Webpack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
webpack
Webpack.svg
開発元 Tobias Koppers, Sean Larkin, Johannes Ewald, Juho Vepsäläinen, Kees Kluskens, and Webpack contributors
初版 2014年2月19日 (7年前) (2014-02-19)[1]
最新版
5.11.1 / 2020年12月28日 (9か月前) (2020-12-28)[2]
リポジトリ github.com/webpack/webpack
プログラミング
言語
JavaScript
対応OS Linux, macOS, Windows
プラットフォーム Node.js
ライセンス MIT License[3][4]
公式サイト webpack.js.org
テンプレートを表示

webpackは、オープンソースJavaScriptモジュールバンドラーである[5][6][7][8][9]。これは主にJavaScript用に作成されているが、対応するローダーが含まれている場合は、HTML、CSS、画像などのフロントエンドアセットを変換できる[10]。webpackは依存関係のあるモジュールを受け取り、それらのモジュールを表す静的アセットを生成する[11]

Webpackは依存関係を取得し、依存関係グラフを生成して、Web開発者がWebアプリケーション開発の目的でモジュラーアプローチを使用できるようにする。コマンドラインから使用し、webpack.config.jsという名前の構成ファイルを使用して構成を行うことができる。このファイルは、プロジェクトのルール、プラグインなどを定義するために使用される(webpackは、開発者がファイルをバンドルするときに実行したいカスタムタスクを記述できるようにするルールを介して、高度に拡張可能である)。

webpackを使用するには、Node.jsが必要である。

webpackは、モニカ code splitting を使用してCode on demand英語版を提供する。The Technical Committee 39 for ECMAScriptは、追加のコード「proposal-dynamic-import」をロードする関数の標準化に取り組んでいる[12]

webpack開発サーバー[編集]

webpackは、開発中にファイルを提供するためのHTTPサーバとして使用できる webpack dev server と呼ばれる組み込みの開発サーバも提供する。また、Hot Module Replacement を使用する機能も提供する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Release Date of Version 1.0.0”. 2020年12月31日閲覧。
  2. ^ Releases · webpack/webpack”. 2020年12月31日閲覧。
  3. ^ LICENSE file on GitHub”. 2020年12月31日閲覧。
  4. ^ License field from webpack - npm”. 2020年12月31日閲覧。
  5. ^ Web Performance Optimization with webpack”. Google Developers. 2018年10月16日閲覧。
  6. ^ A Beginner’s Guide to webpack 4 and Module Bundling”. SitePoint. 2018年10月16日閲覧。
  7. ^ “Webpack 4.0 Release Brings Simplified Configuration, WebAssembly Support, and Big Performance Boost”. InfoQ. https://www.infoq.com/news/2018/02/webpack-4-0-brings-simplified 2018年10月16日閲覧。 
  8. ^ High-performance webpack config for front-end delivery”. Codementor. 2018年10月16日閲覧。
  9. ^ "Webpack 3 to Webpack 4: tips on migrating" CodiLime. Retrieved on 25 Jun 2019.
  10. ^ What is webpack”. SurviveJS. 2018年10月16日閲覧。
  11. ^ What is webpack”. GitHub. 2018年2月25日閲覧。
  12. ^ import() proposal for JavaScript, Ecma International, Technical Committee 39, https://github.com/tc39/proposal-dynamic-import 

外部リンク[編集]