S-99 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S-99
617号計画艦、S-99
617号計画艦、S-99
経歴
運用者  ソビエト連邦海軍
建造所 Sudomekh, Galerniy Island[1]
建造番号: 617[1]
起工 1951年2月5日[1]
進水 1952年2月5日[1]
竣工 1956年3月20日[1]
最後 1959年以降に退役、解体
要目
排水量 浮上時:900トン, 潜行時:1215トン
長さ 62.2 m
6.1 m
吃水 5.1 m
推進 ディーゼル・エレクトリック
AIP ヴァルター タービン
速力 水上11ノット
水中20ノット
航海日数 45日
潜航深度 170 m
乗員 54人
兵装 533mm魚雷発射管 6基
魚雷 12基
テンプレートを表示

S-99 (Ĉ - 99)は、冷戦初期にソ連海軍が運用した潜水艦。617号計画によって開発された。実験的性格が強く、同型艦の建造は無い。

解説[編集]

第二次世界大戦後、ドイツ第三帝国から収奪した26号計画の技術資料を参考に開発が進められる。水中高速性能の向上を意図し、多数の新機軸を導入した設計であり、大きい予備浮力、複殻式船体構造、非大気依存推進系統・ヴァルター機関の搭載、などが顕著な技術的特徴である。

1945年から1946年にかけて616計画として開発された。水中での速度は19ノットで10%の予備浮力の結果は良いが不十分と判定され、その後、1949年から1951年にかけてレニングラードで新計画に引き継がれた。

1951年から52年にかけて建造され、海洋での試験の後1956年に就役し、試験時には最大22ノット前後の水中速力を発揮した。これは当時のソビエトの潜水艦で最も高速だった。1956年から59年にかけて黒海艦隊に属していた。しかし、騒音が大きく、静粛性およびソナー能力に問題ありとされ、戦力化には至らなかった。就役後は、主にロモノソフを母港として活動していたが、1959年にタービン試験のために改修計画が立てられた。1959年5月、水深40から50mの潜航に成功したが水深80mで潜航時に過酸化水素が原因とみられる爆発事故が発生した。潜水艦は浮上し、予備電力で基地に帰還した。この事故の後、S-99は退役して解体された。

諸元[編集]

種類 実験潜水艦
建造計画 第617号計画
NATOコード Whale
基準排水量 水上950t、水中1215t
寸法 全長62.2m、全幅6.1m、喫水5.1m
速力 水上11ノット、水中20ノット
可潜深度 170m
乗組員 51名
主機 ディーゼル発動機、電動機、ワルタータービン、1軸推進
兵装 533mm発射管(艦首6門)、魚雷12本

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 6123883 (S-99)"”. 2009年9月23日閲覧。