日本製鉄光チタン部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本製鉄光チタン部(にっぽんせいてつひかりちたんぶ)は、山口県光市にある日本製鉄の製造所である。

概要[編集]

1955年(昭和30年)に八幡製鐵の光製鐵所として発足したのがこの工場の始まりである。当初は線材専門の工場であったが、順次電縫鋼管、熱間押出法による異形形鋼・シームレス鋼管、ステンレス鋼材と生産品種を拡大した。1970年(昭和45年)に八幡製鐵・富士製鐵の合併により新日鉄が発足すると、同社の光製鐵所となった。その後もチタン圧延材、金属箔などの生産を始めた。2003年(平成15年)、新日鉄からステンレス部門が分離されて 新日鐵住金ステンレスが発足した際、それにあわせて、光製鐵所は新日鉄に残った「光鋼管部」とNSSCに移管された「光製造所」に分割された。2006年(平成18年)にはさらに金属箔部門が新日鉄から新日鉄マテリアルズに分離されている。2011年4月には光鋼管部は大分製鐵所に統合、名称を「光鋼管工場」とした。2014年にチタン関係をチタン事業部傘下[1]の日本製鉄光チタン部とし各種のチタン製品の製造にあたっている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]