くらま (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JS Kurama in the Pacific Ocean 02.jpg
太平洋にて
艦歴
発注 1976年
起工 1978年2月17日
進水 1979年9月20日
就役 1981年3月27日
要目
排水量 基準: 5,200 t
満載: 6,800 t
全長 159m
全幅 17.5m
吃水 5.5m
機関 石川島播磨2胴衝動型蒸気タービン 2基
石川島播磨FWD2 2胴水管型缶 2基
2軸推進
70,000ps
最大速 31 kt
乗員 360名
兵装 73式54口径5インチ単装速射砲×2基
高性能20ミリ機関砲(CIWS)×2基
GMLS-3型 シースパロー短SAM8連装発射機×1基
アスロック8連装発射機×1基
3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 HSS-2B/SH-60J哨戒ヘリコプター×3機
C4I MOFシステム+OYQ-3+NTDS (リンク 11+14)
レーダー OPS-12 3次元レーダー
OPN-8 高測レーダー
OPS-28 対水上レーダー
OPS-22 航海レーダー
ソナー OQS-101 艦首ソナー
SQR-18(V)1 TACTASS
FCS 72式射撃指揮装置1型A 2基
81式射撃指揮装置2型-12 1基
修理完了後の「くらま」

くらまローマ字JS Kurama, DDH-144)は、海上自衛隊護衛艦しらね型護衛艦の2番艦。艦名は京都府鞍馬山に因み、旧海軍鞍馬型巡洋戦艦(伊吹型)「鞍馬」、雲龍型航空母艦鞍馬」に続き日本の艦艇としては3代目。

艦歴[編集]

「くらま」は、昭和51年度計画5200トン型ヘリコプター搭載護衛艦2404号艦[1]として、石川島播磨重工業東京第1工場で1978年2月17日に起工し、1979年9月20日に進水、1981年3月27日に就役、同日付、第2護衛隊群に第52護衛隊が新編され配属、佐世保に配備された。

本艦は、海上自衛隊艦艇で初めてCIWS(近接防空火器; 機種はアメリカ製のファランクス)を搭載して、対艦ミサイルからの自衛能力を強化した。また、長距離で潜水艦を探知できる戦術曳航ソナーも初搭載となっており、搭載ヘリと連携して、敵潜水艦が接近する前に探知・撃破することを可能としている。本艦での実績をもとに、ファランクスCIWSや戦術曳航ソナーは、その後に建造された海上自衛隊の汎用護衛艦にも採用され、標準的な装備となった。

1982年10月13日、佐世保港においてボイラー爆発事故を起こしている[2]

1983年3月30日、第52護衛隊が解隊され、第2護衛隊群直轄艦となる。

1984年3月30日、第2護衛隊群旗艦となる。

1984年1986年1992年1994年2000年環太平洋合同演習 (RIMPAC)に参加。

1996年7月26日から30日にかけてロシア海軍300周年記念式典参加のため、自衛艦として初めてロシアウラジオストックを訪問した。

1998年7月24日から29日にかけて護衛艦「やまぎり」、補給艦「はまな」とともに再びウラジオストックを訪問、7月26日に実施されたロシア太平洋艦隊観艦式に参加した。また、7月29日、30日にかけてウラジオストック東方の日本海において初の日露共同訓練が実施され、これに参加した。

2001年11月9日テロ対策特別措置法に基づく情報収集任務により、護衛艦「きりさめ」、補給艦はまな」と共にインド洋に派遣され、2002年2月まで任務に従事し、3月16日に帰国した。

2003年8月から2004年4月までの間、三菱重工長崎造船所で長期修理が施され、短SAM管制用射撃指揮装置はWM-25から国産の81式射撃指揮装置2型-12(FCS-2-12)に、発射機は国産のGMLS-3に換装され、合わせてミサイルはRIM-7Mとなった。 これらはいずれも2001年8月に除籍された護衛艦「たかつき」に搭載されていたものを移載したものである。

2005年1月14日スマトラ島沖地震救援のため国際緊急援助隊派遣法に基づいて編成された・海・空自衛隊の一員として、先行出発した輸送艦くにさき」と補給艦「ときわ」に続いて佐世保から出港した。同年11月には「ゆうだち」と共に漢級原子力潜水艦領海侵犯事件に対処するため出動する。

2008年3月26日、護衛隊改編により第2護衛隊群2護衛隊に編入。

2012年6月21日から22日にかけて、「DDG-174 きりしま」、「DD-103 ゆうだち」、アメリカ合衆国海軍空母「CVN-73 ジョージ・ワシントン」ほか数隻、大韓民国海軍の艦艇数隻と共に朝鮮半島南方海域にて日米韓共同訓練を実施する[3]。同年10月14日に行われた観艦式では、野田佳彦首相を乗艦させて参加した[4]

現在、定係港は佐世保である。既に就役から28年が経過しており、代替用として、いずも型の2番艦(24DDH、2017年就役見込み)の建造が計画されている。

衝突事故[編集]

2009年10月27日19時56分頃[5]関門海峡において大韓民国コンテナ船カリナ・スター」に衝突された。この事故で乗員6名が負傷、本艦は艦首を損傷・出火したが、10時間半後に鎮火に成功した。この事故により揚錨部(アンカー巻上げ部)も含む艦首部分がほぼ全壊し単独航行は難しい状態になった。「カリナ・スター」側に負傷者はなかった。[6][7]

