シエラ型原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sierra class SSN.jpg
シエラ2型
概要
名前: シエラ型原子力潜水艦
建造: ゴーリキー, 後に艤装の為にセヴェロドヴィンスクへ回航された
運用:  ソビエト連邦海軍
 ロシア海軍
前級 : アルファ型原子力潜水艦
次級: アクラ型原子力潜水艦
完工: 4隻
現役: 3隻
損失: 0隻
引退: 1隻
仕様諸元
排水量 シエラ I:
7,200 トン (浮上時)
8,100 トン (潜航時)
シエラ II:
7,600 トン (浮上時)
9,100 トン (潜航時)
全長: シエラ I: 351 ft (107 m)
シエラ II: 364.2 ft (111.0 m)
全幅: シエラ I: 41 ft (12 m)
シエラ II: 46.6 ft (14.2 m)
機関: シエラ I & II: 1 × PWR, 190 MW
2 × 1,002 hp 非常用電動機
1軸式, スクリュー2基
速力: シエラ I & II: 10ノット (18.5 km/h) (浮上時)
シエラ I: 34ノット (63.0 km/h) (潜航時)
シエラ II: 32ノット (59.3 km/h) (潜航時)
航続距離: 食料の補給以外は制限が無い
総員: シエラ I & II: 61人
兵装: シエラ I & II:
25.6 in (650 mm) 魚雷発射管4門
21 in (530 mm) 魚雷発射管4門
SS-N-21 Sampson SLCM と 200 kt 核弾頭
SS-N-15 Starfish 対潜水艦兵器: 200 kt 爆雷または 90 kg HE 型 魚雷40本
SS-N-16 Stallion, 200 kt 爆雷または 90 kg HE 型 40 torpedo
機雷敷設仕様: 魚雷の代わりに機雷42基

シエラ型原子力潜水艦(シエラがたげんしりょくせんすいかん Sierra class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍の攻撃型原子力潜水艦である。1・2・3型のサブタイプが存在する。 シエラ型の名称はNATOコードネームであり、シエラ1型、2型、3型が命名されている。ソ連海軍の計画名は945型潜水艦(バラクーダПодводные лодки проекта 945 "Гранит")、945A型潜水艦(コンドルПодводные лодки проекта 945A "Антей")、945B型潜水艦(マルスПодводные лодки проекта 945B "Марс")である。

シエラ1型 前上方からのショット

概要[編集]

船体はチタン合金で作られており、強度が大きいので深深度潜航ができるという特徴を有する。また、船殻に吸音タイルを用いているので秘匿性に優れている。当初はヴィクター3型型原潜の後継としてかなりの隻数が建造される予定であったが、財政上の理由により断念され、少数の建造に終わった。全艦、内陸部のニジーニー・ノヴゴロド(旧ゴーリキー)に有るクラースノエ・ソルモーヴォ造船所(第112海軍工廠)で建造された。なお当初は、極東方面コムソモリスク・ナ・アムーレのレニンスキー・コムソモール記念工廠(第199海軍工廠)でも建造される予定だったが、同工廠ではチタンの加工が出来なかったために断念された(シエラ型を受注し損なった同工廠には、後にアクラ型が発注された)。

シエラ1型の一番艦は1984年に就役し、2隻が建造された。同2型は1990年から就役を開始し、同じく2隻が建造された。同3型に関しては確たる情報がないが、建造が途中で中止されたものといわれている。種々のミサイルを運用する本艦級は維持費が非常に高い。現在1型は1隻が退役済であるといわれる。

本型は就役当初はKナンバーが割り当てられており、「原子力海中巡洋艦」に分類されていたが、ソ連崩壊後、Bナンバーに変更され、類別も「一等原子力大型潜水艦」となった。

諸元(1型)[編集]

同型艦(1型)[編集]

  • B-239:既に除籍。
  • B-276:「コストロマ」、1992年、米原潜「バトンルージュ」と衝突して大破。その後、退役したと見られていたが、修理され現役復帰していた事が判明した(「バトンルージュ」は修理を断念して除籍された)。

諸元(2型)[編集]

同型艦(2型)[編集]

  • B-534:「ニジーニー・ノヴゴロド」
  • B-336:「プスコフ」

3型[編集]

進水・就役せず

関連項目[編集]