大分県の市町村章一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大分県の市町村章一覧(おおいたのしちょうそんしょういちらん)は、大分県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[編集]

市章 由来 制定日 備考
大分市 Symbol of Oita Oita.svg 「大分」を図案化したもの[1] 1965年6月11日[1] 旧・大分市制時の1917年4月[2]に市章として制定され、新市制施行後に継承される
別府市 Symbol of Beppu Oita.svg 別府の「別」を変形して図案化したもの[3] 1924年4月1日[3] 1908年7月に別府町章として制定され、市制施行後に継承される[4]
中津市 Symbol of Nakatsu Oita.svg 「扇城」の別名を持つ中津城に因んで、「中」を扇形に図案化したもの[3][5] 1930年5月8日[5][3]
日田市 Symbol of Hita Oita.svg 三隈川及び「日田」を図案化したもの[3][6] 1941年5月5日[3][6]
佐伯市 Symbol of Saiki Oita.svg 「S」を図案化したもの[1][7][1] 2005年3月3日[7] 色は赤色・青色・緑色が指定されている[7]
2代目の市章である
臼杵市 Symbol of Usuki Oita.svg 「う」を図案化し、「す」を組み合わせたもの[8] 2007年1月1日[8] 上部の円は赤色・左右に張り出した部分は緑色・下部の曲線部分は青色が指定されている[8]
2代目の市章である
津久見市 Symbol of Tsukumi Oita.svg 「つ」を3つ組み合わせ「つくみ」を表したもの[3][9] 1949年4月1日[3][9] 津久見町章として制定され、市制施行後に継承される
竹田市 Symbol of Taketa Oita.svg 「た」を図案化したもので、下部の円は名水名湯を表す[1][10] 2005年4月1日[1][10] 色は青色・橙色・水色が指定されている[11]
2代目の市章である
豊後高田市 Symbol of Bungotakada Oita.svg 「B」「T」を図案化したもの[3][12] 2005年9月1日[3][12] 色は緑色・紫色・青色が指定されている[12]
2代目の市章である
杵築市 Kitsuki Oita chapter.JPG 「き」を図案化したもの[1][13] 2005年10月1日[1][13] 色は橙色・緑色・青色が指定されている[13]
宇佐市 Symbol of Usa Oita.svg 「う」・「ウ」を図案化したもの[1][14] 2005年3月31日[1][14] 色は緑色が指定されている[14]
2代目の市章である
豊後大野市 Bungoono Oita chapter.JPG 「B」・「O」を図案化したもの[3][15] 2005年8月3日[3][15] 色は周囲は青色・円は赤色が指定されている[16]
由布市 Yufu Oita chapter.JPG 「Y」を図案化したもの[3][17] 2005年10月1日[3][17] 円を橙色・Yの上段を緑色・Yの下段を薄緑色が指定されている[17]
国東市 Kunisaki Oita chapter.JPG 「くに」を図案化したもの[1][18] 2006年3月31日[1][18] 左部分は緑色・中央部分の円は橙色・右部分は青色が指定されている[18]

町村部[編集]

町村 町村章 由来 制定日 備考
国東郡 姫島村 Himeshima Oita chapter.JPG 姫島七不思議を象徴する七つの波を図案化したもの[19][3] 1976年[19][3]
速見郡 日出町 Emblem of Hiji Oita chapter.svg 「日出」を両翼が羽ばたく様に図案化したもの[3] 1957年[3]
玖珠郡 九重町 Kokonoe Oita chapter.JPG 「九」を図案化したもの[1][20] 1960年2月1日[3]
玖珠町 Kusu Oita chaoter.JPG 伐株山(ダブルメサ万年林)を図案化したもの[1][21] 1968年4月1日[22][1]

