SQL Server Express

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SQL Server Express
開発元 マイクロソフト
初版 2005 - 2005年12月15日(8年前) (2005-12-15
対応OS Microsoft Windows
種別 RDBMS
ライセンス Microsoft EULA
公式サイト www.microsoft.com/japan/sql/editions/express
テンプレートを表示

Microsoft SQL Server ExpressMicrosoft SQL Server の無償で提供されているエディションである。

特徴[編集]

SQL Server Express は MSDE (Microsoft SQL Server Desktop Engine) の後継として、SQL Server 2005 から公開された。デスクトップ内(すなわち、クライアントアプリケーションとデータベースが同一のOS環境で動作)や小規模システムでの利用を意図して提供されている。原則的に、クライアント・アクセス・ライセンス (CAL - en:Client Access License) を含めて無償である。

有償エディションとの違い[編集]

MSDE と SQL Server Express Edition では提供されている機能が異なる。

  • MSDE は最大 2 GB までの物理メモリまで対応
  • MSDE は最大 2 GB までのデータベース サイズ対応
  • MSDE はグラフィカルな管理ツールの未提供

有償エディションに比べて、以下のような機能がサポートされない

  • 2 個以上の物理プロセッサの対応
  • 1 GB 以上の物理メモリ
  • 4 GB 以上のデータベース サイズ
  • 16 個以上のデータベース インスタンス
  • ログ配布
  • 管理の自動化
  • パフォーマンス データの収集
  • データベース メール
  • メンテナス プラン
  • SQL Server Profiler
  • SQL Server エージェント
  • データベース エンジン チューニング アドバイザー

などに加えて、バージョンごとに提供されている幾つかの機能に制限が含まれている。

SQL Server Express Edition で作成・利用したデータベースは上位エディションでも利用することが可能である。

関連製品として、無償の開発環境である Microsoft Visual Studio Express が存在する。

配布パッケージの種類[編集]

Express Edition は、用途に応じて複数のパッケージが配布されている。どのパッケージも無償である。

Express
純粋なデータベースエンジンのみ。もっとも小型。
Express with Tools
Express パッケージに加えて、管理・開発コンソールである SQL Server Management Studio Express が含まれる。
Express with Advanced Services
Express with Tools パッケージに加えてレポート処理とテキスト検索機能の簡易版が含まれる(バージョンによって搭載される機能は異なっている)。

バージョン[編集]

SQL Server 2005 Express Edition
2005年12月15日に公開された[1]
SQL Server 2008 Express
2008年8月に公開された。
SQL Server 2008 R2 Express
2010年4月に公開された。
データベース サイズの制限が緩和され、最大 4 GB から最大 10 GB まで対応した[2]
SQL Server 2012 Express
2012年3月6日に公開された。
リモート接続機能を省き構成を簡略化させた LocalDB 機能が追加された[3]
SQL Server 2014 Express
2014年4月1日(Microsoft 社 現地時間)に公開された。
In Memory OLTP 機能などが搭載された。同梱の Management Studio は、Express 用向けではなく製品版と同じもの(従って プロファイラ機能利用したり SQL Azure 管理なども可能)。
各バージョンの仕様
バージョン 最新SP リソース上限[4]
CPU RAM DBサイズ
MSDE 2000 Release A 2つ 2GB 2GB
SQL Server 2005 Express SP4 1つ 1GB 4GB
SQL Server 2008 Express SP2 1物理CPU 1GB 4GB
SQL Server 2008 R2 Express SP2 1物理CPU 1GB 10GB
SQL Server 2012 Express SP1 1物理CPUまたは4コア
の小さいほう
1GB 10GB
SQL Server 2014 Express なし 1物理CPU 1GB 10GB

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Microsoft(R) SQL Server(TM) 2005およびMicrosoft Visual Studio(R) 2005日本語版、2月1日(水)に発売” (プレスリリース), マイクロソフト, (2005年12月15日), http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2531 2011年4月2日閲覧。 
  2. ^ SQL Server 2008 R2 Express Database Size Limit Increased to 10GB” (英語). SQL Server Express WebLog (2010年4月21日). 2011年4月2日閲覧。
  3. ^ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh510202.aspx
  4. ^ 上限を超えたOS上でも動作するが、超えた分は利用されない

外部リンク[編集]