この事故では、護衛艦くらまおよび誘導していたとする海上保安庁・関門海峡海上交通センターの責任問題が大きく報道されたが、海上保安庁による後の調査によれば、カリナ・スターの韓国人船長が事故について虚偽の供述をしていたことが明らかとなっている。AIS等による航跡の解析などにより、コンテナ船は事故直前まで減速せず、貨物船の後方わずか20-30メートルの距離まで近づき追突寸前となった。そのため左に急旋回し、前方から航行してきたくらまに衝突した。この事故で門司海保は船長の供述が翻ったことから、事故の主因はコンテナ船にあったと断定した[8]

事故後は佐世保に自力で帰港していたが、付近で護衛艦を修理のできる造船所が限られることから11月9日に随意契約による修理を発注し2010年初頭から長崎市に所在する三菱重工長崎造船所で修理され、同年6月9日に修理が完了した。この事故での損害は約9億4,000万円と見込まれている。[9]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
鈴木外海彦 1981.3.27 - 1982.1.25 くらま艤装員長 第3海上訓練指導隊司令 
2 吉村健思 1982.1.26 - 1983.12.19 あまつかぜ艦長 かとり艦長
3 中村英昭 1983.12.20 - 1985.12.19 たちかぜ艦長 かとり艦長
4 谷 撤彦 1985.12.20 - 1987.3.16 第1術科学校教育部長
5 寺西 弘 1987.3.17 - 1989.3.16  
6 両角良彦 1989.3.17 - 1991.3.19 ときわ艦長
7 福田 武 1991.3.20 - 1992.12.20  
8 林 勝彦 1992.12.21 - 1994.8.29 ときわ艦長
9 山下公正 1994.8.30 - 1995.12.17 たちかぜ艦長 さがみ艦長
10 成影 努 1995.12.18 - 1997.3.25 とわだ艦長
11 佐藤鉄夫 1997.3.26 - 1998.8.2 98.9.30付、かしま艦長 
12 寺田世紀男 1998.8.3 - 2000.9.19 あさかぜ艦長 幹部学校
13 清原 洋 2000.9.20 - 2002.7.31 佐世保地方総監部監察官
14 井上則明 2002.8.1 - 2004.7.6 第1術科学校教育第3部長
15 種生茂美 2004.7.7 - 2006.1.9 佐世保海上訓練指導隊付 佐世保地方総監部監察官
16 松浦正幸 2006.1.10 - 2007.3.27 佐世保地方総監部監察官 余市防備隊司令
17 黒松 久 2007.3.28 - 2008.9.30 佐世保地方総監部防衛部
第3幕僚室長兼第5幕僚室長
かしま艦長
18 柏原正俊 2008.10.1 - 2009.12.20 第4護衛隊群司令部幕僚 統合幕僚学校教育課第1教官室学校教官
19 佐々木輝幸 2009.12.21 - 2011.12.8 海上幕僚監部総務部総務課総務班長 かしま艦長
20 小沢輝男 2011.12.9 - 2013.12.2 第4護衛隊群司令部幕僚 統合幕僚学校教育課教務班長
21 遠藤昭彦 2013.12.3 - 海上幕僚監部人事教育部教育課学校班長

脚注[編集]

  1. ^ DSI 現有艦艇一覧”. DSI 日米国防組織情報. 2008年12月12日閲覧。 - 2010年1月より閲覧有料化
  2. ^ 『世界の艦船』1983年1月号p.200
  3. ^ 日米韓共同訓練について(PDF文書)
  4. ^ “護衛艦など48隻参加  相模湾で海自観艦式”. MSN産経フォト. (2012年10月15日). http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/10/1015jsdf/ 
  5. ^ 海自護衛艦衝突:関門海峡で韓国コンテナ船と 両船から炎”. 毎日jp (2009年10月27日). 2009年10月27日閲覧。
  6. ^ 護衛艦と韓国籍民間船が衝突、炎上 関門海峡で”. MSN産経 (2009年10月27日). 2009年10月27日閲覧。
  7. ^ 護衛艦「くらま」鎮火、衝突から10時間半後”. YOMIURI ONLINE (2009年10月28日). 2009年10月28日閲覧。
  8. ^ 関門衝突事故「追突避けようと旋回」韓国船長「管制に従う」翻す”. 西日本新聞. 2010年1月23日閲覧。
  9. ^ 護衛艦くらま、三菱長船で修理へ 10月に韓国船と衝突”. 長崎新聞 (2009年12月25日). 2009年12月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)

登場作品[編集]

異聞・ミッドウェー海戦―タイムパトロール極秘ファイル
豊田有恒の短編集小説。その中の1作に、表題と同じ「 異聞・ミッドウェー海戦」がある。1987年
歴史改変を目論む未来人によって、本艦が、ミッドウェー海戦の最中にタイムスリップするというストーリー。速射砲・CIWS・ミサイルによって、米軍機を次々と撃墜していく。
本作中のくらまは、追加装備としてASM-1を艦対艦ミサイル化したものを装備しており、これでアメリカ空母を撃沈しようとするが、直前にタイムパトロールによって元の時代へと戻される。

外部リンク[編集]