立川隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立川 隆史
Tachikawa Smallpics.jpg
2010年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市美浜区
生年月日 (1975-10-07) 1975年10月7日(42歳)
身長
体重
184 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1993年 ドラフト2位
初出場 1996年6月20日
最終出場 2004年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

立川 隆史(たちかわ たかし、1975年10月7日 - )は、日本の元プロ野球選手外野手)、野球解説者、千葉ロッテマリーンズ「マリーンズ・スポーツカレッジ」名誉学長、元キックボクサー

経歴[編集]

生い立ち[編集]

千葉県千葉市、現在の美浜区に生まれる。大手レコード会社の社員で野球経験のある父親のもとで幼少時より野球に親しみ、小学校時代より父親の転勤により宮城県塩竈市に転居する。

宮城県塩竈市に転居後に硬式野球チームに入る。その後中学校の野球部に入ろうとするが、坊主になるのがイヤでバスケット部に入る。バスケット部では立川の活躍により、塩竈市第三中学校3年生に塩竈市の中体連を優勝に導く。さらに同年にはリトルシニアAA世界野球選手権大会に投手として出場し優勝を飾る。

高校野球[編集]

その後は地元の名門である拓殖大学紅陵高等学校に入学し、1992年夏の甲子園大会にベンチ入り唯一の2年生および5番右翼手として出場。準々決勝で9回に逆転2点本塁打を放つなど活躍。その年同校は準優勝した。なお、この夏の甲子園で拓大紅陵は、初戦から準決勝まで全て別の投手が勝ち投手になるという長い甲子園の歴史の中でも史上初の快挙を達成した。

立川は高校野球時代を通じて通算32本塁打を記録した。この活躍はその後のプロ入り時のドラフト2位と言う高い評価に繋がったただけでなく、その後も強い印象を残し続け、文藝春秋のスポーツ雑誌「NUMBER」の2010年8月9日号で、「1990年代の夏の甲子園ベストナイン」の1人に選ばれた。

ロッテ時代[編集]

1994年-1996年[編集]

拓大紅陵高校時代に「千葉が好きだからロッテに行きたいです。ロッテ以外にはどこにも行きません」と語るなど、地元球団であるロッテでプレイしたいとの希望[1]が叶い、1993年ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団した。スポーツチームでは一般には同県出身者を「地元選手」と呼ぶが、千葉市美浜区出身の立川は真の「ロッテの地元選手」だった。同期入団として福浦和也などがいる。

入団した1994年1995年ファームで経験を積み、3年目の1996年6月20日西武ライオンズ戦で一軍デビューを果たした。その後は、地元千葉県出身でかつ地元の名門である拓殖大学紅陵高等学校出身の「和製大砲」としての期待通りの活躍を見せ一軍に定着し、同年のシーズンオフには江尻亮監督と広岡達郎ゼネラルマネージャーが辞任するなどチーム運営が混乱する中で、着実に結果を残した。

1997年-1999年[編集]

1997年も強力な打撃と外野手としての守備が高い評価を受け、後半戦には外野手の定位置を獲得した上に、2割7分4厘の打率を記録するなど、近藤昭仁新監督の下で低迷するロッテマリーンズを支えた。

1998年には、前年の外野手としての実績を評価され開幕戦からスタメン登場するなど、投手陣の崩壊を受けて低迷するロッテマリーンズの大黒柱を担う1人としてのポジションを獲得した[2]。近藤昭仁監督から山本功児監督に変わった1999年は、一軍デビュー以来の背番号「52」を「24」に変更。イースタン・リーグ(二軍)と一軍を行き来するシーズンを送り、イースタン・リーグで最多本塁打を獲得[3]

2000年-2002年[編集]

山本功児監督の下でロッテマリーンズの構造改革が行われた2000年-2001年のチーム低迷期にも定位置をキープし、2000年にも2割5分を超える打率を記録するなど安定した活躍を続けた。なお、この年の3月26日に行われた、ロッテマリーンズ(ロッテオリオンズ時代)の元本拠地である川崎球場の最後の試合となった対横浜ベイスターズ戦「川崎球場ファイナルシーン」において本塁打を放ち、同球場の最後の試合に花を添えた。また、8月31日に行われた対西武ライオンズ戦ではサヨナラ満塁本塁打を記録した。

