ライアン・ダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライアン・ダール
Ryan Dahl.jpg
ライアン・ダール (2010年)
原語名Ryan Dahl
生誕1981年(40 - 41歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンディエゴ
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業プログラマ
著名な実績
公式サイトtinyclouds.org ウィキデータを編集

ライアン・ダール (英語: Ryan Dahl1981年 - ) は、JavaScript実行環境のNode.jsとJavaScript/TypeScript実行環境のDenoの作者であるアメリカプログラマである[1][2]

幼少期と教育[編集]

彼はカリフォルニア州サンディエゴで育った。 彼が6歳のときに母からApple IIcをプレゼントされたことが彼が技術に触れた切っ掛けの一つであった。 彼はサンディエゴのコミュニティ・カレッジに通い、後にカリフォルニア大学サンディエゴ校に編入して数学を学んだ。 彼はロチェスター大学の数学の大学院に通い、そこで代数的位相幾何学を学んだ[注釈 1]

キャリア[編集]

2009年からNodeプロジェクトに携わってきた彼は、2012年1月にプロジェクトから離れ、npmの作者でJoyentの従業員であるアイザック・シュリューターにプロジェクトリーダーを引き継ぐことを発表した[3][4]

彼はプロジェクトから離れる理由を次のように述べている:

After three years of working on Node, this frees me up to work on research projects. I am still an employee at Joyent and will advise from the sidelines but I won’t be involved in the day-to-day bug fixes.
Ryan Dahl、[5]

2018年、彼はV8で構築されたJavaScript/TypeScript実行環境であるDenoを発表した[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 最初の数年間は「非常に抽象的で美しい」と感じていたが、後に「実際の生活にはあまり適用されない」ことから飽きてしまった。

出典[編集]

  1. ^ Kevin McCarthy (2011年1月31日). “Node.js Interview: 4 Questions with Creator Ryan Dahl”. BOSTINNO. 2020年5月25日閲覧。
  2. ^ Amber Harris (2013年4月1日). “The Birth of Node: Where Did it Come From? Creator Ryan Dahl Shares the History”. SiliconANGLE. 2020年5月25日閲覧。
  3. ^ A history of Node.js”. BIN blog. 2019年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月25日閲覧。
  4. ^ Scott Hammond (2015年6月16日). “One Year with Node.js”. Joyent. 2020年5月25日閲覧。
  5. ^ J. O'Dell (2012年1月30日). “Node.js creator Ryan Dahl steps away from Node’s day-to-day”. VentureBeat. 2020年5月25日閲覧。
  6. ^ Paul Krill (2018年6月21日). “Ryan Dahl’s Node.js regrets lead to Deno”. InfoWorld. 2020年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]