Microsoft Visual Studio Express

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Microsoft Visual Studio > Microsoft Visual Studio Express
Microsoft Visual Studio Express
開発元 マイクロソフト
初版 2005 / 2005年12月15日(9年前) (2005-12-15
最新版 2015 / 2015年7月20日(8日前) (2015-07-20
対応OS Microsoft Windows
種別 統合開発環境
ライセンス Microsoft EULA
公式サイト Visual Studio Express
テンプレートを表示

Microsoft Visual Studio Express(ビジュアルスタジオ エクスプレス)はマイクロソフトによって開発・提供されている統合開発環境であるVisual Studio製品群のうち、無償で提供されているエディションである。

特徴[編集]

Visual Studio Express はプログラミング初心者・ホビー ユーザー・学生を対象に、評価・学習・ホビーを目的とした[1]各プログラミング言語を単体で提供するエディションである。30日以上利用する場合はマイクロソフトに製品の登録が必要である(登録も、その後の利用も無償)。

有償エディションに比べて、以下のような機能等がサポートされない。

それ以外の、IntelliSense やビジュアルデバッガーのような Visual Studio で注目される機能は提供される。サポート ライフサイクルは有償版の Visual Studio と同じ期間に設定されている。

インストーラーにはWebインストーラー[2]ISOイメージファイルとの2種類がある。

関連製品[編集]

SQL Server Express
リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)である Microsoft SQL Server の無償版として SQL Server Express が提供されている。
Visual Studio Community
Visual Studio Professional 相当の機能を有し、かつ無償である Visual Studio Community が 2013 より提供されている。利用者に関するライセンス制限が付与されている(一方で、Express では大規模企業による商用利用なども原則的に可能[1])。

バージョン[編集]

Visual Studio 2005 Express Edition
2005年12月15日に公開され[3]、2009年3月31日に公開が終了した。
発表当初は1年間のみのダウンロード提供期間で、その後は書籍付きのパッケージ版の 4800 円でパッケージ販売のみという発表であった[4]。その後方針転換され、販売を中止してダウンロードが継続されることになった[5]
Visual Studio 2008 Express Edition
2007年12月18日に公開された[6]。2005と異なりこのバージョン以降ではISOイメージは各言語毎に別れた物ではなく全ての言語でひとまとめになった。ISOファイルサイズが800MB弱のため、インストール用の光学メディアを作成する場合はCDではなくDVDへ書き込む必要がある。
Visual Studio 2010 Express
2010年4月28日に公開された[7]
Visual Studio 2010 Express for Windows Phone
Windows Phone 7 の無償の開発プラットフォームである Visual Studio Express シェルと端末エミュレーターを含めたバージョン。
Visual Studio Express 2012
2012年9月12日に公開された(for Windows Phoneのみ2012年10月30日公開)。今回より開発言語ごとに分かれた製品ではなく、ターゲットプラットフォームごとの製品となる(インストールする言語を選ぶことはできない)。Expressで作成されたソリューション内に複数言語プロジェクトを混在させることも可能である。
Visual Studio Express 2012 for Windows 8
Windows 8およびWindows RTで利用可能なWindowsストアアプリの開発に用いる。
Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop
デスクトップアプリケーションの開発に用いる。
Visual Studio Express 2012 for Web
Webサイトの開発に用いる。Visual Web Developer Express の後継に当たる。
Visual Studio Express 2012 for Windows Phone
Windows Phone 7.5、7.8[8]、8.0向けアプリの開発に用いる。Express Edition以外のVisual Studio 2012がインストールされている場合はそれらのアドオンとして機能する。
Visual Studio Express 2013
2013年10月17日に公開された。
Visual Studio Express 2013 for Windows
Windows 8.1およびWindows RT 8.1で利用可能なWindowsストアアプリの開発に用いる。
Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop
デスクトップアプリケーションの開発に用いる。
Visual Studio Express 2013 for Web
Webアプリの開発に用いる。
Visual Studio Express 2015
Microsoft Visual Studio Community への統合を理由に、Expressエディションは2013を最後に廃止予定としていたが、その後撤回された[9] [10]。そのため、その間のPreview版が存在しない。
Visual Studio Express 2015 for Desktop
2015年7月20日に公開された。
Visual Studio Express 2015 for Web
2015年7月20日に公開された。
Visual Studio Express 2015 for Windows
Windowsストアアプリの後継となる、ユニバーサルWindowsプラットフォーム (Universal Windows Platform, UWP) アプリケーションの開発に用いる。利用にはWindows 10およびWindows SDK 10の正式版が必要となる[11]

種類[編集]

Visual Basic Express[編集]

