静岡県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

静岡県の市町村章一覧(しずおかけんのしちょうそんしょういちらん)は、静岡県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

概要[編集]

静岡県側から見た富士山
伊豆半島

市部[編集]

静岡県の市章一覧
市章 由来 制定日 備考
静岡市 Emblem of Shizuoka, Shizuoka.svg 富士山駿河湾の波を表したもの[11][14] 2003年5月29日[14][11] 2代目の市章である
色は白色と青色が指定されている[14]
浜松市 Symbol of Hamamatsu Shizuoka chapter.svg 市の北部にある森林地帯と南側にある浜名湖遠州灘を表したもの[7][15] 2005年7月1日[7][15] 2代目の市章である
色は緑色と青色が指定されている[16]
沼津市 静岡県沼津市市章.svg 「ヌ」と松葉を表したもの[5][17] 1927年8月4日[17][5]
熱海市 静岡県熱海市市章.svg の花の中に太平洋の波を象徴し、その波の内側に熱海温泉を表したもの[11] 1937年4月10日[18] 1949年4月10日に再制定される[11][19]
三島市 静岡県三島市市章.svg 三嶋大社の紋章に因み、富士山+「三」(川)を変形し、清流を表したもの[5][20] 1941年4月29日[5]
富士宮市 静岡県富士宮市市章.svg 中央に富士山・外郭に・「宮」を表したもの[2][4] 1942年12月23日[2][4] 大宮町制時に2代目の大宮町章として1934年4月1日に制定したものを市制施行後に継承する[4]
伊東市 静岡県伊東市市章.svg 「い」を十個配列し、「いとう」を表したもの[11][21] 1948年4月20日[11][21]
島田市 Shimada Shizuoka chapter.JPG お茶と大井川の流れ[5][22] 2005年7月14日[5][22] 2代目の市章である
上部左の線と左右の線が緑色・上部右の線と下部の(下部中央)の線が青色が指定されている[23]
富士市 Fuji Shizuoka chapter.JPG 富士山を配置して外円は旧・富士市・吉原市鷹岡町、下の三本の曲線は田子の浦を表したもの[2][3][24] 1967年3月1日[2][24] 2代目の市章である
色は緑色が指定されている[25][3]
磐田市 Iwata Shizuoka chapter.JPG 「い」を図案化したもの[11][26] 2005年6月5日[11][26] 2代目の市章である
左側は青色・真ん中は赤色・右側は緑色が指定されている[27]
焼津市 静岡県焼津市市章.svg 「ヤイヅ」を図案化したもの[2][28] 1952年11月24日[2][28]
掛川市 Kakegawa Shizuoka chapter.JPG
(紫色篇)
Kakegawa Shizuoka chapter black version.png
(黒色篇)
キキョウの花の中に「K」を配したもの[5][29] 2005年8月6日[5][29] 色は紫色か黒色が指定されている[30]
藤枝市 静岡県藤枝市市章.svg の花を図案化したもの[7][31] 1954年9月11日[7][31] 色は藤色が指定されている[32]
御殿場市 静岡県御殿場市市章.svg 富士山箱根外輪を「G」の形に図案化したもの[5][6] 1957年9月20日[33][5][6] 色はセピア色が指定されている[34]
袋井市 Emblem of Fukuroi, Shizuoka.svg 「F」を図案化したもの[7][35] 2005年6月25日[7][35] 2代目の市章である
下田市 Emblem of Shimoda, Shizuoka.svg 四つの「下」と中心に「田」の字に作り、下田港を意味したもの[8][7][36] 1958年12月22日[8][7][36] 下田町章として制定されていたものを市制施行後に継承される
裾野市 静岡県裾野市市章.svg 五つの「ス」を組み合わせ、富士山を形どったもの[7][8][9] 1957年9月18日[7][9][8] 裾野町章として制定されていたものを市制施行後に継承される
湖西市 Emblem of Kosai.svg 「こ」を図案化したもの[5][37] 1972年1月1日[5][37]
伊豆市 Izu Shizuoka chapter.JPG 伊豆の大自然を象徴したもの[11][38] 2004年6月26日[11][38]
御前崎市 Symbol of Omaezaki Shizuoka.svg 「O」・「オ」を表したもの[5][39] 2004年8月1日[5][39] 2005年4月1日に告示される[40]
色は青色と橙色が指定されている[40]
菊川市 Kikugawa Shizuoka chapter.JPG の花と菊川の流れを表したもの[5][41] 2005年4月17日[5][41] 色は上部は黄緑色・下部は緑色が指定されている[42]
伊豆の国市 Emblem of Izunokuni, Shizuoka.svg 北条氏の紋章である「三つ鱗」・伊豆半島狩野川を表したもの[5] 2005年4月1日[43] 2006年12月22日に告示される[44][5]
色は藤色と緑色が指定されている[44]
牧之原市 Makinohara Shizuoka chapter.JPG 「マ」を基本的にし、駿河湾牧之原台地などの地勢・の葉を図案化したもの[2][45] 2006年3月19日[2][45] 色は青色・黄緑色・緑色が指定されている[46]

