Brackets

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Brackets
Brackets Icon.svg
Brackets 1.1.png
Ubuntuで動作するBrackets(バージョン1.1)
開発元 アドビ
初版 2014年11月4日 (7年前) (2014-11-04)[1]
最新版
2.0.1[2] / 2021年12月1日 (7か月前) (2021-12-01)
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
HTML, CSS, JavaScript
使用エンジン Chromium Embedded Framework, Node.js
対応OS macOS, Windows, Linux(32bit, 64bit)
サイズ 〜40 MB
対応言語 32言語[3]
対応言語一覧
サポート状況 開発中
種別 テキストエディタ
ライセンス MIT License
公式サイト brackets.io
テンプレートを表示

Bracketsは、オープンソースソースコードエディタ[4]である。 アドビにより開発され、4か月ごとの定期リリースが行われていたが、2021年9月1日をもってアドビによるサポートは終了した。

現在はコミュニティによる開発が行われている。

概要[編集]

ライブプレビューの動作例

以下のような特徴・機能がある[5]

  • オープンソース[6]
  • macOSWindowsLinuxクロスプラットフォーム
  • Chromium Embedded FrameworkNode.jsを使用し、 HTMLCSSJavaScriptで書かれている。
  • クイックエディット - CSS・カラープロパティ・JavaScriptの入力候補を提示。
  • クイックドキュメント - CSSなどのリファレンスを表示させることができる。
  • ウィンドウの分割 - メインビューを縦・横に分割することで、同時に2つのファイルを編集することができる。
  • ライブプレビュー - コーディング内容を、ブラウザでリアルタイムで確認できる(Google Chromeのみ対応)。
  • LESS記法をサポート[7]
  • JavaScriptの構文チェッカ JSLintを内蔵
  • JavaScriptデバッガ Theseusを内蔵[8]
  • 機能拡張(エクステンション) - 拡張機能で必要な機能を追加することができる[5][9]。また拡張機能マネージャーで、拡張機能の検索・インストールが可能。

歴史[編集]

日本語でのアップデート履歴の詳細は、GitHub adobe/brackets-updates brackets-updates/ja.jsonを参照。

  • 2012年6月25日 - スプリント7(バージョン0.7相当)として、開発版をリリース[10]
  • 2014年10月6日 - バージョン0.44をリリース[11]。分割ビューの追加、安定性の向上など。正式リリース前の最終版。
  • 2014年11月4日 - バージョン1.0として正式リリース[12]
  • 2015年10月5日 - Adobe DreamweaverCCのエディタ部分にBracketsを採用することを発表[13](Adobe Dreamweaver CC 2017以降で正式採用)。
  • 2018年1月30日 - バージョン1.12をリリース[11]。JavaScript固有のコードのリファクタリング機能の追加など。
  • 2020年4月6日 - バージョン1.14.2をリリース[14]。アドビによる最後のリリース。
  • 2021年3月1日 - Bracketsのサポートを2021年9月1日に終了することをアドビが発表。[15]
  • 2021年12月1日 - バージョン2.0.1 をリリース。

対応言語[編集]

C言語C++CSSHTMLJavaJavaScriptPerlPythonRubyVBScriptなど、38種類以上の言語をサポートしている。

またAdobe Photoshopで制作したカンプからHTMLを起こす作業を容易にするため、PSDファイルから写真・ロゴ・デザインスタイルを抽出することができる「PSDレンズ」という機能をサポートしている。これは拡張機能のExtract for Bracketsとして提供されている[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]