ダ・カーポ (演奏記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダ・カーポイタリア語: da capo)は、西洋音楽における楽譜上の演奏記号の一種。この記号の箇所から曲の冒頭へと戻る指示を意味し、時には D.C. と略記される。

語源・歴史[編集]

旧来の楽譜においては、イタリア語共通語として守られてきたため、この演奏記号もイタリア語である。イタリア語の capo は英語の head に該当し、第一義的に、体の一部としての「頭」を意味するが、日本語においても「冒」という語があるように、この capo も「はじめ」という意味で日常的に使用される一般的な単語である。イタリア語の da は英語の from に相当する前置詞で、この2語を合わせると、da capo = from head、すなわち「頭から(演奏せよ)」という意味のイタリア語の書き込みにしか過ぎない。

バロック音楽では多用されたが、古典派の時代から徐々に、楽譜の一区間をそのまま繰り返すことよりも、変奏や展開を盛り込んだ多様な音楽の変化・進展をより求めるようになったため、同じ楽句を繰り返して使用するためのこの記号が用いられることは次第に少なくなっていった。ロマン派以降は更に用いられることが減ったが、ポピュラー音楽においては現在でもよく使われる一般的な記号である。

用法[編集]

古い音楽の中には多く用いられ、よく「A+B+A'」の三部形式複合三部形式)におけるトリオ(中間部)の後にこの記号が置かれた。繰り返した後は fine (フィーネ、「終結」の意)かまたはフェルマータ記号Fermata.svgが記されている箇所において曲を終えることとされる。またその際には、特に注意書きがない場合であっても、伝統的に繰り返し記号(Repeat open.png Repeat close.png)は無視して進めることとされる。時に、 da capo al fine と丁寧に記されている場合もある。イタリア語の al は a + il の結合型で、英語の to + the に相当するため、da capo al fine = from head to the end、すなわち「頭から終わり(と書いてあるところ)まで (演奏せよ)」という意味になる。

曲頭ではなく曲中の箇所へ戻りたい場合には、ダル・セーニョ(dal segno)を指示する。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
𝄊 U+1D10A - 𝄊
𝄊
Musical Symbol Da Capo