町村部[編集]

静岡県の町村章一覧
町村 町村章 由来 制定日 備考
賀茂郡 東伊豆町 Higashiizu Shizuoka chapter.JPG 全体は丸くした伊豆半島の図形であり、合併前の稲取町城東村を両翼を表し、「和」で繋いだもの[7] 1969年8月1日[7]
河津町 Kawadu Shizuoka chapter.gif 「河つ」を組み合わせたもの[5] 1968年3月20日[5]
南伊豆町 Minamiizu Shizuoka chapter.png 円は合併前の南中村南上村三坂村三浜村竹麻村南崎村の和をV型にしたもの[2] 1970年7月21日[2]
松崎町 Matsuzaki Shizuoka chapter.jpg 「マツ」を意匠化し、「マ」を鶴の形にしたもの[2] 1965年11月3日[2][47]
西伊豆町 Nishiizu Shizuoka chapter.gif 「N」を基にし、図案化したもの[7] 2005年5月21日[7] 2代目の町章である
色は太陽の部分は橙色・波の部分は青色が指定されている[48]
田方郡 函南町 Kannami Shizuoka chapter.jpg 丸・垂直・垂平線を表したもの[5] 1969年6月18日[5]
駿東郡 清水町 Shimizu-town Shizuoka chapter.gif 「水」の周りに「し」を意匠化したもの[7] 1965年10月30日[7]
長泉町 静岡県長泉町町章.svg 「長」をの形に図案化したもの[7][49][50] 1956年1月25日[7][50] 長泉村章として制定されたものを町制施行後に継承される
小山町 静岡県小山町町章.svg 「O」を基本にして頂点は富士山を表し、それを図案化したもの[5][10][51] 1970年1月1日[5][10][51] 1969年12月20日に告示されたものを翌年1月1日に制定される[52]
榛原郡 吉田町 Yoshida Shizuoka chapter.jpg 「ヨ」は住吉・川尻・片岡・北区の四地区であり、それを円く象って「吉」を表し、更に「田」の字の一部である「十」を中心にしたもの[2] 1972年9月1日[2]
川根本町 Kawanehon Shizuoka chapter.jpg 上部は「森」・中間は「水」・下部は「癒しの里」を表しているもの[5] 2005年11月9日[5] 色は緑色・水色・黄緑色が指定されている[53]
周智郡 森町 Mori Shizuoka chapter.jpg 「もり」を図案化し、「も」はの形に象ったもの[2] 1965年9月24日[2]

廃止された市町村章[編集]