強力かつ安定した打撃が評価された上に、入団以来ほぼ毎年4割前後の高い長打率を記録し続けたこともあり、2002年にはロッテマリーンズの大黒柱を担う「和製大砲」の期待通りに、4番打者を任される試合も多かった[4]

2003年-2004年[編集]

2003年は出場試合数、本塁打、打点とも自己最多を記録し[5]、同期の福浦和也らとともにロッテマリーンズの下位脱出に貢献したものの、終盤は井上純に定位置を奪われてしまった。

ボビー・バレンタインが再び監督として就任した2004年のシーズン半ばの6月に、打撃力の高い右打ちの外野手を求めた阪神タイガース岡田彰布監督の要求により、平下晃司との交換トレードで阪神タイガースに移籍する[6]

阪神時代[編集]

2004年-2005年[編集]

2004年6月の阪神移籍後は背番号が45に代わった。阪神では長打力を生かして主に右の代打として出場し、6月26日には移籍後初スタメンで登場し2安打を放った他、8月8日の対巨人戦(東京ドーム)で3番を打ち移籍後初本塁打を放つなど、自らを阪神タイガースに招いた岡田監督の期待に答えて活躍した。しかし翌2005年は一軍出場が無くシーズン終了後の10月に自由契約になり、現役を引退した。

コーチ時代[編集]

2006年[編集]

現役引退後の2006年には、長打力が評価され中華民国台湾プロ野球で前年度に前期優勝を果たした強豪チームである誠泰コブラズに招聘されて打撃コーチを務めた。しかしチームとその親会社が経営危機に陥ったため1年のみで退任した。

格闘家への転身[編集]

2007年に、K-1 JAPAN 戦士育成プロジェクトに応募し、2月25日の第1回トライアウトを受験、合格は逃したものの潜在能力を評価され準合格となった[7][8]。5月6日に『K-1 JAPAN TRYOUT 2007』で行われた最終試験では、オードリー春日俊彰スパーリングを行った。スパーでは春日から4度のダウンを奪い、合格。また強化指定4選手に選ばれ、強太郎レンジャーとともにマイク・ベルナルドの元で南アフリカ合宿を行った[9]

8月16日にディファ有明で開催された『K-1 TRYOUT 2007 SURVIVAL』にて、中華人民共和国閻文凱(ヤン・ウェンガイ)に判定勝ちしデビューを飾り、12月8日には、K-1 WORLD GP 2007 FINALのオープニングファイトでキム・キミンに1RKO勝ちした。

2008年4月13日に横浜アリーナで開催された、K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA榎田洸之と対戦。1Rに左ストレート、右フックで2度ダウンを奪うも、カウンターの右フックでKO負けでK-1初黒星となった。

2010年1月25日には、「Survivor 〜Round.3 立川隆史・引退記念興行〜」が開催され、京太郎と2分2Rの引退記念エキシビションマッチを行った[10]。引退セレモニーには永田裕志古木克明木下博勝TAROかまやつなど各界から友人が駆けつけた[11]他、観客席ではロッテマリーンズの応援団が応援を行った。

野球解説者及び指導者[編集]

2007年からは上記の格闘家としての活動の傍ら、野球解説者としてインターネット放送局「marines.tv」で放送中の『1chGame Live!』に不定期で出演した。2008年からはこの中継が再構築され、BSデジタル放送TwellVの『BS12 プロ野球中継』とFOX SPORTS ジャパンBASEBALL CENTER』(いずれも球団制作)に定期出演し解説を行っている。

豊富な選手経験やコーチ経験をもとにした的確な解説が高い評価を受け、テレビ中継公式戦における解説以外にも活躍の幅を広げており、2010年に古巣のロッテマリーンズがクライマックスシリーズに進出した際には、ホームの千葉マリンスタジアムで行われたファーストステージならびにファイナルステージ全試合のパブリックビューイングにも特別ゲストとして出演し解説を行っている[12]

