カール・ウルリッヒ・シュナーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・ウルリッヒ・シュナーベルKarl Ulrich Schnabel, 1909年[1]8月6日 - 2001年8月27日[2]は、オーストリア生まれのユダヤ系のピアノ奏者。ポーランド系ユダヤ人アルトゥル・シュナーベルの長男。声楽家だった妻との間にできた娘はフルートの教師をしている。

世界60カ国以上のマスタークラスにて後進の指導にあたり、多くのピアニストに影響を与えた。ルドルフ・ゼルキンの信頼を得て、その息子ピーター・ゼルキンを幼少の頃より指導したことでも有名である。他にもリチャード・グードマレイ・ペライアなどが教えを受けている。

ドイツの音楽大学の教授を歴任した後、ナチスの台頭で米国に居を移し、米国マンハッタン音楽院のピアノ科教授を長く務めた。

以後も夏から秋にかけて父アルトゥル・シュナーベルが購入した北イタリアコモ湖畔の町ベナージオの別邸で過ごし、ヨーロッパでの演奏活動を続けた。コモ湖を望む山の中腹に立つ平屋の別邸は、スイスアルプスを一望可能であった。その別邸では、ベヒシュタイン製のマホガニーの木目が美しいピアノを愛用していた。ピアノが置いてあった部屋は、父の招きで作曲家ブラームスも訪れたといわれるほど由緒あるスペースである。別邸では、地元メナージオから路線バスで通っていた年配の家政婦が、シュナーベルの食事など身の回りの世話を行っていた。

米国コロラド州にて没した。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]