廃止された市町村章[編集]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
鶴崎市 Tsurusaki Oita chapter.png 不明 1954年4月1日[23] 1963年3月10日
臼杵市 Emblem of Former Usuki Oita chapter.svg (うす)と(きね)」を図案化したもの[24] 1950年4月1日[24] 2005年1月1日 初代の市章である
大野郡 野津町 Nozu Oita chapter.gif 「のつ」を図案化したもの[25] 1964年12月[25]
大分郡 野津原町 Nozuharu Oita chapter.gif 「ノツハル」を図案化し、中心部の「ノツ」は円形の外観に突出し、「ハル」は円形である[26][27] 1975年1月17日[28]
北海部郡 佐賀関町 Saganoseki Oita chapter.gif 「関」を簡潔に図案化したもの[26][29] 1952年[29]
下毛郡 本耶馬渓町 Honyabakei Oita chapter.gif 全体を円形にして「本耶」を意匠化し、五本の直線は町内の五地区を表したもの[30][31] 1960年4月[32] 2005年3月1日
耶馬溪町 Yabakei Oita chapter.gif 「ヤバ」を図案化し、山を表し、周りを三重円で囲っているもの[33] 1956年[34] 耶馬溪村章として制定されていたものを町制施行後に継承された
山国町 Yanakuni Oita chapter.jpg 「やまくに」を図案化したもの[35][36] 1957年9月30日[35][36] 山国村章として制定されていたものを町制施行後に継承された
三光村 Sanko Oita chapter.gif 三つの光の組合せで「三光」を現し、三地区(真坂山口深秣)を表現して丸型にし、中央より三方に伸ばしたもの[37] 1961年9月5日[38] 1961年8月に公表されたものを同年9月5日に制定した[38]
佐伯市 Former Saiki Oita chapter.gif 「サイキ」の文字を図案化したもの[39] 1941年4月29日[39] 2005年3月3日 初代の市章である
1957年7月1日に再制定された[24]
南海部郡 上浦町 (著作権存続) 「上うら」を図案化したもの[40][26] 1973年10月9日[41]
弥生町 Yayoi Oita chapter.png 「や」を図案化し、三本の線は合併前の明治村上野村切畑村と番匠川・上野川・井崎川を表したもの[26][42] 1966年2月1日[43][44] 弥生村制時の1965年に制定され、町制施行後に継承される[43]
本匠村 Honjo Oita chapter.svg 「本」を貫くように図案化したもの[26][45] 1974年3月30日[46]
直川村 Symbol of Naokawa Oita.png 「直川」を図案化し、象ったもの[47][48] 1972年12月26日[49]
鶴見町 Symbol of Tsurumi Oita.gif 「ツ」を鶴が飛翔する姿を図案化したもの[50][26][51] 1967年11月3日[50]
米水津村 Symbol of Yonouzu Oita.gif 豊予海峡の波と「米水津(ヅ)」を図案化したもの[26][52] 1976年1月1日[53][52] 1989年10月に再制定される[26]
蒲江町 Symbol of Kamae Oita.jpg 「蒲」を配し、「エ」を波型にしたもの[54][26][54] 1984年4月12日[55] 色は青色が指定されている[54]
宇目町 (著作権存続) 五輪のの花を象ったもの[26][56] 1966年11月3日[57]
日田郡 天瀬町 Symbol of Amagase Oita.gif 「天」の部首である「大」の部分以外を無限を目的として円形に(丸く)して表したもの[58][59][60] 1967年9月[59][58] 2005年3月22日
大山町 Symbol of Oyama Oita.png 「大」をウメの花びらのように図案化したもの[59] 1969年2月1日[59] 色は緑色が指定されている[59]
前津江村 Symbol of Maetsue Oita.png 「マエ」を図案化・若葉を象ったもの[59] 1974年1月26日[59]
中津江村 Symbol of Nakatsaue Oita.png 「N」・「な」・「ナ」を円形に図案化したもの[61][59] 1985年11月1日[59][61][62]
上津江村 Symbol of Kamitsue Oita.png 「上」を丸くしてスギの形にし、その右側に太陽を配したもの[63][59] 1977年10月12日[59][63][64]
宇佐市 Symbol of Usa Oita.png 「う」を図案化したもの[65] 1967年9月4日[66][67] 2005年3月31日 初代の市章である
宇佐郡 安心院町 (著作権存続) 全体は「安」を図案化し、中央部の三本線は津房川・深見川・佐田川を表し、外円はスッポンを表したもの[68] 1968年3月[68]
院内町 Innai Oita chapter.svg 「いん内」を図案化したもの[69] 1960年10月1日[69] 1957年8月[70]に院内村章とし制定され、町制施行後に継承される