また、2016年現在は解説者としての活躍に併せてロッテマリーンズの「マリーンズ・スポーツカレッジ」名誉学長を務めるなど、現在も古巣のロッテマリーンズと深い関係を持っており、ファンの間で高い人気を保っている。

エピソード[編集]

  • 2004年1月、「トリビアの泉」の中で、当時横浜ベイスターズに所属していた古木克明が小学校の文集に「将来はプロ野球選手になりたい。しかし大洋(ホエールズ・横浜の旧名)とロッテには入りたくない」と書いていたというトリビアで「千葉ロッテマリーンズをこよなく愛する男」として紹介され、チームへの愛を語っていた。
  • ロッテマリーンズ時代の登場テーマはドイツのバンドグループ・ベリーニの『サンバ・デ・ジャネイロ』で演奏終了後に観客が一斉に「たちかわー!!」とコールするのがお約束だった。この曲は阪神移籍後も阪神甲子園球場で登場テーマで使われた。2010年に千葉マリンスタジアムで始球式を行った際にも、『サンバ・デ・ジャネイロ』が流れる中、始球式を行った。
  • ロッテマリーンズ時代、打席での応援歌は元々trfの「masquerade」であったが、その後2作目が新しく専用に作られた。
  • 引退後、2010年に、古巣のロッテマリーンズのホームの千葉マリンスタジアムで行われたクライマックスシリーズのパブリックビューイングに特別ゲストとして出演し解説を行った際には、内野席を埋めたファンから現役時代同様に「たちかわー!!」とコールが巻き起こった[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1996 ロッテ 14 31 29 3 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 2 0 0 6 3 .172 .226 .172 .398
1997 76 270 252 25 69 9 1 7 101 20 6 2 1 0 15 1 2 69 10 .274 .320 .401 .720
1998 81 182 153 19 33 6 3 2 51 6 3 1 3 1 24 3 1 44 5 .216 .324 .333 .657
1999 14 24 22 1 3 0 0 0 3 0 1 1 0 0 2 0 0 6 0 .136 .208 .136 .345
2000 81 188 160 21 39 11 0 3 59 20 0 0 2 2 21 1 3 35 3 .244 .339 .369 .707
2001 35 109 92 10 23 6 0 2 35 4 1 0 1 0 15 1 1 26 1 .250 .361 .380 .742
2002 89 297 269 26 64 12 1 6 96 30 3 2 2 2 22 0 2 50 7 .238 .298 .357 .655
2003 94 332 292 34 70 14 3 7 111 31 3 1 5 1 29 0 5 72 3 .240 .318 .380 .698
2004 15 39 32 2 3 2 0 0 5 1 0 0 1 1 5 0 0 9 1 .094 .211 .156 .367
阪神 31 43 35 4 6 0 0 1 9 5 0 1 0 1 6 0 1 8 2 .171 .302 .257 .559
'04計 46 82 67 6 9 2 0 1 14 6 0 1 1 2 11 0 1 17 3 .134 .259 .209 .468
通算:9年 530 1515 1336 145 315 60 8 28 475 117 17 8 15 8 141 6 15 325 35 .236 .314 .356 .670

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (1994年 - 1998年)
  • 24 (1999年 - 2004年途中)
  • 45 (2004年途中 - 2005年)

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
6 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
3 2 1 0 0 0
3 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 坂間豊 1R 0:29 KO(左ハイキック) K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMA 2009年3月28日
× 河野真弓 1R 1:29 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA 2008年6月29日
× 榎田洸之 1R 0:40 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA 2008年4月13日
井上由久 1R 1:43 KO(右ローキック) K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!! 2007年12月31日
キム・キミン 1R 1:21 KO(右ローキック) K-1 WORLD GP 2007 FINAL 2007年12月8日
閻文凱(ヤン・ウェンガイ) 3R終了 判定3-0 K-1 TRYOUT 2007 SURVIVAL 2007年8月16日

エキシビションマッチ[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
京太郎 2分2R Survivor 〜Round.3 立川隆史・引退記念興行〜
【立川隆史引退記念・スペシャルエキシビションマッチ】
2010年1月25日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]