Adobe PageMaker

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Adobe PageMaker
開発元 アドビシステムズ
初版 1985年(32年前) (1985
最新版 7.0.2 / 2001年11月(15年前) (2001-11
対応OS Mac OS 9.1, 9.2.1, 9.2.2Windows NT4.0, Windows 2000, Windows XP[1]
サポート状況 終了
種別 DTP
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Adobe PageMaker 7
テンプレートを表示

Adobe PageMakerアドビ・ページメーカー)とは、かつてアドビシステムズの開発・販売していたDTPソフト。当初アルダス社によって開発されたが、バージョン5時にアドビによりアルダス社ごと買収された。

最終バージョンは7.0.2(2001年11月リリース)。

来歴[ソースを編集]

1985年に最初のバージョンが発表され、当時唯一のWYSIWYG環境であったMacintoshによるDTPという市場を切り拓いた。DTPという概念自体、このアプリケーションを世に問うために、アルダス社社長ポール・ブレイナードが考案したものである[2][3]

特徴[ソースを編集]

ボックスを使わずに、紙面上の任意の場所に文字や画像を配置することができるなど、直感的な操作性を特徴とする。また、パソコンによるDTPソフトとしてはかなり初期の段階でカラー対応を果たしている。

1999年にアドビではアルダスが開発していたInDesign[4]を継続開発し、QuarkXPressに対抗するDTPソフトとして販売を始めた。同社によると、デザイン要素の強いレイアウトワークにはInDesignを、ビジネスドキュメントにはPageMakerを、大量のマニュアルなどにはFrameMakerを、というように分類していたが、PageMakerからInDesignへの移行を推進し[5]、2005年にはアドビストアでは PageMaker 7からInDesign CS2へのアップグレード版が販売された(InDesign CS2ではPageMaker 6.0以降のファイルを変換出来る)[6]

歴史[ソースを編集]

1985年 - PageMaker 1.0リリース。

1996年 - PageMaker 6.0Jリリース[7]

1997年 - PageMaker 6.5Jリリース[8]

2001年 - PageMaker 7.0 日本語版リリース[9]

関連用語[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]