大野郡 朝地町 Symbol of Asaji Oita.gif 三つの「ア」を組み合わせたもの[71] 1960年3月23日[71] 1960年1月に公表されたものを同年3月23日に制定される[72]
犬飼町 Symbol of Inukai Oita.gif 「犬」を象徴したもの[71] 1955年3月28日[71]
大野町 (著作権存続) 「大の」を象り、それを組み合わせたもの[73][71] 1968年8月1日[71]
緒方町 Symbol of Ogata Oita.gif 「オ」・ハトを図案化したもの[74][71] 1960年8月[71]
三重町 Symbol of Mie Oita.gif 輪を三重にして、それで「三重」が出来、それを円形で表したもの[75][71] 1949年6月15日[71] 旧・三重町制時に制定され、新町制施行時に継承される
清川村 (著作権存続) 周囲は四つの「き」・中心部は「川」を表し、それで「キヨカワ」を図案化たもの[76][71] 1982年1月1日[71]
千歳村 (著作権存続) 「千」を末広がり・円形にして図案化したもの[71] 1968年8月1日[71] 「千」の部分は緑色・地色は黄色が指定されている[71]
豊後高田市 Symbol of Former Bungotakata Oita.jpg 高田城の家紋である八本の房骨にした二本の房を重ねて、それを、「タカダ」で囲んだもの[77] 1965年7月1日[77] 初代の市章である
西国東郡 真玉町 (著作権存続) 「マ」を二個向かい合わせにし、円形に組み合わせて図案化したもの[78][77] 1976年11月3日[77]
香々地町 (著作権存続) 「香三」を基にし、「三」を両翼にし、「○」を図案化したものであり、さらに、その中側に「香」を配したもの[79][77] 1974年12月[77]
竹田市 Symbol of Former Taketa Oita.png 「十」と「竹田」を組み合わせたもの[80] 1954年10月1日[81] 2005年4月1日 初代の市章である
直入郡 荻町 (著作権存続) 「オギ」を図案化し、その内「キ」はすぐ伸びる木を表したもの[82][81] 1973年4月1日[81]
久住町 Symbol of Kuju Oita.png 「久」を図案化したもの[83] 1959年5月27日[81]
直入町 (著作権存続) 「直入」を図案化し、「和」で具象化したもの[84][81] 1980年3月5日[81]
杵築市 Former Kitsuki Oita chapter vector.svg 「き」を月の形に表したもの[85] 1955年8月1日[85][86] 2005年10月1日 初代の市章である
西国東郡 大田村 Ota Oita chapter.JPG 豊後牛の形で「太田」を図案化したもの[85] 未制定[87]
速見郡 山香町 Yamaga Oita chapter.JPG 「山」を変形したもの[85] 1965年2月[85] 1996年4月に改定する[85]
大分郡 挾間町 Symbol of Hasama Oita.jpg 「ハサマ」を組み合わせて図案化したもの[26][88] 1955年4月1日[89]
庄内町 Symbol of Shonai Oita.png 外円は「大」を丸く囲んだもので、中側に「庄」を配したもの[90] 1971年6月3日[26][91]
湯布院町 Symbol of Yufuin Oita.gif 由布岳朝霧を意匠化し、「ユ」を表したもの[92] 1962年[26][93]
東国東郡 国見町 Kunimi Oita chapter.JPG 二つの「ク」・「ミ」を配し、「クニミ」を図案化したもの[94] 1960年3月31日[94] 2006年3月31日 1976年に再制定される[95]
国東町 Symbol of Kunisaki-town Oita.png 二つの「ク」を組み合わせて、「クニ」を図案化したもの[96] 1959年[95]
武蔵町 Symbol of Musashi Oita.png 「ムサシ」を図案化し、中央の三角はキャンプを表したもの[97] 1957年[95]
安岐町 Symbol of Aki Oita.gif 「ア」で囲み、「キ」を配したもの[98][99] 1955年2月20日[95][99]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫 『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』 行水社、1915年NDLJP:955061
  • 中川幸也 『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』 中川ケミカル、1987年10月11日
  • 丹羽基二 『日本の市章 (西日本)』 保育社、1984年5月5日
  • 望月政治 『都章道章府章県章市章のすべて』 日本出版貿易株式会社、1973年7月7日
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック9 [九州 1]』 日本放送協会、1992年5月1日
  • 国際図書 『事典 シンボルと公式制度』 国民文化協会、1968年

