Ruffle

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ruffle
Ruffle vector logo.svg
Ruffle Web Demo screenshot.png
開発元 マイク・ウェールズ、kmeisthax、ネイサン・アダムズ、カラム・トムソン
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Rust
種別 マルチメディア
ライセンス MIT_License, Apache License 2.0
公式サイト ruffle.rs ウィキデータを編集
テンプレートを表示

Ruffle(ラッフル)は、オープンソースAdobe Flashエミュレーター。デスクトップ及びブラウザ上で動作し2020年でサポート終了したAdobe Flash Playerの代替として使用できる。プログラミング言語にはRustを採用している。

歴史[編集]

2000年代を通して、Adobe Flashは動画やゲームといった様々なコンテンツの作成に最も広く使用されるマルチメディア作成プラットフォームだった[1]Flashを使用して作成されたコンテンツはSWFファイルとしてエクスポートされた後、無料のAdobe Flash Playerプラグインを備えたブラウザで実行できた。

しかし、より柔軟なマルチメディア管理を可能とするHTMLバージョンであるHTML5の出現により、Flashは徐々に衰退し始めた。 2015年、アドビはHTML5が成熟したオープンスタンダードであると述べ、HTML5を公式に提唱するようになった[1]。その後、Flashの人気は低下し続け、2017年、アドビは2020年までにFlashを廃止する計画を発表した[2]

新しいFlashコンテンツの作成を除き、古いSWFファイルを実行可能な状態で保存することはデジタルアーカイブ上の大きな懸念事項となり、2016年、マイク・ウェールズはFlusterの名でプロジェクトを開始した[3]。後にRuffleと改名されたこのプロジェクトは、デスクトップとブラウザ上で実行可能な、Rustで記述されたFlash Playerエミュレーターを開発した[4]。アドビによるFlash廃止の発表と多くのブラウザ開発元によるサポート終了の発表を受け、RuffleはFlash Playerの現実的な代替手段としてより注目を集めるようになった[5]

Ruffleは現在GitHubオープンソースソフトウェアとして開発中[6][7]。当プロジェクトにはNewgroundsやCoolmathGamesといったFlash コンテンツに支えられたウェブサイトがスポンサーとなっている。

2020年11月、Internet ArchiveはAdobe Flash コンテンツのアーカイブにRuffleを採用した[8][9]。これによりAdobe Flash Playerプラグインなしでもインターネットアーカイブ上の一部Flash コンテンツが実行可能となった。また、インターネットアーカイブへのSWFファイルのアップロードが呼びかけられている。

特徴[編集]

Ruffleは、デスクトップ及びブラウザ上から使用できる。

現在、RuffleはActionScript 1/2.0を使用する古いFlashコンテンツをサポートしている。今後、ActionScript 3.0もサポートされる予定[10]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Flash, HTML5 and Open Web Standards” (英語). Adobe Blog (2015年12月1日). 2020年7月24日閲覧。
  2. ^ Flash & The Future of Interactive Content” (英語). Adobe Blog (2017年7月25日). 2020年7月24日閲覧。
  3. ^ Initial commit · ruffle-rs/ruffle@b979ac2” (英語). GitHub. 2020年7月24日閲覧。
  4. ^ Update README · ruffle-rs/ruffle@0d9d5fe” (英語). GitHub. 2020年7月24日閲覧。
  5. ^ Flash Emulation & Brave BAT” (英語). Newgrounds.com. 2020年7月24日閲覧。
  6. ^ ruffle-rs/ruffle, Ruffle, (2020-07-24), https://github.com/ruffle-rs/ruffle 2020年7月24日閲覧。 
  7. ^ “2020年で終了の「Adobe Flash Player」向けゲームに救世主? フラッシュゲームをエミュレートするプログラム「Ruffle」が開発中”. 電ファミニコゲーマー (株式会社マレ). https://news.denfaminicogamer.jp/news/190826a 2020年11月21日閲覧。 
  8. ^ “Adobe Flashの名作ムービーが2020年12月のサポート終了以降もインターネットアーカイブでアクセス可能に”. GIGAZINE (株式会社OSA). (2020年11月20日). https://gigazine.net/news/20201120-flash-animation-internet-archive/ 2020年11月21日閲覧。 
  9. ^ “Internet Archive、Flashコンテンツをアーカイブ プラグインなしで21年以降も閲覧可能に”. ITmedia NEWS (アイティメディア株式会社). (2020年11月20日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2011/20/news143.html 2020年11月21日閲覧。 
  10. ^ ruffle-rs/ruffle” (英語). GitHub. 2020年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]