RStudio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RStudio
RStudio logo flat.svg
RStudio IDE screenshot.png
RStudio Version 1.4.1564 on MacOS 10.15.7
開発元 RStudio, PBC
初版 2011年2月28日 (11年前) (2011-02-28)[1]
最新版
2022.07.1+554[2]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Java, C++, JavaScript[3]
対応OS Ubuntu, Fedora, Red Hat Linux, openSUSE, macOS, Windows NT
プラットフォーム IA-32, x86-64; Qt
ライセンス Affero General Public License v3[4]
公式サイト www.rstudio.com
テンプレートを表示

RStudioは、R(統計計算およびグラフィックス用のプログラミング言語)の統合開発環境

RStudio Desktop は通常のデスクトップ アプリケーションであり、RStudio Server はリモートサーバ上で実行され Web ブラウザを介してアクセスする。

ライセンス[編集]

RStudioは 統合開発環境 (IDE)で利用可能です。 GNU Affero一般公衆利用許諾契約書 バージョン3. AGPL v3は、コードを共有する自由を保証するオープンソースのライセンス。

RStudio Desktop にも RStudio Server にも、無料版と有償 (商用) 版がある。 OS のサポートは、IDE のフォーマットにより異なる。 RStudio Desktop のパッケージ済みディストリビューションは、WindowsmacOSLinuxで利用できる。RStudio Server と RStudio Server Pro は、 DebianUbuntuRed Hat LinuxCentOSopenSUSESLESで実行できる[5]

概要と沿革[編集]

RStudio IDE は部分的にC++で記述されており、グラフィカル ユーザー インターフェイスQt フレームワークを使用している[6]JavaJavaScript も使用されている[7]

RStudio IDE の開発は 2010 年 12 月頃に開始され[8] 、最初のパブリックベータ版(v0.92) が 2011 年 2 月に正式に発表された[1]バージョン 1.0は 2016 年 11 月 1 日に[9]、バージョン 1.1 は 2017 年 10 月 9 日にリリースされた[10]

2018 年 4 月、RStudio PBC (当時は RStudio, Inc.) は、 Ursa Labsにサポートを提供することを発表した[11]。Apache Arrowを利用した新しいデータ サイエンス ランタイムの構築に重点を置いている Ursa Labs をサポートするためである[12]

2019 年 4 月、RStudio PBC (当時は RStudio, Inc.) は、RStudio Job Launcher をリリースした。 Job Launcher は RStudio Server の付属品であり[13]、さまざまなバッチ処理システム内(Slurmなど)やコンテナ オーケストレーション プラットフォーム内(Kubernetesなど)でプロセスを開始する機能を提供する。この機能は、有料版の RStudio Server Pro でのみ利用できる。

パッケージ[編集]

RStudio PBC は、RStudio に加えて、以下のような多数の R パッケージを開発、保守、宣伝している[14]

List-of-r-packages.png
  • Tidyverseggplot2、dplyr、tidyr、purrr を含むデータ サイエンス用の R パッケージ。
  • Shiny – インタラクティブな Web テクノロジー。
  • RMarkdown – Markdownドキュメントを使用すると、ユーザーはテキストに容易にさまざまな言語 (最も一般的にはR ) のコードを入れ込むことができる。このプラットフォームでは、R と Pythonシェル スクリプトSQLStanJavaScriptCSSJuliaCFortran、などの言語を一つのドキュメント内でサポートする[15]
  • flexdashboard - 関連するデータを可視化したものを、ダッシュボードとして公開する。
  • TensorFlow - マシン インテリジェンス用のオープンソース ソフトウェア ライブラリ。 TensorFlow への R インターフェースにより、高レベルの Keras および Estimator API とコア TensorFlow API を使用して生産的に作業できる。
  • Tidymodels - モデリングと分析に関連する tidyverse パッケージをロードする。
  • Sparklyr - Spark の分散機械学習ライブラリへのバインディングを提供する。sparklyr の dplyr インターフェイスと組み合わせることで、Spark 上の機械学習ワークフローを簡単に作成および調整できる。
  • Stringr - 「stringi」パッケージのラッパーの一貫したシンプルで使いやすいセット。
  • Reticulate - Python と R の相互運用のための包括的なツール セットを提供する。
  • Plumber - いくつかの特別なコメントを追加するだけで、既存の R コードを Web API に変換できる。
  • Knitr – R、TeX、Markdown、HTML を組み合わせた動的レポート。
  • packrat – パッケージ依存ツール。
  • devtools – パッケージ開発ツールであり、 GitHubから R パッケージをインストールするのに役立つ。
  • sf – 空間ベクトル データをエンコードする標準化された方法である単純な機能をサポートする。データの読み取りと書き込みには 'GDAL' に、幾何学的操作には 'GEOS' に、投影変換と測地変換には 'PROJ' にバインドする[16]