静岡県の廃止された市町村章一覧
市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
富士郡 大宮町 Omiya Shizuoka chapter.png 外枠は「大」を変形し、内側に矢を三つ合わせて「宮」としたもの[54] 1912年7月7日[54] 1934年4月1日 初代の町章である
周智郡 山梨町 Yamanashi Shizuoka.png 「山」を月見の里の「月」に象ったもの[55] 1962年5月[55] 1963年1月1日
富士市 Former Fuji Shizuoka chapter.png 外側は「U」を円くし、中央部の山の形は「F」と富士山を表したもの[56] 1955年6月27日[56] 1966年11月1日 富士町章として制定され、市制施行後に初代の市章として継承された
1949年に町制20周年記念として懸賞募集され、一等当選をしたものを同年7月27日に富士町議会の議決として制定され、市制施行後の1955年6月27日の富士市議会の議決により、再制定された[56]
吉原市 Yoshiwara Shizuoka chapter.png 「Y」を形どり、王冠のような部分は工業都市を象徴している歯車を意味している[57] 1948年4月1日[57] 旧・吉原市制時に市章として制定され、新・吉原市制時に継承された
富士郡 鷹岡町 Takaoka Shizuoka chapter.png 不明 不明
浜名郡 可美村 Kami Shizuoka chapter.png の花で縁取って華は「可」に通じかつ南側は太平洋・北側は南アルプスに対し、「美」はの葉を構成し、象徴したもの[58] 1972年11月11日[58] 1991年5月1日
静岡市 Emblem of Former Shizuoka City chapter.svg 徳川家の紋章であるを外側にし、「しづ岡」を組み合わせたもの[59] 1914年4月11日[60] 2003年4月1日 初代の市章である
清水市 Emblem of Shimizu Shizuoka chapter.svg 「清」を図案化したもの[61] 1928年8月10日[61]
田方郡 修善寺町 Emblem of Shuzenji Shizuoka chapter.svg 修善寺温泉を表したもの[62] 1924年8月31日[62][13] 2004年4月1日
土肥町 Toi Shizuoka chapter.gif 観光都市を象徴する為に「TOY」を表し、農鉱・水産・観光の「Y」意味するもの[63][62] 1961年11月29日[63]
天城湯ケ島町 Emblem of Amagiyugashima, Shizuoka.svg 外環は「天」と湯ヶ島温泉郷を表し、内部の山は天城山(万二郎岳、万三郎岳、遠笠山)と狩野氏の紋章である三本杉を併せ、表したもの[13] 1961年5月26日[64]
中伊豆町 Nakaizu Shizuoka chapter.JPG 伊豆半島の地形を図案化し、その中に「中」を真ん中に組み合わせたもの[13] 1964年[65]
榛原郡 御前崎町 Omaezaki-town Shizuoka chapter.png 「お」を図案化したもの[66] 1961年5月19日[67]
小笠郡 浜岡町 Hamaoka Shizuoka chapter.gif 「ハマ」を図案化したもの[68] 1960年11月30日[68]
小笠郡 小笠町 Ogasa Shizuoka chapter.JPG 「オガサ」を図案化したもの[69] 1970年8月[69] 2005年1月17日
菊川町 Kikukawa-town Shizuoka chapter.JPG 「キ」を九個で丸を描き、中央へ縦に「川」を入れて図案化したもの[70][71] 1954年4月[71]
磐田市 Emblem of Iwata, Shizuoka (1947–2005).svg 周りの丸は「い」を表し、同時に「わ」は和に、さらに「田」を表現し、中央にダイヤを配したもの[72] 1947年10月1日[73] 2005年4月1日 磐田町章として制定され、市制施行後に初代の市章に継承される
磐田郡 福田町 Fukude Shizuoka chapter.JPG 「フ」を遠州灘に面した町を端的に表したもの[74] 1968年11月9日[73][74]
竜洋町 Ryuyo Shizuoka chapter.JPG 「り」を象ったもの[75] 1963年11月1日[73][75]
