アルトゥル・シュナーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ArturSchnabel.png

アルトゥル・シュナーベルArtur Schnabel, 1882年4月17日 ビアラ(ビェルスコ=ビャワ)近郊クンツェンドルフ Kunzendorf (リプニク Lipnik - 1951年8月15日 スイスアクセンシュタイン Axenstein)は、オーストリアアメリカユダヤ系ピアノ奏者作曲家

生涯[編集]

オーストリア領ガリチアのクンツェンドルフ(現在はポーランド・リプニク)に東欧系ユダヤ人の家庭に生まれる。ここはヨハネ・パウロ2世の家系ともゆかりのある町である。モラヴィアリプニーク Lipník(ライプニック Leipnik)ではない。幼い頃から「天才少年」として楽才を発揮し、ウィーン音楽院にて幾人かのピアノ教師に学んだ後、モーツァルトピアノ協奏曲第20番のソリストとしてデビュー。デビュー後に改めて名ピアノ教師として名高いレシェティツキに師事し、一時助手も務めた。また、ブラームスからは「将来最も恐るべき天才」と絶賛された。しかし、ウィーンの雰囲気にいまひとつ馴染めなかったか、後にベルリンに引越しをしている。ベルリンでは後の夫人であるアルト歌手のテレーゼ・ベーアと出会い、彼女の伴奏ピアニストとして活躍することとなる。

1912年ごろからヴァイオリニストのカール・フレッシュなどと室内楽活動を行うようになり、室内楽のピアニストとして評価を高めていく。また、1921年にはアメリカにデビューし、その頃からベルリンで教授に就任したりフルトヴェングラーらと共演を重ねる。1927年にはベートーヴェンピアノソナタの全曲演奏を7夜にわたって開催し、「ベートーヴェン弾き」としての名声を確立する。1932年から1937年にかけて、世界で初めてのベートーヴェンのピアノソナタ全集とピアノ協奏曲全集(サージェント指揮)をレコーディング。また、ベートーヴェンのピアノソナタの解釈を詳細に記載した楽譜編集でも有名で、シュナーベル版として世界中で愛用されている。1933年からはユダヤ系であるためナチの台頭によりスイスに移住。さらに1938年からはアメリカに本拠を移し、1944年にはアメリカの市民権を取得した。

1946年3月3日カーネギーホールでのロジンスキー指揮のニューヨーク・フィルハーモニック演奏会でモーツァルトのピアノ協奏曲第23番を演奏中、第3楽章の途中で曲を忘れてしまい、演奏をやり直した。こういったアクシデントにもひるまず、第二次世界大戦後もアメリカとヨーロッパで演奏活動とレコーディング活動を続けたが、1951年8月15日に亡くなった。

シュナーベルの演奏スタイルとレパートリー[編集]

シュナーベルは技巧よりも表現を重視した演奏を行ったが、大げさな表現をよしとせず客観的な表現に特に重きを置いた。シュナーベルのベートーヴェン解釈は内面的な精神と外面の造形を絶妙に両立させたものといわれ、後の世代のベートーヴェン弾きであるバックハウスケンプらとの解釈とは一線を画す解釈を繰り広げた。現代の視点からすると、テンポのふらつきなど不満な面はあるものの、解釈の仕方としては軽視できないものがある。
シュナーベルのレパートリーは狭く、ベートーヴェン以外ではモーツァルトやシューベルト、ブラームスなどをレパートリーとしていた。ベートーヴェンに対して使った解釈を他にも当てはめていたが、シューベルトに関しては少々濃い味付けをした解釈をしていたようである。また、当時はマイナーな存在であったシューベルトのピアノソナタを広く知らしめたのもシュナーベルであった。なお、若い頃はもう少し幅広いレパートリーを誇っていた。

レコーディング[編集]

「生涯」の項で記したように、シュナーベルは世界最初の「ベートーヴェン・ピアノソナタ全集」録音の完成者であるが、これはウォルター・レッグ考案の「協会レコード」という手法によるものである。
協会レコードとは、様々な作曲家のメジャーな曲からマイナーな曲までを幅広くレコード化する目的で、その企画実現に必要な費用を「予約金」で賄うもので、第一弾としてエレナ・ゲルハルトによる「ヴォルフ協会」が1931年に企画され、これが成功すれば第二弾としてベートーヴェン・ピアノソナタ全集レコード制作の企画を立ち上げてもよいとレッグはHMVから示唆されていた。第1回ヴォルフ協会が日本からの111組という大量予約で奇跡的に成立→発売にこぎつけたため、「ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ協会」の企画が始まった。

