ズールー型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Soviet submarine Amsterdam.jpg
アムステルダムのポート博物館にて撮影したズールー型潜水艦
概要
名前: ズールー型
運用:  ソビエト連邦海軍
所属期間: 1952年
仕様諸元
艦種: 攻撃型潜水艦
排水量 浮上時: 1875 トン
潜航時: 2387 トン
全長: 90 m (295 ft)
全幅: 7.5 m
喫水: 5.14 m
機関: ディーゼル機関3台 (6000 hp)
電動機3台 (5400 hp)
速力: 浮上時: 18 ノット (33 km/h)
潜航時: 16 ノット (30 km/h)
試験深度: 200 m (656 ft)
総員: 70人
兵装: 533-mm (21-インチ)魚雷発射管:艦首に6門、艦尾に4門
魚雷22本
6隻の潜水艦はR-11FM スカッドミサイルを装備

ズールー型潜水艦(ズールーがたせんすいかん Zulu class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍通常動力型潜水艦である。1・2・3・4・5型のサブタイプが存在する。

ズールー型の名称はNATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は611型潜水艦Подводные лодки проекта 611)である。

開発[編集]

1947年に、ソ連三大潜水艦設計局の一角にして海洋工学研究所のルービン設計局によって開発が開始される。技術面では、ドイツ海軍UボートXXI型の影響を受け、水中行動能力を重視して設計された。一番艦は1951年1月10日にレニングラードの海軍工廠にて竣工した。1958年までに合計で26隻が建造された。

本型は航洋型攻撃潜水艦として設計されたが、後に6隻が、P-11型ミサイル(R-11を潜水艦発射用に改造)1~2発を搭載した型式(611AV型)に改造された。これは後の、弾道ミサイル潜水艦または巡航ミサイル潜水艦の先駆的存在というべき先進的な設計であった。また1隻は、海洋科学研究用の実験潜水艦に改造された。

諸元[編集]

種類 航洋型潜水艦
建造計画 第611号計画
NATOコード Zulu
基準排水量 水上1831t、水中2600t
寸法 全長90m、全幅7.5m、喫水5.0m
速力 水上17ノット、水中15ノット
可潜深度 170m
乗組員 61-68名
主機 ディーゼル発動機3基(6000馬力)、電動機2基(5400馬力)、3軸推進
兵装 533mm魚雷発射管(艦首6門、艦尾4門)、魚雷22本または魚雷6本+機雷32個

関連項目[編集]

外部リンク[編集]