都道府県書籍[編集]

  • 大分県町村会 『大分県47町村の記録』 大分県町村会、2005年2月

パンフレット[編集]

  • 宇目町役場 『宇目町合併30周年記念式典パンフレット』 大分県南海部郡宇目町、1985年

自治体書籍[編集]

北部地域(下毛・宇佐・国東)[編集]

  • 三光村企画課 『道程 昭和30年〜昭和54年 上巻 三光村広報縮刷版』 大分県下毛郡三光村、1995年
  • 本耶馬渓町刊行会 『本耶馬渓町史』 大分県下毛郡本耶馬渓町、1987年3月
  • 耶馬溪町教育委員会 『耶馬溪町史』 大分県下毛郡耶馬溪町編纂委員会、1975年3月
  • 山国町教育委員会 『山国町誌』 大分県下毛郡山国町、2005年2月
  • 院内町教育委員会内院内町誌刊行会 『院内町誌』 大分県宇佐郡院内町誌刊行会、1983年11月
  • 宇佐市役所 『旧・宇佐市例規集』 大分県宇佐市。

大分地域(大分・速見)[編集]

  • 挾間町役場 『挾間町誌』 大分県大分郡挾間町、1984年10月
  • 庄内町誌編集委員会 編集者 『庄内町誌』 大分県大分郡庄内町長 工藤千秋、1990年10月
  • 湯布院町誌編集委員会 編集者 『湯布院町誌』 大分県大分郡湯布院町長 吉村格哉、1989年2月
  • 野津原町役場 『野津原町例規集』 大分県大分郡野津原町。
  • 平成三年度研究紀要 『研究小報:地名の由来とその歴史第14集』 大分市鶴崎地区文化財研究会編、1992年

南部地域(海部・大野)[編集]

  • 上浦町 『上浦町勢要覧』 大分県南海部郡上浦町。
  • 弥生町編纂委員会 『弥生町誌』 大分県南海部郡弥生町、1996年
  • 弥生町役場 『弥生町例規集』 大分県南海部郡弥生町。
  • 本匠村役場 『本匠村例規集』 大分県南海部郡本匠村。
  • 直川村編纂委員会 『直川村誌』 大分県南海部郡直川村、1997年
  • 直川村役場 『直川村例規集』 大分県南海部郡直川村。
  • 鶴見町編纂委員会 『鶴見町誌』 大分県南海部郡鶴見町、2000年
  • 鶴見町役場 『鶴見町例規集』 大分県南海部郡鶴見町。
  • 米水津村役場 『米水津村例規集』 大分県南海部郡米水津村。
  • 蒲江町役場 『蒲江町例規集』 大分県南海部郡蒲江町。
  • 蒲江町編纂委員会 『蒲江町誌宇目町合併30周年記念式典パンフレット』 大分県南海部郡蒲江町、2005年2月

西部地域(玖珠・日田・直入)[編集]