なお、この企画がシュナーベルの事実上のファースト・レコーディングになるが、これより先の1905年頃、ピアノ・ロールに録音を残している。

ベートーヴェン[編集]

ピアノソナタ
第13集以下は「ベートーヴェン・ピアノ協会」として別勘定する書物もある(ここではナクソス・ヒストリカルの表記に拠る)。「エリーゼのために」(1932年盤)、ロンドハ長調Op.51-1もSP盤の余白埋めとしてレコーディングされている。なお、アメリカに移ってからの1942年に、第30番と第32番をRCAに再録音している。

「ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ協会」は日本からの予約が2000組になるなど大盛況となり、以後フリッツ・クライスラーによる「ベートーヴェン・ヴァイオリン・ソナタ協会」(これでクライスラーはベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲録音を初めて完成させることになる)、エトヴィン・フィッシャーパブロ・カザルスによる「バッハ協会」(フィッシャー:平均律クラヴィーア曲集全曲、カザルス:無伴奏チェロ組曲全曲)など、「協会レコード」ものが続々生まれてくることとなった。

ピアノ協奏曲
ヴァイオリンソナタ
チェロソナタ

ウェーバー[編集]

モーツァルト[編集]

シューベルト[編集]

シューマン[編集]

ブラームス[編集]

  • ピアノ協奏曲第1番(1938年1月9日12月18日:セル指揮ロンドン・フィル)
  • ピアノ協奏曲第2番(1935年11月7日・14日:ボールト指揮BBC交響楽団
  • 幻想曲集Op.116第2番(1947年6月4日
  • 間奏曲Op.117第1番(1947年6月4日)
  • ラプソディーOp.79第2番(1947年6月4日)

シュナーベルのベートーヴェン・ピアノソナタ全集を初めとする主だったレコードは現在、ナクソスなどから復刻されている。

作曲活動[編集]

シュナーベルは演奏活動の合間を縫って作曲活動も行っている。ピアニストとしてはブラームスよりも新しい作品はほとんど演奏しなかったにもかかわらず、作曲家としては当時の最先端の技法である無調の作品を残している。交響曲第2番は60分近い演奏時間を持つ大曲である。

主な作品
  • 交響曲第1番(1938年)
  • 交響曲第2番(1941~43年)
  • 交響曲第3番(1948年)
  • 7つのピアノ曲
  • ピアノソナタ

その他[編集]

長男はカール・ウルリッヒ・シュナーベルであり、米国マンハッタン音楽院のピアノ科教授を長く勤めた。父の健在時は2人でデュオを結成し、シューベルトの連弾曲を披露したこともある。

教え子にはクリフォード・カーゾンリリー・クラウスレオン・フライシャー、映画「戦場のピアニスト」で名高いウワディスワフ・シュピルマンらがいる。

フライシャーの語るシュナーベル

フライシャーは9歳から10年間シュナーベルに師事してきた。フライシャーが言うには、シュナーベルの指導方法には特に定められたメソッドはなく、また同じ曲を2日連続で練習させなかったという。また、シュナーベルはフライシャーが女性に興味を持ち出して練習に身が入らなくなったのを看破し、「もう自分の足で歩いてゆけ」と"卒業"させている。シュナーベルのレパートリーに関してもフライシャーは、「何かしらに影響されて偏見を持っていたのでは」と回想している。

参考文献[編集]

  • エリーザベト・シュヴァルツコップ著・河村錠一郎訳『レッグ&シュヴァルツコップ回想録 レコードうら・おもて』音楽之友社、1986年。
  • 岩井宏之「アルトゥール・シュナーベル 「森を見て木を見る」に徹した大局的構成感 ベートーヴェン全集は聖典として時代を画す」『続・不滅の巨匠たち』音楽之友社、1994年
  • 歌崎和彦『証言/日本洋楽レコード史(戦前編)』音楽之友社、1998年。
  • 都築正道「INTERVIEW レオン・フライシャー」『CHOPIN 2007年3月号』株式会社ショパン、2007年。
  • 畑野小百合「アルトゥール・シュナーベルの音楽思想に関する一考察」(東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文化楽論集第2郷、2012年)