豊田町 Toyoda Shizuoka chapter.JPG 「ト」を図案化して四つを周りに外向けに配して「トヨ」とし、その円の中央の「十」によって「田」とし、これらの円を翼形に作図したもの[76] 1957年9月29日[73][76] 豊田村章として制定され、町制施行後に継承された
豊岡村 Toyooka Shizuoka chapter.JPG 「と」を組み合わせたもの[77] 1974年10月1日[73]
掛川市 Former Kakegawa Shizuoka chapter.JPG 掛川城(雲霧城)の桔梗御紋を引用したもの[78] 1956年2月28日[78] 初代の町章である
小笠郡 大東町 Daito Shizuoka chapter.png 富士山遠州灘を図案化し、それを形どったもの[78][79] 1973年10月25日[78]
大須賀町 Osuka Shizuoka chapter.gif 横須賀大淵笠原の三地区を各矢羽根で表し、この三つを組み合わせて「大」を形取っているもの[78] 1962年10月25日[78]
賀茂郡 西伊豆町 Former Nishiizu Shizuoka chapter.png 「西」を意匠化したもの[80] 1966年9月[81] 初代の町章である
賀茂村 Gamo Shizuoka chapter.png 「カ」を円形に変形させ、どっしりと大地に居座る姿を造形化したもの[82][83] 1973年1月[84] 色は橙色が指定されている[83]
田方郡 戸田村 Emblem of Heda, Shizuoka.svg 「戸田」を船の羅針盤型に図案化したもの[85] 1989年3月[85]
伊豆長岡町 Izunagaoka Shizuoka chapter.JPG 全体的に「ハト」を表し、「長」中に伊豆長岡温泉の湯煙を配したもの[86] 1974年3月23日[86]
韮山町 Nirayama Shizuoka chapter.JPG 全体は「和」であり、上部に「ラ」を二つを対称に並べ「韮」の表音とし、下部に図案化した「山」を配したもの[86] 1970年12月9日[86]
大仁町 Ohito Shizuoka chapter.JPG 円の上半分は「大」・下半分は「仁」を図案化したもの[87][86] 1978年3月27日[86] 1957年に制定されてたものを1978年3月27日に再制定された[86][87]
袋井市 Former Fukuori Shizuoka chapter.JPG 「フ」を図案化し、飛躍する鳥を象ったもの[88][89] 1958年11月3日[88] 初代の市章である
1961年6月1日に再制定された[89]
磐田郡 浅羽町 Emblem of Asaba, Shizuoka.svg 「ア」を図案化したもの[89] 1960年4月1日[89]
島田市 Former Shimada Shizuoka chapter.JPG 全体は「シマダ」を図案化したものであり、「マ」を四つ組み合わせて、「島」を意味し、それを円で囲んで「田」を表したもの[90][91] 1915年10月23日[91][90] 2005年5月5日 島田町章として制定されたものを市制施行後に継承された
榛原郡 金谷町 Kanaya Shizuoka chapter.JPG 「カナヤ」を組合せたもの[91] 1958年5月3日[91]
浜松市 Former Hamamatsu Shizuoka chapter.JPG 波涛逆巻く遠州灘に臨む街であり、根上がり松の景勝地をたたえられたことを象徴しているもの[92] 1911年7月1日[93] 2005年7月1日 初代の市章である
浜北市 Symbol of Hamakita Hamamatsu chapter.svg 「ハマ北」を造形し、表現したもの[94] 1963年6月27日[94][93] 浜北町章として制定され、市制施行後に継承された
天竜市 Tenryu Shizuoka chapter.JPG 「て」を変形し、図案化したもの[95] 1959年2月20日[95][93]
周智郡 春野町 Haruno Shizuoka chapter.JPG 三つの「春」を組み合わせ、重ねたたもの[96] 1967年6月1日[93]
磐田郡 龍山村 Tatsuyama Shizuoka chapter.JPG 「タ」を象ったもの[97] 1967年4月[98][93]
佐久間町 Sakuma Shizuoka chapter.png 「さ」を力強い中に格調高く造形し、表現したもの[99] 1966年9月26日[93]