Visual Basic Express は Visual Basic (.NET) のためのエディションである。

Windows Forms アプリケーション、Windows Presentation Foundation アプリケーション、WPF ブラウザー アプリケーション、コンソール アプリケーション、およびクラス ライブラリの開発ができる。Windows Forms と Windows Presentation Foundation のコントロール ライブラリの開発はできない。

Visual C# Express[編集]

Visual C# Express はC#言語のためのエディションである。

Windows Forms アプリケーション、Windows Presentation Foundation アプリケーション、WPF ブラウザー アプリケーション、コンソール アプリケーション、およびクラス ライブラリの開発ができる。Windows Forms と Windows Presentation Foundation のコントロール ライブラリの開発はできない。

追加の XNA のインストールによって Windows と Xbox 360 向けのゲーム開発が可能である。

Visual C++ Express[編集]

Visual C++ Express はC言語C++言語のためのエディションである。また、C++ の .NET Framework 対応言語であるC++マネージ拡張C++/CLI にも対応している。

開発ソリューションは Windows Forms アプリケーション、クラス ライブラリ、コンソール アプリケーション、およびメイクファイルの各プロジェクトのみ提供される。なお、ATLMFC、リソースエディターは付属しない。2012以降はWindows Formsアプリケーションプロジェクトのテンプレートは付属しないが、WinRTアプリケーションプロジェクトのテンプレートが付属する。

Windows SDK は Visual C++ 2005 Express では同梱されていなかったが、Visual C++ 2008 Express からは同梱されている。

2010 までの Visual C++ Express Edition では 64 ビット アプリケーションの開発には同梱されているものとは別の Windows SDK をインストールする必要があったが、2012 では追加のインストールを必要とせず 64 ビット アプリケーションの開発を行なえる。また、2012以降はWinRT用独自拡張言語であるC++/CX英語版にも対応している。

Visual Web Developer Express[編集]

Visual Web Developer Express は Visual Basic (.NET) または C# のどちらかのプログラミング言語と ASP.NET で開発する。 ウェブ開発のため Express Edition はリモートへのデータ アクセスが可能である。

Silverlight SDK をインストールすることによって、Silverlightアプリケーションの開発に対応できる。また、Visual Web Developer 2010 Express から Windows Azure のクラウド アプリケーションの開発に対応している。

Visual J# Express[編集]

Visual J# Express は J# 言語のためのエディションである。Express Edition では日本語版は提供されず、Visual J# 2005 Express を最後に提供が終了した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 商用システムの開発・製造に利用しても問題はない。Windowsストアで販売する製品の開発も可能。Communityエディションにおける厳しい制約もない。ただし、2010など、バージョンによっては明記されていない(禁止もしていない)ものもある。http://www.visualstudio.com/ja-jp/products/visual-studio-express-vs.aspx
  2. ^ このインストーラーではインストール中に必要なファイルは、インストール処理中にインターネットを通じて自動でダウンロードされるため、インストーラー自体のファイルサイズは比較的小さい。
  3. ^ “Microsoft(R) SQL Server(TM) 2005およびMicrosoft Visual Studio(R) 2005日本語版、2月1日(水)に発売” (プレスリリース), マイクロソフト, (2005年12月15日), http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2531 2011年4月2日閲覧。 
  4. ^ パッケージ版Visual Studio 2005の価格が決定”. ITPro (2005年9月16日). 2011年4月2日閲覧。
  5. ^ 「Visual Studio 2005 Express Edition」の無償提供期間が1年から無期限へ変更”. Impress Watch (2006年4月20日). 2011年4月2日閲覧。
  6. ^ MS、「Visual Studio 2008 Express Edition」の日本語正式版を無償公開”. Impress Watch (2007年12月18日). 2011年4月2日閲覧。
  7. ^ マイクロソフト、無償の開発環境“Visual Studio 2010 Express”シリーズを公開”. Impress Watch (2010年4月28日). 2011年4月2日閲覧。
  8. ^ 「Windows Phone 7.8 向け Windows Phone SDK 更新プログラム」が必要。
  9. ^ Visual Studio Community 2013 - Visual Studio”. 2014年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月3日閲覧。 “Q: Visual Studio Express エディションはどうなりますか? A: 存在している Visual Studio Express のバージョン (2012 および 2013) はそのまま残ります。しかし現時点では Express エディションは 2015 バージョンではリリースする予定はありません。無償製品は今後 Community エディションに統合される予定です。”
  10. ^ Visual Studio 2015 の製品ラインアップを発表”. 2015年6月3日閲覧。 “また、Visual Studio Professional、Team Foundation Server、Team Foundation Server Express、Visual Studio Express、MSDN Platforms は引き続き完全な Visual Studio 2015 および MSDN ポートフォリオの一環として提供されます。”
  11. ^ Visual Studio 2015 が7/20にリリース! ただUWPを作る人はちょっと注意 - 高橋 忍のブログ - Site Home - MSDN Blogs

外部リンク[編集]