ディアベリ変奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディアベリ変奏曲(ディアベリへんそうきょく)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノ曲。1823年に完成された晩年の傑作である。ベートーヴェンの「不滅の恋人」とされるアントーニア・ブレンターノに献呈された。

曲名等[編集]

  • 原題:33 Veränderungen über einen Walzer von Diabelli(ディアベリのワルツによる33の変奏曲)
  • 作品番号:120
  • 調ハ長調

作曲の経緯[編集]

1819年に作曲家で、出版業者をしていたアントニオ・ディアベリは、自らの主題によって、当時名前の売れていた作曲家50人に1人1曲ずつ変奏を書いてもらい、長大な作品に仕上げようと企画した。その中にはカール・チェルニーフランツ・シューベルトや、当時11歳だったフランツ・リストもいた(詳細はディアベリのワルツによる変奏曲集を参照)。そこにベートーヴェンも選ばれたわけであるが、当初ベートーヴェンはその主題のくだらなさのため、やる気が起きず、仕事はしばらくの間放置された。しかし、彼は1822年にその主題によって突然、変奏曲を作曲し始めた。そして演奏時間50分以上を要す、33もの長大な変奏曲に仕上げてしまった。そのような経緯からこの作品は、ディアベリの当初の企画とは別に、単独で出版されることになった。 一説には、ベートーベンはこのワルツ主題を「靴屋の継ぎ皮」と馬鹿にしており、作曲にあまり乗り気でなかったが、出版などで世話になっている関係上なんとか立派なものに仕上げたいと考え、そのためには全て自分で作る方がよいと考えたという説がある。実際、ディアベリ変奏曲でも最初の数変奏のうちに元々の主題の原型はほぼ完全になくなってしまっており、性格変奏の究極の形とも言える作品となってしまっている。出版はもちろんディアベリ出版社からされた。

曲の構造[編集]

ベートーヴェンは、晩年になって、変奏曲を自らの重要なジャンルにおくことになった。ソナタの楽章においては好んでその形式が用いられた。そしてその作風は、初期のものと比べると旋律や音型を装飾していく装飾変奏から、変奏が主題の性格そのものに及ぶ性格変奏へと変化した。

第1変奏から拍子も変化し、新しいリズムが与えられた。その後、どんどん新しい音型が登場し、対位法的なもの、瞑想的なもの、短調など、様々に曲想が変化する。それらはある意味偶然的で気まぐれなものである。しかし、作曲者の変奏技法を極限までに追求した、集大成の作品である。

特に第22変奏には、alla "Notte e giorno faticar" di Mozartと記され、ベートーヴェンはディアベリの主題と、モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』の中の「夜も昼も苦労して」の旋律を結びつけた。

第29変奏からは緩やかな短調の変奏が続き、最も遅い変奏のあとにフーガの第32変奏が続く。

第32変奏では変ホ長調フーガとなる。ここでは、主題はもはや動機レベルにまで分解されていて、元のワルツの面影はほとんどない。本来ならここで曲が終わるのであるが、斬新な転調をしたあと、第33変奏として中庸なメヌエットが奏される。これは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハゴルトベルク変奏曲が30の変奏を終えた後に、再び静寂なアリアの回帰が行われることに似ているので、ベートーヴェンはそれを意識したのではないかとも思われる。全曲は第33変奏のメヌエットのあと、コーダにおいて音価が細分化されていき、消えるような音階の上昇のあと、主和音の強奏により閉じられる。

外部リンク[編集]