  • 天瀬町役場 『天瀬町史』 大分県日田郡天瀬町、1971年
  • 中津江村史編集委員会 『中津江村史』 大分県日田郡中津江村、1989年
  • 上津江村教育委員会 『上津江村史』 大分県日田郡上津江村、1992年
  • 天瀬町役場 『天瀬町例規集』 大分県日田郡天瀬町。
  • 大山町役場 『大山町例規集』 大分県日田郡大山町。
  • 前津江村役場 『前津江村例規集』 大分県日田郡前津江村。
  • 中津江村役場 『中津江村例規集』 大分県日田郡中津江村。
  • 上津江村役場 『上津江村例規集』 大分県日田郡上津江村。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 図典 日本の市町村章 p226
  2. ^ 事典 シンボルと公式制度 p147
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 図典 日本の市町村章 p227
  4. ^ 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p89
  5. ^ a b 中津市民憲章 中津市
  6. ^ a b 日田市のシンボル 日田市
  7. ^ a b c 佐伯市章の制定 佐伯市
  8. ^ a b c 臼杵市章 臼杵市
  9. ^ a b 津久見市章 津久見市
  10. ^ a b 竹田市市章 竹田市
  11. ^ 竹田市章デザインガイド
  12. ^ a b c シンボルマーク(市章) 豊後高田市
  13. ^ a b c 市章 杵築市
  14. ^ a b c 宇佐市章制定の件 宇佐市
  15. ^ a b 市章・市民憲章・市花・市木 Archived 2012年5月8日, at WebCite 豊後大野市
  16. ^ 豊後大野市章の制定
  17. ^ a b c 由布市章の制定 由布市
  18. ^ a b c 国東市章の制定 国東市
  19. ^ a b Web版「大分の国保」Vol.273 大分県国民健康保険団体連合会
  20. ^ Web版「大分の国保」Vol.269 大分県国民健康保険団体連合会
  21. ^ 里の象徴“ポッカリ” 玖珠・伐株山 大分合同新聞、2013年5月25日
  22. ^ 玖珠町章 玖珠町
  23. ^ 研究小報:地名の由来とその歴史第14集
  24. ^ a b c 都章道章府章県章市章のすべて p578
  25. ^ a b 野津町の概要
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m 大分県47町村の記録
  27. ^ NHKふるさとデータブック p505
  28. ^ 野津原町例規集
  29. ^ a b 佐賀関町の概要 町の花・木
  30. ^ 本耶馬渓町史
  31. ^ NHKふるさとデータブック p568
  32. ^ 本耶馬渓町史
  33. ^ NHKふるさとデータブック p570
  34. ^ 耶馬溪町史 ページなし
  35. ^ a b 山国町誌 p14
  36. ^ a b NHKふるさとデータブック p573
  37. ^ 三光村の概要
  38. ^ a b 道程 昭和30年〜昭和54年 上巻 三光村広報縮刷版 昭和36年9月5日号
  39. ^ a b 旧・佐伯市の概要
  40. ^ NHKふるさとデータブック p515
  41. ^ 上浦町勢要覧
  42. ^ NHKふるさとデータブック p517
  43. ^ a b 弥生町誌 p934
  44. ^ 弥生町例規集
  45. ^ NHKふるさとデータブック p519
  46. ^ 本匠村例規集
  47. ^ 直川村誌 カラー部分
  48. ^ NHKふるさとデータブック p523
  49. ^ 直川村のあゆみ
  50. ^ a b 鶴見町誌 p509
  51. ^ 鶴見町の概要
  52. ^ a b NHKふるさとデータブック p526
  53. ^ 米津江村例規集
  54. ^ a b c 蒲江町のシンボル
  55. ^ 蒲江町誌 巻頭カラー
  56. ^ NHKふるさとデータブック p521
  57. ^ 宇目町合併30周年記念式典パンフレット
  58. ^ a b 天瀬町史
  59. ^ a b c d e f g h i j k 日田市郡合併協議会 広報誌「むつみ」 2003年12月号 p6-7
  60. ^ 天瀬町の町花・町章
  61. ^ a b 中津江村誌
  62. ^ 中津江村例規集
  63. ^ a b 上津江村史
  64. ^ 上津江村例規集
  65. ^ 旧・宇佐市のシンボル
  66. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p581
  67. ^ 旧・宇佐市例規集 告示第137号
  68. ^ a b NHKふるさとデータブック p576
  69. ^ a b NHKふるさとデータブック p574
  70. ^ 院内町誌
  71. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 大野郡5町2村合併協議会 慣行の取り扱い
  72. ^ 朝地町の歴史 Archived 2008年11月13日, at the Wayback Machine.
  73. ^ NHKふるさとデータブック p540
  74. ^ NHKふるさとデータブック p535
  75. ^ NHKふるさとデータブック p531
  76. ^ NHKふるさとデータブック p533
  77. ^ a b c d e f 西高地域1市2町合併協議会 慣行の取扱いについて
  78. ^ NHKふるさとデータブック p485
  79. ^ NHKふるさとデータブック p487
  80. ^ NHKふるさとデータブック p474
  81. ^ a b c d e f 竹田直入地域市町合併協議会 慣行の取り扱い
  82. ^ NHKふるさとデータブック p544
  83. ^ NHKふるさとデータブック p546
  84. ^ NHKふるさとデータブック p548
  85. ^ a b c d e f 杵築市・日出町・山香町・大田村合併協議会協議事項調整内容
  86. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p580
  87. ^ 大田村役場
  88. ^ NHKふるさとデータブック p506
  89. ^ 挾間町誌
  90. ^ NHKふるさとデータブック p509
  91. ^ 庄内町誌
  92. ^ NHKふるさとデータブック p511
  93. ^ 湯布院町誌
  94. ^ a b NHKふるさとデータブック p489
  95. ^ a b c d 東国東地域町村合併協議会協議事項調整内容 慣行の取り扱い
  96. ^ NHKふるさとデータブック p495
  97. ^ NHKふるさとデータブック p497
  98. ^ NHKふるさとデータブック p499
  99. ^ a b 安岐町のシンボル

関連項目[編集]