水窪町 Misakubo Shizuko chapter.JPG 木の年輪に三つの円を描き、その中に「水」を配したもの[100] 1952年2月29日[93]
浜名郡 舞阪町 Maisaka Shizuoka chapter.png 全体は「マ」を表しており、その内、円は浜名湖・左側の方形は舞阪町の位置・細い空間は河口(今切口)である[101] 1961年10月16日[93]
雄踏町 Yuto Shizuoka chapter.gif 「ユ」を浜名湖の様に図案化したもの[102] 1969年4月12日[93]
引佐郡 細江町 Hosoe Shizuoka chapter.JPG 澪標を図案化したもの[103] 1957年1月1日[93] 色は緑色が指定されている[103]
引佐町 Inasa Shizuoka chapter.JPG 三つの「引」を組み合わせて図案化したもの[104] 1953年10月22日[93]
三ケ日町 Mikkabi Shizuoka chapter.gif 全体の形はミカンを表し、右上はミカンの葉・「三」・「ケ」と真ん中は「ひ」を表しているもの[105] 1959年4月1日[105][93]
榛原郡 中川根町 Nakakawane Shizuoka chapter.gif 「中川根」を図案化し、大井川流域の街並みを表したもの[106] 1959年4月[107] 2005年9月20日 中川根村章として制定され、町制施行後に継承された
本川根町 Motokawane Shizuoka chapter.gif 三本の円は川・円内の黒三角は木と山林と安定を示したものかつ「本」を表したもの[108] 1966年11月3日[107][108]
榛原郡 相良町 Sagara Shizuoka chapter.gif 「さ」を変形したもの[109] 1959年2月[110] 2005年10月1日
榛原町 Haibara Shizuoka chapter.gif 「は」を鳩の形に図案化したもの[111][112] 1969年2月10日[112]
庵原郡 蒲原町 Kanbara Shizuoka chapter.png 赤色の「蒲」を配したものでミカンサクラエビであり、円の下部の緑色で「原」を表したもの[113] 1960年代前半[114] 2006年3月31日 色は赤色と緑色が指定されている[113]
榛原郡 川根町 Kawane Shizuoka chapter.JPG 昭和の大合併前の伊久身村・下川根村(改称して川根町)・笹間村イニシャルに「川」を組み合わせ、下に余白を残したもの[5] 1955年4月1日[5] 2008年4月1日
庵原郡 由比町 Yui Shizuoka chapter.JPG ミカンの花の中に「由」を描き、雄蕊を11個を配し、周囲にカモメを象徴したもの[2] 1950年2月18日[2] 2008年11月1日
志太郡 大井川町 Oigawa Shizuoka chapter.JPG 縦の三本線は大井川・下の線は駿河湾・丸は町の位置と駿河湾の波を表したもの[115][11] 1978年10月23日[11] 色は紺色が指定されている[116]
庵原郡 富士川町 Fujikawa Shizuoka chapter.JPG 富士山富士川ミカンの葉を取り入れたもの[7][117] 1963年11月1日[7][117]
志太郡 岡部町 Okabe Shizuoka chapter.JPG 全体は「オカベ」を図案化し、富士山・左右には鳩を意匠化したもの[12][11] 1972年5月23日[11] 2009年1月1日
富士郡 芝川町 Shibakawa Shizuoka chapter.JPG 「芝川」を図案化し、「芝」で「川」を囲んたもの[5] 1958年10月6日[5] 2010年3月23日
浜名郡 新居町 静岡県新居町町章.svg 1600年徳川家康新居関所を創設したことから、その関所の「関」を図案化したもの[118][5] 1924年12月29日[5]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (東日本)』 保育社、1984年4月5日
  • 望月政治 『都章道章府章県章市章のすべて』 日本出版貿易株式会社、1973年7月7日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック5 [東海]』 日本放送協会、1992年4月1日

