東日本大震災に対する皇室の対応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東日本大震災 > 東日本大震災に対する皇室の対応

東日本大震災に対する皇室の対応(ひがしにほんだいしんさいにたいするこうしつのたいおう)では、東日本大震災に対する皇室の対応について記述する。

皇室の対応[編集]

  • 2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生当日、皇學館大学の学生ボランティアによる皇居勤労奉仕団が皇居などで奉仕作業を行っていた。地震発生による交通マヒで勤労奉仕団が帰路に就くことが出来なくなってしまった為、そのことを耳にした天皇の指示により、皇學館大学皇居勤労奉仕団参加者全員を皇居内の施設である窓明館に宿泊させた[1]
  • 今上天皇皇后美智子は、3月12日に地震・津波被害に対するお悔やみと見舞いの気持ちを示し、宮内庁長官を通して菅首相に、災害対策に全力を尽くしている関係者一同の努力を深く労う旨を伝えた[2]
  • 東日本大震災による電力危機により3月15日から東京電力が実施した管内における計画停電皇居・御所がある千代田区は対象外であったが、皇居・御所では東京電力が発表した計画停電スケジュールの「第1グループ」地域における停電時間(1回約2時間)に合わせて電気の使用をほぼ全て[注釈 1]控える「自主停電」を行った[3][4]。自主停電は、東京電力から計画停電のスケジュールが発表されなくなった4月30日まで続けられた。また、3月14日以降の一部儀式の簡略化、園遊会の中止が決定され[5]、電力消費の大きい宮殿の使用は認証官任命式と新駐日大使の信任状捧呈に限定し、他の宮殿行事は御所[注釈 2]で実施された[6]。夏の電力使用を抑えるため、7月5日の平野達男震災復興担当大臣の認証官任命式、7月25日の韓国とモナコの新任駐日大使の信任状捧呈式も、御所で行われた。
  • 震災当時、天皇は侍従長からシェルター「特別室」への避難を進言されたが、「その必要はない」と返答した[7][注釈 3]
  • 皇太子徳仁親王同妃雅子は、4月にロンドンで執り行われるイギリス王室ケンブリッジ公爵の結婚式への出席の為、英国訪問を予定していたが、震災の影響により訪英を見送ることとなった[8]。また東宮御所においても節電の態勢を取った[3]
  • 高根沢御料牧場の生産品を支援物資として避難所に届けたり、那須御用邸の職員用の風呂を避難者に開放するなど前例のない取り組みも行われている[4]
  • 皇太子は7月10日に学習院創立百周年記念会館で開かれた学習院OB管弦楽団の東日本大震災チャリティーコンサートに、ビオラ奏者として参加した[9]

皇族による被災地・避難所の慰問[編集]

天皇・皇后が3月30日に東京武道館に避難している被災者のもとを訪れ、慰問した[4][10]のを皮切りに、天皇や皇族は各地の被災地や避難所を歴訪し、被災者を慰問している。

2012年
  • 1月17日: 常陸宮・常陸宮妃、福島県福島市。
  • 2月8日: 常陸宮・常陸宮妃、宮城県多賀城市。
  • 5月12日: 高円宮妃、宮城県仙台市。
  • 5月13日: 天皇・皇后、宮城県仙台市。
  • 10月13日: 天皇・皇后、福島県川内村。
  • 12月19日: 秋篠宮・秋篠宮妃、岩手県陸前高田市。
2013年
  • 5月9日: 秋篠宮・秋篠宮妃、福島県福島市、二本松市、郡山市。
  • 5月10日: 秋篠宮・秋篠宮妃、福島県郡山市、いわき市。
  • 7月4日: 天皇・皇后、岩手県遠野市。
  • 7月5日: 天皇・皇后、岩手県陸前高田市。
  • 7月22日: 天皇・皇后、福島県飯舘村。
  • 8月20日: 皇太子・皇太子妃、宮城県七ヶ浜町[38]仙台市[39]
  • 9月22日: 皇太子・皇太子妃、福島県郡山市[40]ペップキッズこおりやま[41]

天皇のビデオメッセージ[編集]

皇室の支援[編集]

皇室からも支援があり、天皇皇后の意向により、那須御用邸の一部を避難してきた被災者に対し開放した[42][43]他、文仁親王妃紀子眞子内親王佳子内親王の3人がタオルの袋詰め作業に参加した[42]。更に天皇自身が「御手元金」(行事などの際に使われることを想定した預金)から1500万円を義援金として下賜した。

宮内庁は天皇・皇后の意向により、25日に御料牧場で生産している鶏卵1000個、豚肉などの缶詰280個、サツマイモ100kgなどを避難所に提供[43]。卵の提供については今後も継続するとしている[43]。また、羽毛田信吾・宮内庁長官は、被災者に対し皇居内にある宮内庁病院のベッドを10床ほど提供する旨を東京都に申し入れている[43]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 産経新聞2011年4月29日記事によると、「防犯や防災など安全に関わる部分の電源」「天皇・皇后の医薬品を管理する冷蔵庫の電源」は自主停電の対象外だったと報道している。
  2. ^ 御所は云わば“自宅”であり、通常は外国人であれば王族など親しくなければ入れない。
  3. ^ 宮内庁広報課では震災発生数日後にインターネット上に出た「天皇が京都御所に避難」との情報を明確に否定している(「天皇が京都御所に避難」ネットの書き込みを宮内庁が否定 - NEWSポストセブン 2011年3月22日・週刊ポスト2011年4月1日号)

出典[編集]

