ピアノソナタ第9番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノソナタ第9番ホ長調 Op.14-1は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン1798年から1799年にかけて作曲したピアノソナタト長調の作品と共にOp.14として出版された。

曲の構成[編集]

室内楽的な4声体書法を特徴にしており、1802年弦楽四重奏曲ヘ長調 Hess 34に編曲された。

第1楽章 Allegro
第2楽章 Allegretto

ホ短調。両手のユニゾンが荘重な雰囲気を出す。中間部はハ長調

第3楽章 Rondo, Allegro comodo

のびのびとした楽章。右手H-Dis-Eの主題を左手三連符が支える。中間部は平行調から同主調ホ短調へと三連符を使いながら転調する。コーダは両手のトッカータ風の展開。

外部リンク[編集]