Adobe Flash Media Live Encoder

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Adobe Flash Media Live Encoder
Adobe Flash Media Live Encoder v4.0 Icon.png
開発元 アドビシステムズ
最新版 3.2 / 2010年12月21日(6年前) (2010-12-21[1]
対応OS Microsoft WindowsMac OS X
種別 エンコーディングソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.adobe.com/go/fmle
テンプレートを表示

Adobe Flash Media Live Encoder(FMLE)はアドビシステムズが無償提供している動画のライブエンコーディングソフトウェアである。

歴史[編集]

Version 1.0は2007年2月23日にリリースされた。

Version 2.0は次の機能を加えて2007年10月26日にリリースされた。

  • MP3に対するエンコードサポート
  • コマンドラインエグゼクション
  • OS開始にあたっての自動スタート
  • 自動的にメンテナンスが再開される機能
  • リモートアクセス
  • 間隔を再セットできる機能
  • タイムコードサポート

Version 2.5は次の機能を加えて2008年4月14日にリリースされた。

  • H.264/HE-AACに対応したエンコーディングサポート
  • サービス品質の改良
  • 自動調節機能(ネットワーク接続が最適でない場合にアウトゴーイングストリーム品質のダイナミックダウングレードを可能にする)

Version 3.0 は次の機能を加えて2009年1月12日にリリースされた。

  • アップデートした利用者のインターフェースと追加プリセット
  • マルチビットレートエンコーディング(3種類のビットレートまで可能)
  • ファイルマネジメントの改良(ファイルネームにおけるファイルサイズやデュレーション、パラメーターに基礎を置く多重ファイルの設定)
  • DVR機能
  • システムタイムコード支援(SMPTEやLTC、VITC、BITCといったタイムコードは、キャプチャーデバイスの支援を受ければ使用可能となり、不可能ならシステムタイムコードが利用可能となる)
  • VP6エンコーディングに対応したマルチコアプロセシングキャパビリティ
  • 追加されたコンパチブルデバイスに対応した支援

Version 3.2 が2010年12月21日にリリース[1]

利用法[編集]

  • キャプチャーカード、ウェブカメラ、IEEE 1394USBデバイスからAdobe Media Server(AMS)やFlash Video Streaming Service(FVSS)へのライブストリームビデオ。(デバイスやドライバは、FMLEにより承認されるMicrosoft DirectShowフィルターを支援しなければならない。)
  • アーカイブFLVやローカルに動くF4Vファイル

機能[編集]

FMLEは接続したクライアントに対するストリームライブビデオとしてReal Time Messaging Protocol(RTMP)を通じたAdobe Media Server(AMS)やFlash Video Streaming Service(FVSS)に接続するデスクトップアプリケーションである。クライアントはFlash Player SWFを通じてFMSに接続し、ストリームを見る。

FMLEはビデオに対応したVP6H.264、オーディオに対応したMP3Nellymoserを支援する。加えてオーディオ向けのAACHE-AACは、MainConcept社から得られるプラグインにより支援される[2]

FMLEはライブのプレイバック中に求められるDVR様式で得られるリーダブルワイルオープンライブストリームを記録するなどフラッシュメディアサーバー機能から直接統一する。異なるビットレートにおいてダイナミックストリーミングを支援する即座にマルチプルファイルに変換も可能である。

一定の時間内に起動・終了を伴うライブを変換することに加えて、コマンドラインコントロールやオートリコネクト、リモートアクセスのようなものは、能率的な24/7エンコーディングが可能である。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]