東日本大震災における死者・行方不明者の推移

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東日本大震災 > 東日本大震災における死者・行方不明者の推移

東日本大震災における死者・行方不明者の推移(ひがしにほんだいしんさいにおけるししゃ・ゆくえふめいしゃのすいい)では、東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、及びその後の大きな余震により発生した人的被害のうち、死者と行方不明者(安否不明者・住居不明者は除く)の推移について記述する。

概要[編集]

福島第一原子力発電所事故の影響で、福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内が避難指示区域に設定された影響もあり、福島県では沿岸部の状況把握が遅れて[1]、行方不明者の捜索は大幅に遅れ、4月7日に開始された[2]

2016年2月10日現在、警察庁がまとめたところによると、一連の余震での死者も含め、死者15,894人(宮城県9,541人、岩手県4,673人、福島県1,613人、茨城県24人、千葉県21人、東京都7人、栃木県4人、神奈川県4人、青森県3人、山形県2人、群馬県1人、北海道1人)、行方不明者2,562人となっている[3]

また、2016年3月1日現在で消防庁がまとめたところによると、震災関連死を含めると死者は19,418人にのぼる[4]

死者の推移[編集]

死者数(全て2011年)
日付 合計 岩手県 宮城県 福島県[2] その他
3月18日 6,911 1,926
3月22日[2] 9,180 4,846
3月31日 3,370 6,741
4月5日[1] 12,321 3,592 7,530 1,139 60
4月9日 12,876 3,745 7,868 1,201 62
4月15日 13,591 3,924 8,304 1,300 62
4月18日 13,895 4,121
4月23日 14,238 4,121 8,618 1,436 63
4月28日 14,575 4,271 8,768 1,472 63
5月7日 14,877 4,377 8,907 1,529 64
5月14日 15,037 4,427 8,984 1,562 64
5月29日 15,269 4,501 9,121 1,583 64
6月2日 15,327 4,516 9,158 1,588 65
6月3日 15,341 4,520 9,166 1,590 65
6月4日 15,355 4,524 9,175 1,591 65
6月5日 15,365 4,524 9,184 1,592 65
6月6日 15,373 4,526 9,188 1,594 65
6月7日 15,382 4,528 9,195 1,594 65
6月8日 15,391 4,529 9,203 1,594 65
6月9日 15,401 4,532 9,210 1,592 65
6月10日 15,405 4,532 9,214 1,594 65
6月11日 15,413 4,532 9,222 1,594 65
6月12日[2] 15,421 4,533 9,228 1,595 65
6月13日 15,424 4,533 9,231 1,595 65
6月14日 15,429 4,536 9,233 1,595 65
6月15日[5] 15,434 4,540 9,234 1,595 65
6月16日 15,441 4,542 9,238 1,596 65
7月29日 15,645 4,615 9,364 1,600 66
8月27日 15,735 4,649 9,417 1,603 66

行方不明者の推移[編集]

6月15日、宮城県警察は地震発生から100日目を前に行方不明者の集中捜索を気仙沼警察署河北警察署石巻警察署など三陸沿岸の9警察署管内で行うことを発表した[6]

行方不明者数(全て2011年)
日付 合計 岩手県 宮城県 福島県 その他
3月18日 2,249
3月22日[2] 13,561 5,152
3月31日 4,560 7,146
4月5日[1] 15,347 4,502
4月9日 14,865 4,707 6,619 3,535 4
4月15日 14,497 4,031 7,918 2,544 4
4月23日 12,228 3,590 6,936 1,698 4
4月28日 11,324 3,469 6,612 1,239 4
5月7日 9,960 3,299 5,978 679 4
5月14日 9,487 3,029 5,883 571 4
5月29日 8,526 2,893 5,212 417 4
6月2日 8,343 2,876 5,067 396 4
6月3日 8,298 2,842 5,058 394 4
6月4日 8,281 2,832 5,055 390 4
6月5日 8,206 2,826 4,987 389 4
6月6日 8,198 2,826 4,983 385 4
6月7日 8,191 2,825 4,979 383 4
6月8日 8,171 2,818 4,970 379 4
6月9日 8,146 2,811 4,954 377 4
6月10日 8,095 2,809 4,913 369 4
6月11日 8,069 2,787 4,912 366 4
6月12日[2] 7,937 2,786 4,781 366 4
6月13日 7,931 2,786 4,775 366 4
6月14日 7,781 2,638 4,773 366 4
6月15日[5] 7,742 2,625 4,749 364 4
6月16日 7,718 2,609 4,742 363 4
7月29日[7] 4,984 2,271 2,444 265 4
8月27日 4,467 1,927 2,291 245 4