自治体書籍[編集]

東部地方[編集]

  • 土肥町役場 『広報といまち 昭和36年12月20日号』 静岡県田方郡土肥町、1961年6月20日
  • 賀茂村役場 『合併45周年記念 賀茂村勢要覧』 静岡県賀茂郡賀茂村、2001年9月
  • 天城湯ヶ島町役場 『広報天城湯ヶ島 縮刷版1号−144号』 静岡県田方郡天城湯ヶ島町。
  • 富士市総務部総務課 『富士 1955 (富士市勢要覧)』 静岡県富士市、1955年10月
  • 吉原市商工課 『吉原市勢要覧 昭和36年版』 静岡県吉原市、1961年
  • 鷹岡町役場総務課 『鷹岡町勢要覧 昭和33年度版』 静岡県富士郡鷹岡町、1958年11月

中部地方[編集]

  • 相良町役場 『広報さがら 昭和34年2月15日号』 静岡県榛原郡相良町。

西部地方[編集]

  • 可美村役場 『可美村勢要覧 '88 わたしたちの可美村』 静岡県浜名郡可美村、1988年5月1日
  • 山梨町役場 『広報やまなし 昭和37年6月10日号』 静岡県周智郡山梨町、1962年6月1日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界遺産富士山 - 静岡県
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 図典 日本の市町村章 p132
  3. ^ a b c NHKふるさとデータブック p246
  4. ^ a b c d 知りたい/調べたい 富士宮大百科事典”. 富士宮市. 2011年12月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 図典 日本の市町村章 p130
  6. ^ a b c 市の紹介”. 御殿場市. 2011年12月21日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 図典 日本の市町村章 p131
  8. ^ a b c d e 都章道章府章県章市章のすべて p321
  9. ^ a b c ようこそ!『健康文化都市』裾野市へ”. 裾野市. 2011年12月21日閲覧。
  10. ^ a b c NHKふるさとデータブック p316
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 図典 日本の市町村章 p129
  12. ^ a b NHKふるさとデータブック p327
  13. ^ a b c d 修善寺町外3町合併協議会 慣行の取り扱い
  14. ^ a b c 市章”. 静岡市. 2011年12月22日閲覧。
  15. ^ a b 市章・市の花・市の木・市の鳥”. 浜松市. 2018年9月27日閲覧。
  16. ^ 浜松市告示第322号”. 浜松市. 2018年9月27日閲覧。
  17. ^ a b 沼津市章”. 沼津市. 2011年12月21日閲覧。
  18. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p314
  19. ^ 熱海市例規集(「熱海市徽章」)”. 熱海市. 2011年12月21日閲覧。
  20. ^ 市の紋章・木・花・鳥”. 三島市. 2011年12月21日閲覧。
  21. ^ a b 伊東市の紋章”. 伊東市. 2011年12月21日閲覧。
  22. ^ a b 島田市の市章について”. 島田市. 2011年12月22日閲覧。
  23. ^ 島田市の市章および市旗
  24. ^ a b 市章”. 富士市. 2011年12月23日閲覧。
  25. ^ 富士市の市章の制定
  26. ^ a b シンボル”. 磐田市. 2011年12月23日閲覧。
  27. ^ 磐田市の市章
  28. ^ a b 焼津市のすがた”. 焼津市 (2011年6月6日). 2011年12月21日閲覧。
  29. ^ a b 掛川市の市章・花・木・鳥”. 掛川市. 2011年12月23日閲覧。
  30. ^ 掛川市の市章
  31. ^ a b 市章、市の木・市の花・市の鳥”. 藤枝市 (2009年9月5日). 2011年12月21日閲覧。
  32. ^ NHKふるさとデータブック p261
  33. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p319
  34. ^ NHKふるさとデータブック p264
  35. ^ a b 市章”. 袋井市. 2011年12月23日閲覧。
  36. ^ a b 下田市例規集「下田市の紋章を定めることについて」”. 下田市. 2011年12月25日閲覧。
  37. ^ a b 市の概要”. 湖西市. 2011年12月23日閲覧。
  38. ^ a b 市章・花・鳥・木”. 伊豆市. 2011年12月23日閲覧。
  39. ^ a b 市章・市の花・市の木”. 御前崎市. 2011年12月23日閲覧。
  40. ^ a b 御前崎市章の制定
  41. ^ a b 市章”. 菊川市. 2011年12月23日閲覧。
  42. ^ 菊川市市章
  43. ^ 伊豆の国市章
  44. ^ a b 伊豆の国市章、市の花・木