  1. ^ 『大御心に胸熱く、心に復興を誓う』 (PDF) 皇學館学園報 2011年8月1日付参照
  2. ^ 平成23年東北地方太平洋沖地震による災害についてのお見舞い” (日本語). 宮内庁. 2011年3月12日閲覧。
  3. ^ a b “両陛下、「自主停電」お続けに” (日本語). 産経新聞. (2011年3月24日). オリジナル2011年3月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110326193140/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110324/imp11032421310002-n1.htm 2011年4月2日閲覧。 
  4. ^ a b c “両陛下、都内の避難所をご訪問 すべてのグループに声を” (日本語). 産経新聞. (2011年3月31日). オリジナル2011年4月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110402144919/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110331/imp11033101240000-n1.htm 2011年4月2日閲覧。 
  5. ^ “春の園遊会が中止” (日本語). 産経新聞. (2011年3月14日). オリジナル2011年3月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110319075019/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110314/imp11031415480000-n1.htm 2011年3月20日閲覧。 
  6. ^ “(中)「自分で厳しく律する」国民に模範” (日本語). 産経新聞. (2011年4月28日). オリジナル2011年5月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110502171829/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110428/imp11042819470000-n2.htm 2011年11月13日閲覧。 
  7. ^ 女性セブン2011年4月14日号『天皇皇后両陛下、「国民と共に」と拒まれた特別室 ―食事も一汁一菜に―』。宮内庁はシェルターについて「そのようなものの存在は承知していない」としている。
  8. ^ “皇太子ご夫妻、英王子の結婚式欠席 大震災に心いため” (日本語). 朝日新聞. (2011年3月18日). http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180456.html 2011年3月20日閲覧。 
  9. ^ 東日本大震災支援コンサート 皇太子さま参加 - スポーツニッポン
  10. ^ 両陛下、避難所訪問…膝つきながら被災者励ます 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  11. ^ 皇太子ご夫妻、避難所の被災者慰問 東京・味の素スタジアム:日本経済新聞
  12. ^ 東日本大震災:秋篠宮ご夫妻、都内の避難所を慰問 - 毎日jp(毎日新聞)
  13. ^ 集団避難「双葉町」から:両陛下の言葉に涙 /埼玉 - 毎日jp(毎日新聞)
  14. ^ 両陛下、被災地を初めて訪問 千葉県旭市でお見舞い:日本経済新聞
  15. ^ 東日本大震災:秋篠宮ご夫妻 新潟の避難所を慰問 - 毎日jp(毎日新聞)
  16. ^ 常陸宮ご夫妻、川崎市の避難所ご訪問
  17. ^ 両陛下:海に向かって黙礼 北茨城を訪問 - 毎日jp(毎日新聞)
  18. ^ 皇太子ご夫妻、福島避難民を激励 「お元気で」と - 共同通信
  19. ^ 秋篠宮ご夫妻、青森の漁港など慰問 - 朝日新聞
  20. ^ 両陛下、被災悼み黙礼 福島、相馬の避難所訪問 - 福島民友ニュース
  21. ^ 寛仁さま、宮城の自衛隊基地視察し激励 - 朝日新聞
  22. ^ 秋篠宮ご夫妻が岩手・大槌を訪問 被災者を激励 - 河北新報
  23. ^ 常陸宮ご夫妻、原発避難者を慰問…大田原市 - YOMIURI ONLINE
  24. ^ 高円宮妃久子さまと承子さま、宮城を訪問 - YOMIURI ONLINE
  25. ^ 皇太子ご夫妻、宮城を慰問 犠牲者に黙礼 - asahi.com(朝日新聞)
  26. ^ 東日本大震災:常陸宮妃が岩手を訪問 - 毎日jp(毎日新聞)
  27. ^ 青森の被災地お見舞い 常陸宮ご夫妻 八戸など訪問 - 河北新報
  28. ^ 秋篠宮ご夫妻、被災地や避難所など訪問 福島・いわき - asahi.com(朝日新聞)
  29. ^ 紀子さまの握手に思わず涙…秋篠宮ご夫妻が気仙沼訪問 - asahi.com(朝日新聞)
  30. ^ 秋篠宮ご夫妻 住民の話に涙 石巻の避難所訪問 - 河北新報
  31. ^ 皇太子さまが来県避難者を見舞われる - YOMIURI ONLINE
  32. ^ 皇太子ご夫妻、福島県訪問=避難所と仮設住宅見舞う - 時事ドットコム
  33. ^ 両陛下、那須御用邸近くの避難所をお見舞いに - msn.産経ニュース
  34. ^ 皇太子ご夫妻、岩手見舞う=仮設住宅の被災者と懇談 - 時事ドットコム
  35. ^ 高円宮妃久子さま震災被災者を激励 - asahi.com(朝日新聞)
  36. ^ 東日本大震災:両陛下、被災者避難団地見舞う--東京・板橋 /福島 毎日jp(毎日新聞)
  37. ^ 高円宮妃久子さま、陸前高田市を訪問 - YOMIURI ONLINE
  38. ^ 皇太子ご夫妻 宮城県の被災地訪問 - 日テレNEWS24
  39. ^ 皇太子ご夫妻、仙台に到着 仮設住宅やみそ加工場訪問 - 朝日新聞デジタル
  40. ^ 皇太子ご夫妻、福島県を日帰りでご訪問 被災地訪問は2カ月連続 - FNNニュース
  41. ^ 皇太子ご夫妻、福島の子どものための屋内施設を視察 - TBS News i
  42. ^ a b “御用邸の風呂、被災者へ提供 眞子さまらタオル袋詰め”. 朝日新聞. (2011年3月26日). http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY201103250533.html 2011年4月2日閲覧。 
  43. ^ a b c d “那須御用邸、被災者向けに職員用風呂を開放”. 読売新聞. (2011年3月24日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110324-OYT1T00853.htm 2011年4月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]