CodeLite

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CodeLite
CodeLite 5.1.png
動作中のCodeLite
開発元 Eran Ifrah
最新版 13.0 / 2019年5月25日(8か月前) (2019-05-25
リポジトリ github.com/eranif/codelite
プログラミング言語 C++
対応OS Windows, macOS, Linux
プラットフォーム IA-32, x64
種別 IDE
ライセンス GNU GPL
公式サイト codelite.org
テンプレートを表示

CodeLiteは、フリーでオープンソースIDEで、CC++PHPJavaScriptNode.js)に対応する[1][2]

歴史[編集]

2006年8月、Eran Ifrahは、CodeLiteと名付けられた自動補完のプロジェクトを始めた。アイディアは、ctags、SQLite(であるから、CodeLiteという)、Yaccベースのコード補完ライブラリを作るというもので、Yaccベースのパーサーは他のIDEでも使えることを意図されていた。のちに、Clangがコード補完のオプションのパーサーとなり、その機能を向上させた。

LiteEditorはデモアプリケーションで、CodeLiteの機能をデモンストレートするために開発された。

概要[編集]

CodeLiteは、フリー、オープンソースでクロスプラットフォームのCとC++のためのIDEで、wxWidgetsツールキットを使っている。CodeLiteは、その自らのオープンソース精神に従うため、フリーのツールのみ(MinGWGDB)を使ってコンパイルやデバッグされ、WindowsmacOSLinuxFreeBSDに提供されている。また、CodeLiteは、CLIを持つサードパーティのコンパイラやツールを実行することができる。Codeliteはまた、PHPやJavascriptの開発(Node.jsのサポートを含む)もサポートしている。

CodeLiteは、GNU GPL v2(またはそれ以降)で配布されている。また、CodeLiteは、自らをその開発環境として用いながら、開発とデバッグが行われており、デイリーアップデートはGitのレポジトリを通じて入手することができる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]