  45. ^ a b 牧之原市の市章”. 牧之原市. 2011年12月23日閲覧。
  46. ^ 牧之原市章デザインマニュアル
  47. ^ 静岡県 伊豆 松崎町役場ホームページ あゆみ1962~
  48. ^ 西伊豆町の町章及び町の花・町の木選定結果
  49. ^ NHKふるさとデータブック p314
  50. ^ a b 町章・町の木・町の花”. 長泉町 (2007年6月4日). 2011年12月21日閲覧。
  51. ^ a b 町章・憲章・木花鳥”. 小山町. 2011年12月29日閲覧。
  52. ^ 小山町章・町旗
  53. ^ 川根本町章
  54. ^ a b 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p45
  55. ^ a b 広報やまなし 昭和37年6月10日号
  56. ^ a b c 富士市勢要覧 1955
  57. ^ a b 吉原市勢要覧 昭和36年
  58. ^ a b 可美村勢要覧 '88 私たちの可美村 p6
  59. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p312
  60. ^ 静岡市記章
  61. ^ a b 清水市ホームページ プロフィール
  62. ^ a b c NHKふるさとデータブック p296
  63. ^ a b 広報 といまち 昭和36年12月20日号 第11号
  64. ^ 広報天城湯ヶ島 縮刷版1号−144号
  65. ^ 中伊豆町ホームページ 中伊豆町のあゆみ
  66. ^ 御前崎町の紹介
  67. ^ 御前崎町の歩み 昭和36年~
  68. ^ a b NHKふるさとデータブック p350
  69. ^ a b 小笠町ホームページ 町の紹介 町長より
  70. ^ NHKふるさとデータブック p353
  71. ^ a b 菊川町ホームページ 菊川の概要
  72. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p317
  73. ^ a b c d e 磐南5市町村合併協議会 磐南5市町村の慣行の状況
  74. ^ a b NHKふるさとデータブック p364
  75. ^ a b NHKふるさとデータブック p366
  76. ^ a b 豊田町データ
  77. ^ NHKふるさとデータブック p370
  78. ^ a b c d e f 掛川市・大東町・大須賀町合併協議会 慣行の取り扱いについて
  79. ^ 大東町のシンボル
  80. ^ NHKふるさとデータブック p290
  81. ^ 広報にしいず 2005年3月号 p3
  82. ^ 合併45周年記念 賀茂村勢要覧 p26
  83. ^ a b NHKふるさとデータブック p292
  84. ^ 合併45周年記念 賀茂村勢要覧 p20
  85. ^ a b 沼津市・戸田村合併協議会 慣行の取扱いについて
  86. ^ a b c d e f g 伊豆長岡町・韮山町・大仁町合併協議会の調整方針 慣行の取扱い
  87. ^ a b NHKふるさとデータブック p308
  88. ^ a b 都章道章府章県章市章のすべて p358
  89. ^ a b c d 袋井市・浅羽町合併協議会 慣行の取り扱いについて
  90. ^ a b 島田市紋章
  91. ^ a b c d 島田市・金谷町合併協議会 慣行の取扱い
  92. ^ 旧・浜松市の紹介
  93. ^ a b c d e f g h i j k l 天竜川・浜名湖地域合併協議会 第5回合併協議会 市町村記章
  94. ^ a b 浜北市のシンボル
  95. ^ a b 天竜市章
  96. ^ NHKふるさとデータブック p360
  97. ^ NHKふるさとデータブック p371
  98. ^ 龍山村誕生100年の歩み
  99. ^ 佐久間町のプロフィール
  100. ^ NHKふるさとデータブック p376
  101. ^ NHKふるさとデータブック p379
  102. ^ 雄踏町章/人口/町民憲章
  103. ^ a b NHKふるさとデータブック p384
  104. ^ NHKふるさとデータブック p386
  105. ^ a b 三ケ日町の概要
  106. ^ NHKふるさとデータブック p344
  107. ^ a b 中川根町・本川根町合併協議会 慣行の取扱いについて
  108. ^ a b NHKふるさとデータブック p346
  109. ^ NHKふるさとデータブック p333
  110. ^ 広報さがら 昭和34年2月15日号
  111. ^ NHKふるさとデータブック p335
  112. ^ a b 榛原町章・町の花木・町民憲章・宣言
  113. ^ a b NHKふるさとデータブック p322
  114. ^ 蒲原町役場
  115. ^ NHKふるさとデータブック p329
  116. ^ NHKふるさとデータブック p331
  117. ^ a b 富士市・富士川町合併協議会 慣行の取扱いについて
  118. ^ NHKふるさとデータブック p382

関連項目[編集]