ネウマ譜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレゴリオ聖歌のネウマ譜

ネウマ譜(ネウマふ、: neumatic notation)とは、楽曲楽譜を「ネウマ」と呼ばれる記号を用いて書き表す記譜法のことである。9世紀頃に現れ、音高を明示しないネウマ、音高ネウマ(ダイアステマ記譜法)といった初期の記譜法が発展し、11世紀になると譜線ネウマが見られ、4本の譜線が用いられるようになった。この頃、線譜表には、C音とF音が付けられるようになり、それがハ音記号ヘ音記号となる(ト音記号もG音の記号である)。ネウマ(: νευμα)とはギリシャ語で「合図、身振り」という意味であり、合唱を指揮する際の手の合図である。

ネウマによる記譜法[編集]

ネウマによる記譜法は、時代、地方によって様々なバリエーションがあるが、ここでは譜線ネウマについて記述する。

音部記号[編集]

譜線ネウマでは4本の譜線が使われ、近代記譜法と同じように線上または線と線の間に音符が書かれる。先頭にはC音(ハ音、ド)またはF音(ヘ音、ファ)の音部記号が書かれる。これが後にハ音記号、ヘ音記号となる。

C clef neume.gif C音記号
F clef neume.gif F音記号

1音ネウマ[編集]

Punctum1.gif Punctum ("point")
Virga1.gif Virga
Repercussive.gif repercussive neume

2音ネウマ[編集]

Clivis.gif Clivis Two notes descending
Podatus.gif Podatus or Pes ("foot") Two notes ascending

3音ネウマ[編集]

Scandicus.gif Scandicus Three notes ascending
Climacus.gif Climacus Three notes descending
Torculus.gif Torculus down-up-down
Porrectus.gif Porrectus up-down-up

合成ネウマ[編集]

Pressus.gif Praepunctis a note appended to the beginning is praepunctis; this example is a podatus pressus because it involves a repeated note
Scandicus subbipunctus.gif Subpunctis One or more notes appended at the end of a neume; this example is a scandicus subbipunctis

その他の基本的記号[編集]

Flat neume.gif Flat 五線譜のフラットと同じ意味である。ロ音(Si)に対してのみ現れ、フラットの効果を受ける音の直前にではなく、ネウマの一群の前に置かれる。
Custos.gif Custos 五線の最後に置かれ、次の行の最初の音が何であるかを示す。
Punctum mora.gif Mora 現在の記譜法における付点のように付される。モラが付された音符は典型的には倍の長さに伸ばされる。

解釈記号[編集]

Vertical episema.gif Vertical episema
(vertical stroke)
Seems to indicate a subsidiary accent when there are five or more notes in a neume group
Horizontal episema.gif Horizontal episema
(horizontal stroke)
Used over a single note or a group of notes (as shown), essentially ignored in the Solemnes interpretation; other scholars treat it as indicating a lengthening or stress on the note(s).
Liquescent.gif Liquescent neume
(small note)
Can occur on almost any type of neume; usually associated with certain letter combinations such as double consonants, consonant pairs, or diphthongs in the text
Quilisma.gif Quilisma
(squiggly note)
Always as part of a multi-note neume, usually a climacus, this sign is a matter of great dispute; the Solemnes interpretation is that the preceding note is to be lengthened slightly.