行方不明者のその他内訳は、青森県1, 茨城県1, 千葉県2[2]

市町村別の死者・行方不明者[編集]

市町村別の死者・行方不明者は次のとおり(2017年(平成29年)3月1日現在)[8]

市町村別の死者・行方不明者
都道府県 市町村 死者 行方不明者
北海道 函館市 1
青森県 八戸市 1 1
三沢市 2
岩手県 盛岡市 6
宮古市 474 94
大船渡市 421 79
花巻市 1
北上市 1 1
久慈市 4 2
遠野市 4 1
一関市(旧・藤沢町を含む) 14 2
陸前高田市 1,602 203
釜石市 993 152
奥州市 3 1
滝沢市 1
雫石町 1
矢巾町 1
大槌町 854 423
山田町 687 148
岩泉町 10
田野畑村 17 15
普代村 1
野田村 39
一戸町 1
宮城県 仙台市 923 27
石巻市 3,552 425
塩竈市 42
気仙沼市 1,214 219
白石市 1
名取市 954 38
多賀城市 219
岩沼市 186 1
登米市 9 4
栗原市 1
東松島市 1,129 23
大崎市 7
大河原町 2
村田町 1
柴田町 5
亘理町 283 4
山元町 700 18
松島町 7
七ヶ浜町 79 2
利府町 2
大和町 1 1
大郷町 1
富谷町 1
涌谷町 1 1
美里町 1
女川町 614 259
南三陸町 620 212
山形県 山形市 1
長井市 1
尾花沢市 1
福島県 福島市 13
会津若松市 4
郡山市 11
いわき市 435 37
白河市 12
須賀川市 11 1
相馬市 465 19
二本松市 1
田村市 14
南相馬市 1,019 111
伊達市 1
国見町 1
川俣町 26
大玉村 1
鏡石町 2
西郷村 5
石川町 1
三春町 1
広野町 47 1
楢葉町 144 2
富岡町 400 6
川内村 94
大熊町 129 1
双葉町 162 4
浪江町 553 32
葛尾村 38 1
新地町 98 10
飯舘村 42
茨城県 水戸市 7
日立市 13
古河市 1
結城市 1
龍ヶ崎市 1
下妻市 1
常総市 1
常陸太田市 3
高萩市 1
北茨城市 10 1
笠間市 1
牛久市 1
つくば市 3
ひたちなか市 3
鹿嶋市 2
潮来市 1
那珂市 3
桜川市 1
行方市 2
鉢田市 1
大洗町 1
東海村 6
阿見町 1
栃木県 日光市 1
那須烏山市 2
芳賀町 1
群馬県 館林市 1
埼玉県 さいたま市 1
千葉県 船橋市 1
野田市 1
旭市 14 2
習志野市 1
柏市 1
八千代市 1
山武市 1
東庄町 1
白子町 1
東京都 千代田区 2
江東区 2
江戸川区 1
町田市 2
多摩市 1
神奈川県 横浜市 2
川崎市 2
藤沢市 1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 死者・行方不明者2万7668人 5日午前10時現在 警察庁”. SankeiBiz (2011年4月5日). 2011年6月15日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c d e f g 本川裕. “東日本大震災の被害者数”. 2011年6月15日閲覧。
  3. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置(平成28年2月10日) (PDF) 警察庁緊急災害警備本部 2016年3月7日閲覧
  4. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況(平成28年3月1日現在)(平成28年3月8日) (PDF) 消防庁 2016年3月11日閲覧
  5. ^ a b 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置”. 警察庁緊急災害警備本部 (2011年6月15日). 2011年6月15日閲覧。
  6. ^ 宮城で不明者集中捜索へ=震災100日目を前に-県警”. 朝日新聞 (2011年6月15日). 2011年10月3日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ この間に宮城県で大きく行方不明者が減少したのは、7月7日に石巻市が、行方不明者数を3か月前に公表していた暫定数の半分以下に下方修正したためである。
    宮城・石巻、行方不明者を半数以下に修正”. 読売新聞 (2011年7月7日). 2011年9月5日閲覧。
  8. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(第155報)(平成29年3月8日) (PDF) 総務省消防庁災害対策本部 2017年3月11日閲覧

外部リンク[編集]