]。最終的に2013年1月10日[10]北方艦隊の第31潜水艦師団に就役した。「ユーリイ・ドルゴルーキイ」は完熟訓練を実施中で、実際のパトロール航海を始めるのは2014年中になる予定である[5]

2番艦「アレクサンドル・ネフスキー」は2004年3月19日の海軍潜水艦隊記念日に起工され、2013年12月21日に太平洋艦隊に就役した。3番艦「ウラジーミル・モノマーフ」は2006年3月19日に、海軍潜水艦隊創設100周年記念式典の一環として起工された。2012年4月に主要艤装が完了したと発表され[9]、2014年中に太平洋艦隊に就役する予定である[5]

改良艦となる4番艦「クニャージ・ウラジミール」[5]の起工式は2009年7月24日の海軍記念日に行なわれる予定であったが、ヤーセン型原潜「カザン」が起工されたのみであった[3]。しかし、一部艦体ブロックの建造は始まっており、文書上のみ未起工扱いのままとなっていた[4]。延期されていた4番艦の起工式は、2012年7月30日に行われた。

ロシア海軍は今後8艦を建造する予定で、2020年以降には発展型の開発が行われる予定である[11]

同型艦[編集]

艦番号 名称 造船所 起工年 進水年 就役年
K-535 ユーリイ・ドルゴルーキイ 402 セヴマシ 1996年11月2日[8] 2007年4月15日[註 2][4]
2008年2月12日[8]
2013年1月10日[10]
K-550 アレクサンドル・ネフスキー 402 セヴマシ 2004年3月19日 2010年12月6日
2010年12月13日[註 3][4]
2013年12月21日[12]
- ウラジーミル・モノマーフ 402 セヴマシ 2006年3月19日 2012年12月30日[13] 2014年12月(予定)
- クニャージ・ウラジミール[5] 402 セヴマシ 2012年7月30日[14] - 2015年(予定)[2]
- アレキサンドル・スヴォーロフ[5] 402 セヴマシ 2013年(予定) - -
- ミハイル・クトゥーゾフ[5] 402 セヴマシ 2013年(予定) - -
セヴマシ(ПО "Севмаш")
セヴマシとはロシア連邦国営単一企業「製造会社セヴマシ」の事である。セヴェロドヴィンスク第402造船所ともいう。アルハンゲリスク北方に位置する。6万トン級の戦艦も建造できる大型ドックを有しており、1933年に操業開始した。1950年代中期以降は、もっぱら原子力潜水艦を専門に建造しており、タイフーン級を初めとするSSBN(弾道ミサイル搭載原子力潜水艦)やオスカーII級など多数の原子力潜水艦を建造した。
近年では、インドに引き渡された空母「ヴィクラマーディティヤ」(改キエフ級VTOL空母アドミラル・ゴルシコフ』)の改造工事も請け負っている。民間の船舶も多数建造し、油井やガス井探査用のプラットフォーム、大型汽船、商業用船舶、小型船、精糖設備、高級家具、純水装置なども製造している。

[編集]

  1. ^ 『世界の艦船』は「ユーリ・ドルゴルキー」、『産経新聞』は「ユーリー・ドルゴルーキー」と表記している。
  2. ^ 4月15日に浮きドックへ移送されて進水式も行なわれたが、直後にドックへ戻って艤装し、翌年2月12日に再進水した。
  3. ^ 12月6日に艦体は進水したが、12月13日にプーチン首相がゼヴマシを視察して進水式が敢行された。

参考文献[編集]

  1. ^ 「世界の海軍2010 - 2011」『世界の艦船』第723集(2010年4月増刊号) 海人社
  2. ^ a b c d 「写真特集 世界の戦略原潜2011」『世界の艦船』751集(2011年12月号)海人社
  3. ^ a b c d e f g h i j アンドレイ・V・ポルトフ「注目の新型戦略原潜「ボレイ」型」『世界の艦船』712集(2009年10月号)海人社
  4. ^ a b c d e f g h アンドレイ・V・ポルトフ「実戦配備間近!?ロシアのボレイ型SSBN」『世界の艦船』751集(2011年12月号)海人社
  5. ^ a b c d e f g 小泉悠「ロシア潜水艦隊の将来展望」『世界の艦船』785集(2013年10月号)海人社
  6. ^ 「海外艦艇ニュース ロシアの新型戦略原潜は来年極東配備か」『世界の艦船』741集(2011年5月号)海人社
  7. ^ 「海外艦艇ニュース・露新型SSBNユーリ・ドルゴルスキーが長期公試を終了」『世界の艦船』通巻717集(2010年1月号) 海人社
  8. ^ a b c 「公試進むロシア新型戦略原潜「ユーリ・ドルゴルスキー」」『世界の艦船』712集(2009年10月号)海人社
  9. ^ a b 「海外艦艇ニュース ロシア戦略原潜ボレイ型の動静」『世界の艦船』764集(2012年8月号)海人社
  10. ^ a b 海外艦艇ニュース ロシア海軍の新型戦略原潜就役」『世界の艦船』776集(2013年4月号)海人社
  11. ^ ロシア海軍のボレイ級戦略原潜は2020年以降に更なる発展型が開発される
  12. ^ http://idrw.org/?p=31047
  13. ^ Russia to Float Out New Borey Class Sub on Dec. 30
  14. ^ Putin Attends Nuclear Sub Ceremony

外部リンク[編集]