シュノーケル (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ軍に接収されたUボートXXI型3008。中央にある2本繋がれた円柱がシュノーケル

シュノーケル(submarine snorkel)は、潜水艦において、水中でディーゼルエンジンを運転するために用いられる吸気管で、名称は低地ドイツ語方言の「シュノルヒェル(鼻)」に由来する。[1]軍事においては一般的にスノートとも呼ばれる。

概要[編集]

VII型に採用された方式のシュノーケル

通常動力型潜水艦は、「潜水艦」と称しても連続潜航能力が大きく制約され、短時間であれば潜水・航行することが可能という艦艇である。代表的な通常動力型潜水艦であるディーゼル・エレクトリック方式の場合、艦内に蓄えた空気はエンジンを運転するには不十分であり、シュノーケルの開発以前には浮上中にしかエンジン推進できなかった。そのため、浮上中にディーゼルエンジンで発電して二次電池に充電、潜航時にはその電気によりモーター推進するのが一般的であった。潜航時間を延ばすためには二次電池の容量を増やすことになるが、艦内の容積から限界があった。

シュノーケルは、この問題を解決するために採用されたもので、水面上に突き出した吸気管からディーゼルエンジンへの吸排気を行い、継続的な潜航を可能とする装置である。シュノーケルの安全な使用には浸水を防ぐための弁が必要なところ、初期にはシュノーケル先端部が海水に没するとフロートが持ち上がり、連結されている吸入口が閉じられる単純な構造の物が用いられた。その後、電磁弁が採用されている。

シュノーケルの欠点として、管の長さにより潜航深度は浅く限定されてしまう。また管が波を被るような荒天時には弁が閉じて艦内の気圧が急速に低下する問題もあり、使用が制限される。

歴史[編集]

シュノーケルは、アメリカ人技術者であるサイモン・レーク1894年に開発した潜水艦、アルゴノートに装備されたことに始まり、1906年には日本初となる潜水艦ホランド改型である「第六型潜水艦」にも採用されている。初期のシュノーケルは単なる筒でしかなく、筒が海水下に沈むことで大量の海水が艦内に入り込み、それを防止する機能が十分でなかった。自動閉鎖機構の開発後も信頼性が低く、日本海軍の第六潜水艇ガソリンエンジンに装備されていたシュノーケルの閉鎖不良により浸水、沈没事故を起こしている。

その後、オランダ海軍中佐であったJ・Jウィッカースが艦内換気用として利用されていたシュノーケルでディーゼルエンジンを駆動させる事が出来ないか検討したことから、シュノーケルは発展する[2]。ウィッカースは筒先端部にフロートを利用した弁を取り付けることで海水の流入を防くことができる実用的なシュノーケルを開発、オランダ海軍O-19級潜水艦en)のO-19O-20に取り付けて実験し、良好な結果を残した。オランダ海軍は、ウィッカースの開発したシュノーケルを次のO-21級潜水艦en)にも装着した。

1940年、ドイツ軍はオランダを占領した際、ウィッカース方式のシュノーケルを装備していたO-21級潜水艦のO-25、O-26、O-27を鹵獲した。ドイツで実験が行われるも、当初はあまり関心が寄せられなかった。しかし、大戦後半になるにつれ連合軍哨戒飛行艇が多数配備され、対水上レーダーも進歩してくると、ドイツ潜水艦の浮上航行中の損害が増し始めた。そこでUボートの長時間潜航の可能性をカール・デーニッツヘルムート・ヴァルターが検討した結果、シュノーケル装備が見直されることとなった。エンジンに直接配管されたオランダ方式に対して、ドイツ海軍は吸入口のみを単純に艦内部に引き込む方式へと変更し採用している。

当初シュノーケル自体をレーダーで捕捉することができたが、ドイツは対抗策としてタルンマッテと呼ばれる電波吸着塗料を塗布したゴムカバー[3]をシュノーケルに被せる事によりレーダー波を吸収、散乱させることで、被発見率を大幅に下げることに成功している。但し完全に探知されない訳ではなく、4.8km以内ではレーダー探知が可能であった。また、シュノーケル使用中は航跡を引くため航空機から発見される可能性があり、シュノーケルから出される排気煙などを目標に目視での探索が行われている。一時的に損害を減らすことができたが、新しい探知装置が開発され護衛空母などが配備されたことにより再びドイツ潜水艦の損害は増している。その他、僅かではあるが、シュノーケル先端部に敵の対水上レーダーを逆探知するナクソスレーダー探知機en)が取り付けられたものがあった[4]

日本海軍も、太平洋戦争の末期にシュノーケル装置の実用化を図り、1945年(昭和20年)に入って「水中充電装置」の名称で既成艦及び建造中の艦に導入した。装備化されたのは昇降式のタイプで、起倒式のものはない。日本海軍の主力潜水艦の主機関は2サイクルディーゼルエンジンが多く、排気圧力が低くて水中排気には不適切(水上でも排気管水没時に排気の逆流がしばしばあった)であったため、おもに補助発電機(4サイクル機関で駆動)用に装備された[5]。補助発電機を有しない艦で、主機関が4サイクル機関である場合は片舷主機に装備(主機関が1基のみの場合はその主機関に装備)した[5]。日本海軍の場合、主機関が1基のみの場合を除いて水中での主機関の全力運転を前提としたものではなく、緊急時の水中充電能力の確保を主目的としたものであった。

その他[編集]

シュノーケルを装着したT-90戦車

戦車などの戦闘車両でも河川などを通過する場合に乗車用ハッチに取り付け使用する。

脚注[編集]

  1. ^ 『デーニッツと「灰色狼」』下巻 P126 シュノーケルの仕組み
  2. ^ Uボート入門 P191
  3. ^ Uボート入門 P456
  4. ^ http://uboat.net/technical/schnorchel.htm
  5. ^ a b 『日本潜水艦史』p141

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

uboat.net The Schnorchel (英語)