フォックストロット型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォックストロット型潜水艦
キューバ海軍のフォックストロット型潜水艦
艦級概観
艦種 航洋型潜水艦
計画番号 641計画
艦名 原則として「B + 1桁~3桁の番号」
一部の艦は共産党に関する艦名が付随。
同型艦 58隻
1番艦就役:1957年
前級 611型潜水艦
次級 641B型潜水艦
性能諸元
排水量 水上:1,952tトン、水中:2,475トン
全長 90m
全幅 7.4m
吃水 5.9m
予備浮力
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
ディーゼル×3基(6,000馬力
電動機×3基(5,400馬力)
3軸推進
電池
最大速力 16ノット(水上)
15ノット(水中)
9ノット(シュノーケル航行時)
潜航深度 230m
航続力 水上:20000海里/8ノット
シュノーケル航行時:700海里/2ノット
乗員 78名
探索装置
武装 533mm魚雷発射管×10門(艦首6門、艦尾4門)
魚雷×22本または魚雷×6本+機雷32個

フォックストロット型潜水艦(-がたせんすいかん Foxtrot class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍通常動力型潜水艦である。

フォックストロット型NATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は641型潜水艦Подводные лодки проекта 641)である。

開発[編集]

第二次世界大戦後に初めて建造されたズールー型潜水艦は、第二次大戦中に設計されたUボートXXI型を基にしており、能力の旧式化は必至であった。フォックストロット型潜水艦は、1950年代後半にズールー型の改良型として開発が開始される。開発を担当したのは、ズールー型と同じくルービン設計局である。設計思想面では前型の運用思想を継承し、遠距離通信能力や機雷敷設能力、対潜水艦戦闘を想定した偵察能力などを重視した一方で、欠陥であった振動問題・船体形状の改善、および可能潜航深度・水中行動力・居住性の向上などが図られている。技術的特徴としては、高出力の大型ソナーや水中聴音器を艦首部に装備し、水中聴音能力の向上を図っているのが見られる。

運用[編集]

1957年から建造が開始され、合計58隻が竣工した。また、輸出用としても建造が行われ、20隻が竣工した。ロシア海軍では2000年までに全艦が退役したが、一部の国家では現在も運用中である。

艦体が大型化したことで洋上での運用に適した艦となった641型潜水艦だが、洋上での居住性や搭載された兵器管制装置・センサー類には改善の余地があった。本型の改良型としてタンゴ型潜水艦1971年から建造されることとなった。

運用国[編集]

 ソビエト連邦海軍
 インド海軍
1967年から1974年に8隻を購入し、カルヴァリ級として運用していた。2010年9月12日をもって全てが退役。退役した7隻のうち1隻が博物館で展示中。
 リビア海軍
1978年から1982年に6隻を購入。うち2隻が現在も在籍するが、2隻とも1984年以降潜行せずに運用されている。
 キューバ海軍
1978年から1983年に6隻を購入したが、全艦既に退役。
 ポーランド海軍
1987年から1988年にソ連海軍から2隻の中古艦を取得したが、2003年に揃って退役。
 ウクライナ海軍
1997年ロシア海軍B-435を購入。ザボリージャに改名して編入したが、運用されずに保管・修理を繰り返した後に、2007年に外国への売却が発表された。しかしその後も処遇が二転三転し、ドック入りして修理中だったが、2012年にウクライナ海軍へ再就役した。

641型潜水艦が登場する作品[編集]

関連項目[編集]