Aptana

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aptana studio
開発元 Aptana Inc.
最新版 Version 3.1.2 / 2012年5月11日
対応OS クロスプラットフォーム
種別 Webプログラミング / IDE
ライセンス Dual License
Aptana Public License, v1.0
GNU General Public License
公式サイト http://www.aptana.com/
テンプレートを表示

Aptana StudioEclipseベースのWebオーサリングツール。Community EditionはAptana Public License v1.0GNU General Public Licenseのデュアルライセンスで公開されているフリーソフトウェアである。 公式ウェブサイトではEclipseにAptanaを同梱したバイナリを提供しているが、既存のEclipse本体にプラグインとして導入してもよい。

Aptanaの中核となるのはHTMLエディタであり、これに加えてJavaScript,CSSエディタとそのアウトライン機能を搭載する。エディタはWYSIWYGではないが、Internet ExplorerMozilla Firefoxなどの各ブラウザのHTML・CSS仕様への対応状況に応じて詳細な情報を提供するので、互換性に配慮したWebページの作成が比較的容易である。拡張性は高く、プラグインを追加インストールすることでRuby on RailsPHPでの開発であるとか、AIRプロジェクトの開発も可能となる。

当初は無償版のCommunity Editionと有償版のAptana Studio Proがあり、SFTPFTPS接続のサポートやJSONエディタの搭載は後者のみの機能だったが、2009年、これらの機能は無償版でも使えるようになり、有償版は廃止された。[1] (英語)

Aptana Inc.はAptana Cloudと称する有料Webホスティングサービスも提供している。

競合製品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]