アドイン[編集]

RStudio は、IDE 内から Addins メニューを介して対話的に R 関数を実行するためのメカニズムを提供する[17]。パッケージにグラフィカル ユーザー インターフェイス(GUI) を含めることができる。この機能を使用する一般的なパッケージには次のものがある。

  • bookdown – 本を作成するためのKnitr拡張機能
  • colorpicker – プロットの色を選択するグラフィカル ツール
  • datasets.load – データセットを検索してロードするためのグラフィカル ツール
  • googleAuthR – Google API による認証

開発[編集]

RStudio IDE は、プログラミング言語ColdFusionの作成者[18]であるJJ Allaireによって設立された公益法人[19]である RStudio PBC によって開発されている。 RStudio PBC は、オーストリアウィーンにある非営利団体[20]であるR Foundation と正式な関係はない。 2022年7月、RStudio はその名前を Posit に変更することを発表した[21]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b RStudio, new open-source IDE for R | RStudio Blog”. Blog.rstudio.org. 2015年5月1日閲覧。
  2. ^ https://github.com/rstudio/rstudio/releases/tag/v2022.07.1%2B554; 閲覧日: 28 7月 2022.
  3. ^ rstudio/rstudio”. GitHub. RStudio. 2016年12月18日閲覧。
  4. ^ Pylvainen, Ian (2016年3月24日). “What license is RStudio available under? – RStudio”. rstudio.com. 2018年5月25日閲覧。
  5. ^ RStudio”. rstudio.com. 2016年12月2日閲覧。
  6. ^ Verzani, John (23 September 2011). Getting Started with RStudio. O'Reilly Media, Inc. p. 4. ISBN 9781449309039 
  7. ^ rstudio/rstudio” (英語). GitHub. 2018年9月13日閲覧。
  8. ^ portable download of java dependencies · rstudio/rstudio@484cb88 · GitHub”. Github.com (2010年12月7日). 2015年5月1日閲覧。
  9. ^ Announcing RStudio v1.0!”. RStudio Blog (2016年11月1日). 2022年8月5日閲覧。
  10. ^ RStudio v1.1 Released”. RStudio Blog (2017年10月9日). 2022年8月5日閲覧。
  11. ^ About Ursa Labs”. 2019年8月13日閲覧。
  12. ^ Allaire. “Arrow and beyond: Collaborating on next generation tools for open source data science”. RStudio. 2018年5月13日閲覧。
  13. ^ RStudio 1.2 Release”. 2022年8月5日閲覧。
  14. ^ Inspired by R and its community”. RStudio. 2018年5月13日閲覧。
  15. ^ Yihui Xie; Joseph J. Allaire; Garrett Grolemund (2019年) (英語), R Markdown: The Definitive Guide, チャップマン・アンド・ホール, https://bookdown.org/yihui/rmarkdown/ , Wikidata Q76441281.
  16. ^ Pebesma, Edzer (2018). “Simple Features for R: Standardized Support for Spatial Vector Data”. The R Journal 10: 439–446. doi:10.32614/RJ-2018-009. 
  17. ^ RStudio Addins”. RStudio. 2018年9月16日閲覧。
  18. ^ Why Rstudio?”. Rstudio.com. 2015年12月15日閲覧。
  19. ^ RStudio Benefit Corporation Annual Report”. 2022年8月5日閲覧。
  20. ^ "Statutes of "The R Foundation for Statistical Computing""”. The R Foundation. 2019年8月12日閲覧。
  21. ^ RStudio is becoming Posit”. Rstudio.com. 2022年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]