ジュリエット型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Submarine Juliett class.jpg
K-77 Juliett class submarine
艦級概観
運用:  ソビエト連邦海軍
 ロシア海軍
前級 : ウィスキー型潜水艦
次級: エコー1型原子力潜水艦
所属期間: 1963年–1994年
計画: 35隻
完工: 16隻
引退: 16隻
仕様諸元
艦種: ジュリエット型潜水艦
排水量 浮上時:3,174英トン (3,225 t)
潜航時:4,137英トン (4,203 t)
全長: 90 m (281 ft 9 in)
全幅: 10 m (31 ft 2 in)
喫水: 7 m (23 ft)
機関: 2基の4,000 shp (3.0 MW) D-43 と
1基の1,750 shp (1.30 MW)
2D-42 ディーゼル機関,
2基の3,000 shp (2.2 MW) PG-141 主機関と
2基の500 shp (0.37 MW) PG-140 静粛電動機,
2基のスクリュー
速力: 浮上時:16.8 kn (31.1 km/h),
潜航時:18ノット (33 km/h)(試験時)
航続距離: 浮上時:8 knで航行時9,000 海里 (15 km/hで航行時17,000 ),
潜航時:7 knで航行時18,000 海里 (13 km/hで航行時33,000 km) 追加燃料,
潜航時:2.74 knで航行時810海里 (5.07 km/hで航行時1,500 km)
航海日数: 800時間潜航, 90日間航海
試験深度: 235 m (775 ft) 試験,
365 m (1200 ft) 設計上
総員: 82人 (士官12人, 准士官16人, 水兵54人)
兵装: 4基のSS-N-3 シャドック (P-5 または P-6), または SS-N-12 サンドボックス (P-500 4K-80 バザーリト) 核巡航ミサイル, 6門の533 mm (21-inch) 選手魚雷発射管 魚雷18本, 4門の 400 mm (16-inch) 艦尾魚雷発射管と魚雷4本
ジュリエット型 1986年8月撮影

ジュリエット型潜水艦(ジュリエットがたせんすいかん Juliett class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍通常動力型潜水艦である。ソ連初の本格的な巡航ミサイル潜水艦として開発された。

ジュリエット型の名称はNATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は651型潜水艦Подводные лодки проекта 651)である。

概要[編集]

1950年代、ソ連海軍の戦力はアメリカ海軍に比べ劣勢であり、特にアメリカが誇る空母打撃部隊(機動部隊)や水上戦闘艦隊はソ連にとって重大な脅威であった。これに対抗すべく、ソ連海軍は対艦ミサイル飽和攻撃による米艦隊殲滅作戦を企てた。そのため、大量の巡航ミサイルの運用・発射が可能な巡洋艦駆逐艦・潜水艦などが必要となった。

このため、ソ連海軍は巡航ミサイル潜水艦を構想し、まず実験台として、ズールー型潜水艦の一部にR-11ミサイルを搭載し、その可能性を検証した。次いで、本格的な巡航ミサイル潜水艦として開発されたのが、651型潜水艦であった。651型は、核弾頭を装備した艦対艦巡航ミサイル4発を搭載し、対米艦隊ミサイル飽和攻撃部隊の一角を担った。搭載兵装として、当初は慣性誘導型対艦ミサイルP-5P-6を搭載していたが、後に衛星誘導型のP-500に変更されている。

本型は技術的特徴としては、船体構造に磁場の発生を低下させるためにオーステナイト(γ鋼)製の船体構造材を採用し、静粛性向上のため50mmの硬質ゴム製吸音タイルを船体に貼り付けた。居住性も在来艦より改善され、寝台は乗組員1人につき1台の割合で配置され、空気浄化装置、空調設備も完備していた。

1960年から建造が開始され、当初は36隻の建造が予定されたが、より高性能な巡航ミサイル原子力潜水艦であるエコー型の完成により、16隻で建造は中止された。

諸元[編集]

種類 巡航ミサイル潜水艦
建造計画 第651号計画
NATOコード Juliet
基準排水量 水上3174t、水中4137t
寸法 全長85.9m、全幅9.7m、喫水6.9m
速力 水上16ノット、水中14ノット
可潜深度 240m
乗組員 82名
主機 ディーゼル発動機(4000馬力)、電動機(3000馬力)、2軸推進
兵装 533mm発射管(艦首6門、艦尾4門)、巡航ミサイル4発

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ジュリエット型潜水艦に関するカテゴリがあります。