ガーヤトリー・マントラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガーヤトリー・マントラ(Gayatri Mantra)は、ヒンドゥー教における最高峰のマントラとされ、ヴェーダ聖典のエッセンスすべてを含むと言われている古いマントラのことである。

マントラ[編集]

これは沈みゆく太陽つまり夕日女神・サヴィトリーに捧げられたマントラで、他の神々に捧げられたマントラをあらゆる方面で凌ぐ、ヒンドゥー教最強のマントラとされている。

オーム
(宇宙の始まりの音)
ブール ブワッ スワハー
物質界、心の世界、因果の世界に満ち満ちている
タット サヴィトゥール ワレーニャム
至高たる、女神サヴィトリーの、実在を讃えます。
バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒー
究極の精神の輝き、聖なる真理を、深く瞑想いたします。
ディヨー ヨーナッ プラチョーダヤートゥ
かの叡智によって、我らに光があたえられ、絶対の真理を悟ることができますように。

基本的にはこのようなものである。また、発音や意味は諸説ある。